2007-07-30

汝々艶谷九店

BodySize
152.㌢ B:83㌢ W:56㌢ H:88㌢

メッセージ:?

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

Date 2007年07月20日(金)

女の子のレベル=★★★★★
プレイの満足感=★★★★★
店員さんの接客=★★★★
リピートする確率=★★★★

谷町九丁目の汝々艶で可愛くて、敏感で、でも責め好きな人妻嬢に会いました。

名前は井口真由子さん、小柄で一見おとなしめで何でも言うことを聞いてくれそうな感じです。

まだ入店間もないのですが、人気があるようで1時間ほど待ち、エレベーター前でご対面。

うわぁ、ほんまに可愛い!

足早にホテルに向かい、チェックイン。

お店に入室連絡の電話をしようとする真由子さんを、たまらず後から抱きしめる。

真由子さんは「えっ」といった顔をしながらも、何とか電話を済ませる。

そして少し怒ったように振り返ったところを捕まえ、唇を重ねる。

ウ、ウッ、声にならないようなうめき声が聞こえ、そして体の力が抜ける。

しばらく、キスを楽しんだ後は、早速お風呂へ。

石けんの泡がついた手で真由子さんの胸や内腿などを愛撫したあと、浴槽へ。

真由子さんは、足を伸ばした守護神Ⅱの脚の上に、同じ向きで座リお湯につかる。

後から手を回し、乳首を弄んだり、クリトリスを刺激していると、真由子さんもお返しとばかりに、後ろ手でペニスをニギニギしてくる。

気持ちよくて我慢できなくなり、「ベッドへ行こうか」。

ベッドで待っていると、身体にバスタオルを巻きつけた真由子さんが、滑り込む。

上から覆いかぶさるようにキスをし、そしてバスタオルの合わせ目をはがしていく。

ようやく、両方の乳首が露出したので吸い付く。

「アッ、アァ、アァ、アァ」。

とても敏感体質ですね。

乳首を堪能した後は、身体を下へずらし、割れ目を舐め上げる。

クリトリスに吸い付いても、嫌な臭いは全然しません。

清潔感があってさらっとした感じですね。

しばらく舐め、かなり濡れてきたところで、人差し指を挿入してみる。

き、きつい…というか、膣の中が指にまとわりつく感じ。

Hしたら気持ち良いんだろうなぁ、なんて考えていると、「あっ、いい、いい、だめ、いきそう」あえぎ声が聞こえる。

そして「いくうっ」と叫ぶと、真由子さんの太腿が守護神Ⅱの頭をギューッと挟み込み、絶頂に達してくれました。

次は真由子さんが責める番。やさしく、でも少し力強く、守護神Ⅱを仰向けに押し倒すと、上から唇を重ねてくる。と思ったら、すぐに唇が乳首へ。

乳輪?を口に含み、舌先で転がしてくる。

何の刺激も受けていないペニスがピクピク動くほど気持ちいい。

あぁ、ペニス刺激して欲しい…。

声には出していないはずなのに、真由子さんの頭が脚の方に動き、ペニスあたりへ。

あっ、フェラだ、と内心喜んだのを見透かすようにペニスを通り過ぎ、膝周りを舐め、そして内腿に吸い付いてくる。

散々、じらされ、ペニスがギンギンになったところで、やっとフェラ。

口で愛撫しながらも、手を伸ばし、乳首をまさぐってくる。

守護神Ⅱは乳首が感じることがバレバレだったよう。

「素股したい?」

「うん」。

真由子さんは上にまたがると、ペニスがクリトリスに擦る様に腰を前後させる。

「アッ、アッ、アッ、アッ」あえぎ声を漏らしながら腰を振り続ける。

海綿体が破裂しそうなほどパンパンになり、もうすぐに発射しようなほど感度が高まってくる。

もう、勢いは止まらず、「あっ、もういきそう…」と漏らし、いっちゃいました。

責められ好きなM嬢だけど、責め好き。

しかも責めているときは、手と口、股と色々なところ総動員してくれる。

本当に遊んでみて、損がない人妻嬢ですよ。

しかも、あれだけ感じてくれると、もう少し頑張れば落ちそうな感じも…。

とにかく、お勧めです。

汝々艶谷九店

▲ Return to page top

2007-07-30

妻味喰い

BodySize
150.㌢ B:80㌢ W:60㌢ H:80㌢

メッセージ:小柄なお身体から大きく放たれる「エッチな事大好き!」の視線!

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

Date 2007年07月26日(木)

女の子のレベル=★★★★★
プレイの満足感=★★★★
店員さんの接客=★★★★★
リピートする確率=★★★★★

梅田の「妻味食い」で、まだまだ風俗店で働くことに慣れていない、うぶな人妻嬢に出会いました。

名前は由美さん、聞けばまだ入店して数日だとか。

店の前のエレベーターで対面した由美さんは小柄でとても可愛い人妻さんです。

店を出て、ホテルへ向かう道で、そっと手を握ってみる。

緊張しているのか、手は冷たいまま。

「緊張してる?」

「はい。でも優しそうな人で良かった」。

ホテルに入り、部屋へと上がるエレベーターで二人きりになった瞬間、由美さんのあごに指を掛け、上を向かせると唇を奪う。

目を閉じ、されるがままの由美さん。

目的階に着きようやく唇を離すと、上気したような顔でこちらを見つめる。

部屋に入り、ネクタイをはずしていると「男の人は大変ね、スーツ着なきゃいけないし…シャツが汗で濡れてるからハンガーに掛けてここに干しとくね」と言いながら、由美さんがシャツと下着を干してくれる。

人妻ならではの気配りが嬉しい。

ベッドに腰掛けた由美さんともう一度唇を合わせる。

由美さんはキスが好きそうです。

唇を合わせたまま、服を脱がしていく。

ブラジャーを剥ぎ取ると、乳首に吸い付く。

「アッ」小さくあえぎ声を上げると、ベッドに仰向けになる。

たっぷり交互の乳首を吸った後は、パンティ1枚にし、パンティの裾から舌を差し込み、割れ目を舐め上げる。

「アァ、それイイ、イイ」。

パンティを脱がし、クリトリスを舐める。

由美さんは身体をくねらせ感じている。(あれ、もういっちゃうのかな)と思っていると、上体を起こし守護神Ⅱの乳首に吸い付き、「気持ち良すぎるの。先シャワー浴びよ」。

どうやらいくのをためらっているようです。

浴室に入り、身体を洗ってもらう。石けんのついた手でペニスを洗われると気持ちよくてだんだん硬くなってくる。

由美さんがシャワーで石けんを洗い流しながら、「おいしそう!チュパチュパしていい」と言うと、守護神Ⅱの前にひざまずき、ペニスを咥える。

プライベートでもフェラはしなれているのか、なかなか気持ちいい。

その後、お風呂でもいちゃいちゃ楽しみベッドへ。

クンニでいきそうになると上体を起こし「私、しなくていいの」と問いかけてくる。

無視して責めていると、「お願い、キスして」。

舌を離し、指でクリをいじくりながら唇を合わせる。舌を入れると、由美さんからも舌を絡めてくる。

クンニを再開し、しばらくすると「あっ、そこ、そこが一番良い」と言いながら由美さんの指が自分の敏感なところに伸び、小刻みな振動をくわえる。

そして、身体を大きく痙攣させる。

しばらくすると「ごめんね、私いくときに声出せないの。今度は私が…」と由美さんが言い掛けたところで、再びクンニを始める。

「アァ、またいい、いい」。

そして今度は指を挿入する。

指をピストンするというよりも、上底あたりをさすっていると、「あぁ、どうして、そこ感じる、そこいい」と一際大きな声であえぎ始める。

指と舌で刺激を与え続けていると、身体を大きくくねらせ二度目の絶頂に達する。

「クリと中で2回もいっちゃった。気持ちよかったぁ。今度こそ私がしてあげるね」。

そう言うと、軽く守護神Ⅱの身体を押し、仰向けに寝かせると、唇を重ねてくる。

その唇が乳首、脇腹、太腿、膝周りと、全身を這い回ってくる。

じらされた後、ようやくペニスへ。

気持ちいいフェラで、あっという間にいきそうに。

素股をお願いしようかと思いましたが、体勢を変えている時にいきそうだったのでそのままフィニッシュ。

「本当は素股とかしたかったな」

「でも、素股苦手だから、うまくないよ。それに何だか怖くて…」

「じゃあ、今度素股の個人授業しようか」

「また来てくれるの」

「当たり前じゃん」。

まだまだ素人同然ですが、旦那とのHには満足していないようで気持ちいいことには興味津々なよう。

恋人気分、不倫気分を味わいたい人に是非お勧めですよ。

妻味喰い

▲ Return to page top

2007-07-14

恋女房梅田店

BodySize
157.㌢ B:84㌢ W:62㌢ H:88㌢

メッセージ:?

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

Date 2007年07月12日(木)

女の子のレベル=★★★★★
プレイの満足感=★★★★★
店員さんの接客=★★★★★
リピートする確率=★★★★★

梅田の恋女房で、本当にセレブな人妻を発見しました。

平日の午後3時頃、フロントで出された写真は10枚ほど。

その中に「かな」さんがいました。

普段は若妻を狙うことが多い守護神Ⅱですが、40歳のかなさんの写真が気になって仕方がありません。

何だか気になるなぁ…いいか、いっちゃえ!

「かなさんでお願いします」

「昨日入ったばかりなんで優しくお願いします」。

実際に会ったかなさんは、パネルより格段にお美しく、年齢を感じさせません。

「綺麗ですね」

「えっ、ありがとうございます。そんな恥ずかしい」。

近所の大きなお屋敷の綺麗な奥さん、そんなオーラを身体全体にまとっています。

ホテルにしけこみ、洋服を脱がせると、身体のラインも綺麗です。

乳首を口に含み、指先でソフトにクリトリス辺りを愛撫すると「あっ、あぁ、あぁ、気持ちいです」。

おふろに入ると、優しく丁寧に身体を洗ってくれます。

泡のついた手で、かなさんの背中を撫でる。

「あぁ、そうやって触られるのも気持ちいい」と言いながらペニスを愛撫するように洗い、「あっ、すごい大きい。こんなの私、絶対入らない」。

ベッドに戻リ、横たわったかなさんに覆いかぶさるように唇を重ねる。

美人人妻へのキスは興奮しますね。

そして、その唇を両乳首、脇腹、へそ、膝頭、内腿へと這わせていく。

「はぁ、はぁ、気持ちいい」。

そして、お○こには直接触れず、その周囲を舐め、割れ目に息を吹きかける。

かなさんの身体がビクンと動き、「あっ、あっ」と切なそうなあえぎ声を漏らす。

ようやく、クンニに入ると、すぐに「あぁ、いい、いい、いい」と喘ぎだし、無意識のうちに太腿で守護神Ⅱの頭をギューッと挟み込んでくる。

「あぁ、あぁ、もう、いきそう…(さらにギューッと太腿に力が入る)いや、いく、いく、くううう」

かなさん1回目の絶頂へ。

そのまま舐め続けると、すぐに感度が高まってくる。

「また、よくなってくる」と言いながら、右手で守護神Ⅱの左手をギュッと握り、自分の上へと引き上げようとするかのように引っ張る。

多分、欲しくなってるんだろな。

そして、2度目の絶頂へ。

顔をかなさんの股から上げ、上半身を起こし、守護神Ⅱの下半身をかなさんの下半身へと近づける。

乳首を吸い、右手人差し指でクリトリスを刺激する。

「はぁ、はぁ、はぁ、気持ちいい。すごくいい」。

そ~っと指をはずし、ペニスを持ち、亀頭でクリトリスを刺激する。

「あぁ、いい、いい、いい」。

さらに下半身を密着させ、正上位素股へ。

「あっ、あっ、あっ」。腰が前後に動き、亀頭がクリトリスの辺りを動くたびに、短いあえぎ声が漏れる。

お○こは濡れ濡れで滑りが良くなる。

「あぁ、いい、いい、気持ちいいけど、入りそうで怖い」

「大丈夫入らない様コントロールしてるから」

「入り口をこするだけ、入れちゃだめよ」。

う~ん、もっと強く言わないと、悪い客が来たら心配だなぁ。

しばらく正上位素股を楽しんだ後は、かなさんのフェラ。動きはソフトだけど、口の中がペニスに絡みつく気持ちいいフェラです。

時折り、ペニスから口をはずし、手でペニスをしごきながら乳首に吸い付いてくる。

「旦那にも口でしてあげてる?」

「はい、でも旦那は前戯もしてくれないし…」。

だから、ソフトな愛撫に弱いんだなぁ。

フェラの次は騎乗位素股。これもまた、素人の怖さで、ほとんど騎乗位でセックスする位置で腰を落とし、身体を前後に動かす。

「あぁ、クリがこすれて気持ちいい」。

次はバック素股。

「あぁ、当たるから気持ちいい」。

本当に感じやすい身体をしています。

「欲しくなってきた?」

「でも、我慢する」

「我慢できるの?」

「で…き…ます」。

今度は、脚を閉じた状態での正上位素股。

これも亀頭がクリトリスを刺激するので、感じています。

ペニスを引き抜き、半ば強引に無防備素股に体勢チェンジ。

「入れちゃだめよ…あぁ、入り口がこすれてるだけで気持ちいいの」。

何度か指を入れてみてわかったのですが、かなさん実はすごく締りがいい。

だから、少々無防備でも入らないんです。

お○こを突く様な素股ピストンにも耐えれるうえに、ただ入らないんじゃなくて、柔らかなお肉で包み込んでいるので気持ちいい。

守護神Ⅱに発射の感覚が迫ってくる。

そして、最後はかなさんのお腹に大量発射。

「あぁ、一杯出てる」。

まだ少し時間があったので、もう一度ベッドに入る。

すぐ横にかなさんの顔を見ていると、またペニスに血が集まってくる。

かなさんの手をペニスに誘導する。

「あっ、また大きくなってる。もう1回いける」

「いけそう」。

するとローションを手に取り、手コキしながら、乳首にも愛撫を加えてくる。

さっきいったばかりなのにあっという間に、2度目の発射。

今日は2-2の引き分けでした。

本当に人妻らしい綺麗な人妻で、優しくて感度も良好。

かなさんなら、不倫、浮気気分や他人の妻を感じさせるという人妻嬢ならではの醍醐味を味わえるので、絶対お勧めですよ。

恋女房梅田店

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search