2006-04-27

汝々艶谷九店

BodySize
156.㌢ B:83㌢ W:60㌢ H:85㌢

メッセージ:雰囲気GO

+++++++++守護神Ⅱさん42歳の体験談+++++++++

Date 2006年04月19日(水)

Qちゃんとエッチ!!といっても「おばけの…」ではありません。

そう、あの有名マラソン選手といけないことをしている気分にさせてくれるのが「汝々艶谷九店」の源未来さん。

まいどねっとでも伝えられている通り、最近の汝々艶には新人さんが続々入店中。

未来さんもその一人。

けして太ってはいないんですが、手触りがいい程度に、お肉がついていて、抱き心地は最高です。

そんな未来さんは、風俗は汝々艶がはじめて!

という生粋の素人妻。だから反応も初々しい!!

ホテルの部屋に入り、洋服を脱がしながら、愛撫すると、押し殺したあえぎ声が口から漏れてくる。

さすがに、まだ初対面の男性にあえぎ声を聞かれるのは恥ずかしいよう。

パンティの裾から指を滑り込ませると、しっとり濡れている。

自分でも気付いたのか、あわてて「ね、お風呂に入りましょう」。

お風呂の中では、ぎこちなく、でも丁寧に体を洗ってくれる。

その一生懸命な姿勢に守護神Ⅱのジュニアは早くもギンギンに。

「太いですね。何だか見るのが恥ずかしい…」。

そう言いつつも石けんがついた指でしごきながらペニスを洗い上げる未来さん。

ベッドに移ると、未来さんの体をそっと横たえる。

「最初にいっておきたいんだけど…本当にまだ何にもできなくて…ゴメンね」

「いいよ、未来さんかわいいから何をしても俺感じるから」

「ありがとう」。

目を閉じた未来さんの乳首を口に含む。

かなり感度がいいのか、体がびくッと、反応する。

そのまましばらく左右の乳首を愛撫したあと、右手を下腹部へと滑らせる。

指がすっと、割れ目に入っていく。

「あれ、さっきか洗ったばかりなのに、もうこんなに濡れてるよ」

「だって、気持ちいいから」

「じゃあ、もっと気持ちよくしてあげる」

そういうとクンニを開始。

しばらくすると「ダメダメ」といいながらも、手で守護神Ⅱの頭をあそこに押しつける。

もう、クライマックスも近そう。

さらに右手人差し指を第二関節まで挿入しながらクンニを続行。

「あっ、それ、だめ。ごめん、やめて。いっちゃう」

無視して舐め続けると、「あっ、いく」

未来さんの体を大きな痙攣が襲う。

「今度は、私が気持ちよくしてあげる。仰向けになって」。

いきなりフェラかと思いきや、まずディープキス、そして右手の指先から左手の指先まで口に含み、チュッ、チュッと全身にキスをしていく。

乳首を丹念に愛撫したあと歯足へ。

足先から下腹部へとキスの場所が移り、ようやくペニスへ。

温かい未来さんの口の中は、温かくて気持ちいい。

「ゴメンね、気持ちよくない?」

「気持ちいいよ」

「どうしたらいいのか、よくわからなくて」

「じゃあ、少し口の中につばをためて、ペニスを含んだとき、ジュルジュル音がするような感じでフェラしてみて。男性は音でも感じるから」

「やってみます」

きっと、未来さんは頭がいいんでしょうね。

すぐに実行してみせる。口の中に唾液をためると、少しずつペニスにたらしながらクチュクチュと頭を上下させる。

そのイヤラシイ音と、感触に守護神Ⅱの感度も急ピッチで上がっていく。

素股でいきたいな、と思いながらも、あまりに気持ちよくて、フェラを静止できない守護神Ⅱ。

「アッ、出る」

久々にフェラでいかされました。

初々しさと一所懸命さ、そして何よりQちゃん似。

一度は源未来さんとプレーしてみることをお勧めします。

汝々艶谷九店

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search