2008-07-25

兎我野どうぶつ園

BodySize
157.㌢ B:83㌢ W:58㌢ H:87㌢

メッセージ:人懐っこい女の子です☆細い子が好きな方は是非!!

+++++++++守護神Ⅱさん40歳の体験談+++++++++

Date 2008年07月22日(火)

女の子のレベル = ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★

連休明けのもやもやを払拭しようと、梅田のとがのどうぶつ園に行ってきました。

お昼の1時頃で受付に並べられたパネルは20枚以上。

どの娘もかわいい。

スタッフさんの勧めもあり、今日のお相手はこはるちゃんに決定。

準備が出来るまで持参のマイ爪切りで爪を切り、先をやすりで丸めていると、スタッフさんから案内の声がかかる。

本当に10分と待ってないですね。

こはるちゃんは、普段フィットネスクラブで働いている爽やかな美人。

もちろんスタイルも良いですよ。

ホテルで二人っきりになるのを待ち兼ねたようにこはるちゃんが口を開く。

「待合室で爪を切ってくれてましたぁ?」

「俺、せめたい方だから、爪で傷つけないように切った後、やすりで先っちょを丸めてたんや」

「やっぱり。カメラがあって待合室の様子がぼんやり映ってたんだけど、ひょっとして爪の手入れしてくれてるのかなぁ、って思ってたんです。ありがとうございます」。

これで一気に打ち解け、お風呂へ。

体を洗ってもらいながらも触り合い、いちゃつく。

ベッドに戻り、ディープキスからプレー開始。

両方の乳首を丹念に舐めてから、股間に指を這わせるともうぐっしょり濡れている。

その愛液を舌先ですくい取るようにクンニに突入。

同時に指先で入口から2、3センチのところの天井部分ををソフトに弾くように擦るととても感じます。

「あぁーあぁーいやぁ」。

泣いてるような喘ぎ声をあげます。

さらに続けると、「あぁ、いやぁ、いっちゃいそう。あぁ、だめ、いっちゃう」と絶頂へ。

いった後はくすぐったくなるようで、体をよじり逃げるこはるちゃん。

でも数分経つとそれもおさまったようで、また舌先に体を委ねる。

クンニを再開して数分で2度目の絶頂へ。

「あぁん、もう。すごい上手ですよね。気持ち良かったぁ。今度は私の番ね。乳首感じる?」とのしかかると乳首に吸い付いてくる。

そしてフェラチオ。

こはるちゃんはよく濡れる上に唾液もたっぷり。

頭を動かす度にヌチャ、グチャと隠微な音が響く。

確実に自分の性感が高まっていくのを感じる。

続いて、ローションをつけての手コキ。

そして間髪入れず、騎乗位素股。

割れ目にペニスを擦りつけるように動き、さらに亀頭を指先で作った輪で刺激するのでかなり気持ちいい。

このままではいっちゃいそうなのでバック素股を希望。

すると「私、すごい後つきなんで、バック素股はちょっと…でも入らないようにしてくれるなら、お客さん信じていい?」

「ありがとう、この角度なら大丈夫かな?」。

待合室での爪切りが、信頼につながったよう、ラッキー!でも、角度を保ちながら腰を振るものの、ローションとこはるちゃんの愛液のせいで入っちゃいそう。

正上位素股に変え、続いてキスをしながらの手コキで一気に気持ち良くなる。

発射寸前というところでもう一度バック素股をお願い。

今度はローションが渇いているので大丈夫。

2分ほど腰を動かし、こはるちゃんの背中に勢いよく発射しちゃいました。

こはるちゃんは、可愛くて、感度も抜群。

ご奉仕型のMなので気持ち良くいかせてくれます。

しかも、プライベートではマイバイブでオナっている欲求不満娘だと白状もしてくれました。

是非、遊んでみてください。

兎我野どうぶつ園

▲ Return to page top

2008-07-12

大和屋谷九店

BodySize
156.㌢ B:83㌢ W:60㌢ H:88㌢

メッセージ:出会ってすぐに人を和ますやわらかい口調が癒しの時間に心地よい♪陽気な沖縄美人♪

+++++++++守護神Ⅱさん45歳の体験談+++++++++

Date 2008年07月04日(金)

女の子のレベル = ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★

夕方、谷九で時間が空いたので、まいどねっとモバイルで谷九の風俗店を検索、生魂のホテル街の中にある大和屋谷九店へ行ってきました。5

時頃でも受付は2人待ち。流行ってますね。

自分の番になると、スタッフさんが開口一番「お客さんツイてますね。入店してまだ数日の子が2人出勤したばかりです」。

おぉ、20台後半と30歳で確かに2人とも可愛い。

というわけで一番したい盛りな30歳の比嘉いずみさんを指名。

実物のいずみさんは沖縄出身らしい少しエキゾチックな雰囲気で女優の賀来千○子さん似の美人妻。

店のすぐ前のホテルにチェックイン。

店への入室連絡をするいずみさんの胸元から手を差し入れ乳首を優しく愛撫する。

「はい、○○○号室に、は・アッ、は・入りました」。

電話を切ると「もう、絶対店の人に聞こえてる。変に思われたかも」といずみさん。

でも顔は怒ってなく照れ笑いしています。

服を脱がせ股間に手をやると、クニュッ、もう濡れています。

「あれ、どうしたの、濡れてるよ」

「だって、電話中にいたずらするから」。

この感じやすさは楽しみですね。

さっとお風呂を済ませると(でも体は丁寧に洗ってくれました)ベッドへ。

いずみさんを仰向けに寝かせ、覆いかぶさりキス。

舌を入れるといずみさんも舌を絡めてくれます。

ここでアイマスクで目隠しをし、まず胸をせめてからクンニ。

視覚を奪われたことで感度が増し、クリを舐めると「あぁ、アアアァー」、舌をつぼめ差し込むと「あっ、それいい、いい、いい」と何をしても感じっぱなし。

強くなりすぎないようにだけ気をつけて、舐め続けると「あぁだめ。いくぅ~」と絶頂へ。

アイマスクをはずし「あん、恥ずかしい。いっちゃったぁ」と体をよじる。

「今度は私」と言うのを制し、うつ伏せにするとバック素股に挑戦。

最初は「クリに当たる」と感じていたいずみさんですが興奮でペニスがさらに硬さを増し、いずみさんの割れ目が愛液まみれで滑りが良くなると危険な状態に。

「だめ、それ以上すると入っちゃう」。

バック素股を断念し、いずみさんにせめてもらう。

保母さんみたいな雰囲気があり、タッチもソフト。

ビンビンになっているペニスを撫で「大きくなってる。いい子ねぇ」というとペニスをニュルリとくわえ込む。

唾液まみれな淫乱フェラは格別。

手コキ、騎乗位素股と進み、初めてだという脚を閉じた正上位素股。

太腿の内側に少しローションを塗り、太腿の間にペニスを差し込み、腰を振る。

「えっ、どうしょう。私も気持ち良くなっちゃう」。

可愛い女性が喘ぐ姿は、こちらの快感も増幅させます。

「あぁ、もういきそう」

「出して、お腹にかけて、いっぱいかけて」。

○さんの臍の下から胸にかけて精子を飛び散らしちゃいました。

「あぁ、いっぱい出たぁ。良い子ね。」。

美人でノリも感度も上々のいずみさん。

絶対オススメです。

大和屋谷九店

▲ Return to page top

2008-07-08

汝々艶十三店

BodySize
145.㌢ B:83㌢ W:55㌢ H:83㌢

メッセージ:風俗未経験なので優しく色々教えて下さい

+++++++++守護神Ⅱさん45歳の体験談+++++++++

Date 2008年07月01日(火)

女の子のレベル = ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★
リピートする確率 = ★★★★★

たまには十三で遊ぼうと、汝々艶十三店に行ってきました。

そこで出会ったのが辻夏美ちゃん。

なんと!22歳の未経験の若奥様です!

平日の夕方5時頃ですが、パネルは10枚以上とこの時間の人妻店では多め。

しかも汝々艶さんなので当然美人ばかり。

その中でも夏美ちゃんはモ○娘。にいても違和感が無いほどの可愛さ。

しかも実物は身長150センチ足らずと小柄でパネルよりさらに可愛くて感激もの。

ホテルまでは少し歩く間も「優しそうなお客さんで良かったぁ」

「今だけやで、ホテルに入った途端、『おらっ、しゃぶれぇ』って豹変するから」「えっ、ホント?」と顔を覗き込み「もおっ、絶対嘘。顔見たらわかるもん」とラブラブモードです。

ホテルに入ると、ベッドに腰掛けさせ、ディープキス。

「服脱ごうか」と言いながら胸をはだけさせ、乳首に吸い付く。

左右の乳首を交互に吸っているとだんだん夏美ちゃんが感じ始める。

手を伸ばしパンティごしにクリトリスを擦ると「アフゥ」と堪え切れない感じの喘ぎ声。

パンティの裾から指を入れると、もうぐっしょり。

それに気付き恥ずかしそうに慌てて「あぁ、だめ。お風呂」。

お風呂でももちろんイチャイチャ。

ベッドに戻ると改めてディープキス。

指で股間に触れるとニュルッと指先でが引きずり込まれる。

「まだ濡れてるよ」

「嘘!わからない」。

上半身を飛ばしクンニすると「ンアァ、アァ」と喘ぎ続け、ついに絶頂へ。

さらにせめ続けようと、「だも、今度は私がする番」と起き上がり、逆に押し倒される。乳首を熱心に舐める。

「気持ちよくない?」

「手コキと一緒がええな」。

小さな体で一生懸命愛撫してくれます。

「ごめんね。体小さいからうまく出来なくて」。

謝ると次はフェラ。

これは気持ちいい。

「口が小さいからかな、。すごい気持ちいいよ」と褒めると「私、口大きいんだよ」て拳を口の中へ。

でもどう見ても、夏美ちゃんの拳が小さすぎる。

しばらく密着感を楽しんでから騎乗位素股。

でも大きな体をしているので、夏美ちゃんの小さな体じゃ苦しくてうまく動けない。

しばらく試したものの断念。

自分の太った体を怨みつつ脚を閉じた正上位素股へ。

上に乗り腰を振っていると「これ、私も気持ちいい」と喘ぎ始める。

その声に触発され一気に射精感が高まる。

「いきそう。体にかけていい?」

「いいよ。いっぱいかけて」。

太腿の付け根から抜き取る瞬間から射精が始まり、下腹部から胸へと精子が飛び散る。

多分、今年一番っつ位大量発射でした。

夏美ちゃんは、小さくて可愛くてホンマにええ娘です。

いった後もホンワカ温かい雰囲気で癒されました。

夏バテ気味の方でも気持ち良くいけますよ。

汝々艶十三店

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search