2007-11-29

妻味喰い

BodySize
164.㌢ B:83㌢ W:60㌢ H:83㌢

メッセージ:ぽてっとした潤いのある唇に少しタレ目で優しげなまなざしが魅力的な『りえ』奥様が入店されましたよ~♪

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

Date 2007年11月28日(水)

女の子のレベル=★★★★★
プレイの満足感=★★★★★
店員さんの接客=★★★★★
リピートする確率=★★★★★

丁寧さ、気配りと人妻ならではの淫乱さを兼ね備えた最高級の人妻に出会いました。

梅田・妻味喰いのりえさんです。

言うまでもなく、この店は出勤している嬢もとても多いです。

1時間以内にプレー可能な嬢だけで10人はいましたが、その中でもりえさんのパネルは輝いて見えました。

受付後、数分でりえさんと対面。

ビルを出るとりえさんがそっと手を握り締めてきます。

「あっ、温かい手。温かい手って好き!」。

そんな言葉に気分がウキウキしてきます。

ホテルの部屋ではサポーターを巻いている守護神Ⅱの足首を目ざとく見つけ、「捻挫ですか」

「うん、サッカーで」

「えっ、私サッカーしている人が好きなんです。今度、トヨタカップ観に行くんです」。

サポーターとシップをはずし、手が汚れた気がしたので手を洗い、ついでにイソジンでうがい。

ベッドに腰掛け、りえさんとサッカー談義に花が咲く。

10分近くも話した頃、堪りかねた様にりえさんが「ねぇ」と言うなり、唇を近付けてくる。

唇を合わせ、服の上から乳首を指先で愛撫する。

「あぁ~」喘ぎ声が漏れる。

上半身を裸にし、乳首に吸い付く。

「あぁ~ん、上手。すごい気持ちいい」。

スカート、ストッキング、パンティも脱がし、全裸にする。

クンニをすると「あぁ、本当に上手。すごい気持ちいい、私舐められる大好き」。

クンニの間中も喘ぎ声は止まらない。

で、かなり濡れてきたので指を挿入しようとすると、狭くて締め付けがきつく、人差し指の第一関節から先がなかなか入っていかない。

無理に入れると痛そうなので、数ミリずつゆっくり指を進める。

ようやく奥まで入る、でも動かすと痛そう。

ところがそのままクンニを続けていると「あぁ、すごい気持ちいい。いきそう」

「いってもいいよ」

「あぁ、いく、いく、いっくぅ」。

体を大きくくねらせ絶頂へ。

「はぁ、いっちゃった。すごい上手ですね」。

そのままもう一度、優しくソフトに舐め始める。

「あっ、だめ、またいきそうになる」

「いいよ、何回でも」

「はぁ、またいく、いくぅ」。

膝を曲げた状態で、上半身を起こすと、りえさんが股間にむしゃぶりついてくる。

「私舐められるのも好きだけど、舐めるのも好きなんです」。

唇と舌がペニスに絡みついてとても気持ちいい。

「今度はうつぶせになって」

「えっ」

「バック素股しようよ」。

クンニでかなり濡れていたので、ローション無しで太腿の付け根にペニスを挟み込む。

太腿の筋肉がきゅっと締まり、かなり動きづらい。

でもだんだん動けるようになると、りえさんが「当たってる…これ気持ちいい」。

さらに続けていると「だめ、またいっちゃいそう。この硬さが好き」。

そして守護神Ⅱの下で痙攣すると「またいっちゃった」。

りえさんの上から下りると、守護神Ⅱのジュニアも小休止。

すると、りえさんが何も言わず、口で大きくしてくれる。

「俺さぁ、好みの子とキスしながら、手でしてもらうの好きなんだ」。

その通り手コキをしてくれるりえさん。

ところがこれが気持ちよくて、しばらく続けてもらうといきそうに。

フェラでいこうかなと思いつつも、それを口にした途端いきそうだったので、そのまま身を任せることに。

「あっ、いきそう」。

それを聞いたりえさんは、素早くペニスを口に含む。

そしてめでたく口内発射。

普通、口の中に出されるとすぐにティッシュなどに吐き出す嬢が多いのに、りえさんは口の中に含んだまま。

「もう、吐き出していいよ」というとにっこり笑い、そのままペニスをティッシュで拭く。

そしてようやく洗面台へ。

「いっぱい出してくれて、ありがとう」

「こちらこそ。気持ちよかったよ」。

いやぁ、話し方や立ち居振る舞いは丁寧なんですが、愛撫を受けてからは淫乱に変わるのが最高です。

プレー後、絶対良かったと思える嬢ですよ。

お勧めです。

妻味喰い

▲ Return to page top

2007-11-21

隣りの奥さん梅田店

BodySize
153.㌢ B:90㌢ W:62㌢ H:85㌢

メッセージ:巨乳奥様到来!!
ご意見箱に「胸の大きな女性を求む」
とのお声を頂いていましたのですが・・・バスト90cmは如何でしょうか??

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

Date 2007年11月16日(金)

女の子のレベル=★★★★★
プレイの満足感=★★★★★
店員さんの接客=★★★★
リピートする確率=★★★★★

まいどねっとのイベント情報で面白そうなイベントを見つけたので「隣りの奥さん梅田店」に行ってきました。

店に行くと、フロントのカウンターに10枚以上のパネルが広げられました。

その中から入店2日目という千鶴さんを指名。

そして「俺がチョコボール向井や!!」とちょっと恥ずかしい合言葉を告げると、「はい、ありがとうございます。大丈夫ですよ」とスタッフさん。

で、千鶴さんはというと、小柄で可愛い顔立ちに、巨乳がアンバランスな魅力を醸し出しています。

ホテルの部屋に入り、一息ついたところで千鶴さんが箱を取り出す。

「これ使ってって、スタッフさんに言われたんですけど、何だかわかりますか?」と千鶴さん。箱の中には、ボーリングのグローブの先に3本のバイブがついたような器具「ハイパーフィンガーオーガズム」が入っていました(このイベントは11月30日までだそうです)。

お風呂に入り、2人とも綺麗になったところでベッドへ。

ベッドの横で立ったまま唇を合わせ、舌を絡め合う。

そのまま手を千鶴さんの割れ目に持っていくと、クニュッと指が入る。

「あれ、濡れてるよ」

「だって、エレベーターの中で急に抱きしめたでしょ。ああいうのに弱いから…感じちゃった…」。

だったらもっと感じてもらいましょう。

右の乳首を吸うと「あっ、ああああああ、あぁ~ん」。

左の乳首を吸うと「あぁ、あぁぁぁぁぁぁ」。

ここでさっきから気になっていたハイパーファインガーオーガズムを右手に装着。

簡単に言うと、3本の指先にそれぞれローターがついた感じなんですが、意外にどうやって使えばいいか迷っちゃいますね。

いや、胸を責めるときは、乳首の先と乳首の付け根、乳房の脇を同時に責めれて、いい感じなんです。

最初は刺激が強そうで「ちょっと怖いな」って怖気づいていた千鶴さんも「はぅ、あぁあああああ」と感じています。

で、続いては下腹部に。

でも基本的にクリトリスだけを責めたいなぁ。

どういう風にあそこに当てればいいか迷っていると「使いにくい?」と千鶴さん。

「う~ん、ローターの方がいいかな」

「じゃあ、ローター使って」。

千鶴さんがそそくさとローターを取り出し、手渡してくる。

ベッドの上に押し倒し、まずはクンニ。

「あぁ、そこだめ、それいい、いい」。

そしてローター。

「いやぁ、だめぇ、だめ、だめ、それ以上はだめぇ」。

無視して、ピンクローターを当てると「ほんとに、お願い。それ以上されるとわけがわからなくなるから…」と、快感をおして上半身を無理やり起こし、守護神Ⅱの手を股間から引き剥がす。

どうやらいっちゃうと仕事だという意識がなくなってしまいそうなので怖いそうです。

「今度は私がしてあげる」。

仰向けに寝転ぶと、覆いかぶさるように唇を合わせてくる。

乳首に吸い付き、舌先で転がす。

その千鶴さんの股間を指先で愛撫すると、「あっ、もうだめだって…あぁ、あぁ、あぁ、あぁ、あぁ」とやっぱり千鶴さんは感じやすいですね。

何とか快感の波を乗り切ると「あまり乳首は感じないの?」と聞いてくる。

「ペニスと一緒に愛撫されると感じるよ」と答えると「こんな感じ?」と、ペニスを手コキしながら、乳首に吸い付いてくる。急に気持ちがよくなります。

今度は、ペニスをフェラしながら指先で乳首を転がす。

フェラも気持ちいい。

そして、守護神Ⅱの太腿の上に乗ると、ペニスを乳房で挟み込みパイズリです。

そしてそのまま騎乗位素股に体位をチェンジ。

この騎乗位素股が絶品でした。

まず、ペニスの上に座り、腰を浮かすとペニスを手で割れ目にあてがい、腰を前後に動かす。

何ともいえない、「包まれ感」があり、無茶苦茶きもちいいです。

しかも、どうやら自分のクリトリスに当たるらしく「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」と息遣いも荒くなっていきます。

そして「こっちはどう」と言いながらペニスをお尻の後に回す素股にもチャレンジ。

「どっちが気持ちいい」と聞かれたので「前でやる方が気持ちいい」と答えると、もう一度ペニスを前に回した騎乗位素股。

「あっ、あっ、あっ、あっ」という声を聞きながら発射。

プロっぽさが全然ないのに(実際、風俗経験は薄そうです)テクニックは一級品でしたね。

少し時間が余ったので、ベッドで添い寝しながら、質問をしてみました。

「どうして愛撫を途中でやめさせたの」

「だって、いくと仕事できなくなるし…」

「気持ちよくなったり、したくならないの」。

恥ずかしそうに笑いながら「そんなにしたくはならないかなぁ~。

でも、素股のときも結構ギリギリのところで当ててるし、気持ちよくはなってるよ」

「じゃあ、今度はもっと気持ちよくしてあげるよ」

「ありがとう、待ってるね」。

責める人にとっては、色々な展開が期待できそうですし、受け身の人はパイズリや極上素股で気持ちよくいけるし、お勧めですよ。

隣りの奥さん梅田店

▲ Return to page top

2007-11-19

大和屋難波店

BodySize
149.㌢ B:85㌢ W:58㌢ H:83㌢

メッセージ:小柄ながらも均整のとれたいやらしい身体・・・
可愛らしい笑顔と綺麗な肌、乳房が貴方を誘惑する・・

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

Date 2007年11月12日(月)

女の子のレベル=★★★★★
プレイの満足感=★★★★★
店員さんの接客=★★★★★
リピートする確率=★★★★★

残業して会社を出るともう8時半を回っている。

このまま帰るのは寂しかったので、大和屋難波店さんをのぞきました。

受付で「まいどねっと見ました」って告げると「ありがとうございます」とスタッフさんから嬉しそうな声が返ってくる。

「今なら、直ぐの娘が3人と、30分から40分待ちの娘が2人います」。

この時間の人妻店でこの数は驚異的ですね。

ほかの店ならもうプレーできる娘はいない方が多い時間帯ですから。

アルバムの中から一人ひとり説明してもらい、鳴瀬優香さんに決めました。

28歳で身長149センチでウエスト58センチと小柄ですが、パネルでみると胸がいい感じでツンと上を向いています。

実際に会ってみた優香さんもパネルと同じかわいさ。

しかも声がちょっと倖田○未似のハスキーボイスです。

ホテルにチェックインし、入室電話を終えた優香さんを後ろから抱きかかえる。

「かわいいね。守ってあげたくなるよ」

「私も大きい人にギュッて抱きしめられるが好きなんです」。

前を向かせ、唇を合わせる。

舌を入れると積極的に舌が絡んできます。

唇を合わせたまま、手を背中に回し、ブラのホックをはずす。

服をたくし上げ、乳首を指で弄くっていると、優香さんは愛撫しやすいように洋服を脱ぎ、ブラをはずし、上半身裸になる。

思わず胸に吸い付く。

「あっ」一瞬声が漏れ、そして守護神Ⅱの頭を強く体に押し付け、もっと強く乳首を愛撫するよう促す。

乳首を吸いながら、股間を指で擦ると優香さんの全身から、フッと力が抜ける。

その体を支えながらベッドへと誘い、仰向けに寝かせると、スカート、パンティを脱がし真っ裸にする。

そしてクンニへ。

大きな反応は見せないものの、時折「うっ」と声を漏らし、体をよじる。

皮をむき、クリを露出させ、直接舐めると「ひっ」と叫び、体を大きくねじる。

クリを露出させてクンニを続けると、ようやく「はぁ、はぁ、はぁ」と声が荒くなってくる。

いつもならもういってもいいはずなのに、と思うくらい舐めたところで急に優香さんが上体を起こす。

「ごめん。私、気持ちよくて仕事なの忘れて、ぼぉーっなってた。うまいんだもん。お風呂行こ♪」。

お風呂に入ってまじまじと優香さんを見てみると、体がラインはもちろん肌もとてもきれいです。

そして乳首も「男性経験あまりないの」って聞いてしまったくらいのピンク色です。

そんな優香さんとバスタブに向かい合って一緒に入る。

優香さんが無言で手を守護神Ⅱのお尻の下に入れ腰を浮かそうとする。

それに従って腰を浮かすと、水面に突き出たペニスをパクリ。

優香さんのきれいな裸に興奮していたのでペニスはギンギンになっています。

その大きくなったものを、体と同じ小さな口で一生懸命ほおばる優香さん。

その小さな口で健気にフェラを続ける姿にSっ気が刺激され、思わず腰を上げ、優香さんの口の中深くにペニスを押し込もうとしてしまいます。

でもいやな顔をせず、ペニスをほお張り、片手で体を支えながら、もう片一方の手の指先は守護神Ⅱの性感帯のひとつ乳首を転がしています。

ホテルヘルスで、何度か潜望鏡は味わいましたが、これだけ気持ちよく、しかも長時間されたのは初めて。

本当にもう少し続けられたら、射精しちゃうところでした。

ベッドに戻ると、またもや守護神Ⅱが責める。

仰向けに寝転がった優香さんの横から乳首を吸い、右手の指先で股間を愛撫する。

もう、あそこはぐっしょりで、かなりの抵抗は感じるものの指も何とか挿入できます。

クリが隠れているので、指で愛撫するほうが優香さんも感じるようです。

「あぁ、あぁ、あぁ」。

体勢を変え、もう一度クンニにトライ。

今度は、お風呂に入る前よりうんと感じてくれます。

「はぁ、はぁ、あっ、そこっ」。

そのまま正上位で足を開いたままの素股に持ち込もうとしましたが、優香さんが守護神Ⅱのペニスをつかんでやんわりと避ける。

「騎乗位でしよう」。

仰向けに寝転ぶと、優香さんがペニスの付け根辺りにまたがる。

腰を振るのと同じタイミングで亀頭を持った手を前後させるので、かなりペニスが刺激されます。

しばらくするとかなりやばい位感じてきたので、優香さんの胸を揉んで感度をごまかしみる。

すると今度はペニスを後ろの方に回した素股で刺激してくる。

悪あがきでバック素股をお願いするもやんわり断られ、最後は足を組んでの正上位素股で優香さんのお腹の上に大量発射しました。

放心状態におちいっていると、優香さんが擦り寄ってきて体をあわせ

「やさしく舐めてくれてありがとう。すごく感じて濡れちゃった。私下つきだからバック素股は入りそうだから…ごめんね。でも大きいから正上位でも割れ目が擦れて気持ちよかった」。

う~ん、もっと余裕があれば違う展開もあったかな。

でも、潜望鏡が気持ちよくて、ペースを握られちゃったから仕方ないかな。

テクニックと素人っぽさと若い体を兼ね備えながら、時折、人妻っぽいいやらしい反応も見せる。

小柄な嬢が嫌いな人じゃなければ、優香さんは自信をもってお勧めできますね。

守護神Ⅱも年内に必ずもう1回行くと決めてますから。

大和屋難波店

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search