2008-08-25

汝々艶谷九店

BodySize
150㌢ B:78㌢ W:58㌢ H:82㌢

メッセージ:初めてなので、全然わからない事だらけなので、色々と、教えてください。

Date 2008年8月20日(水)

女の子のレベル = ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★

+++++++++守護神Ⅱさん45歳の体験談+++++++++


在籍女性のレベルの高さで、まいどねっと登録店の中でも好きなお店の一つ汝々艶谷九店へ。
水曜日の正午頃に行き、15枚ほどのパネルから、小柄で未経験、おとなしそうな新人・小寺里美さんを選びました。

30分ほどで対面した里美さんは、絶対誘ってもホテルに付いてこなさそうな落ち着いた雰囲気の女性。
スリムな体にワンピースがよく似合っています。

ホテルにチェックインし、早く里美さんのいろんなところにキスがしたくて、歯磨きとうがいをしていると「私も先に磨こう」と里美さん。これで心置きなくキスできます。

ベッドに腰掛け、ディープキス。ワンピースごしに乳首を指で愛撫するとすっかり感じています。
服を脱がせ、乳首に吸い付く。

里美さんの呼吸があらくなり、体が小刻みに震え出す。でもこの辺りが未経験の素人さん、声を出すのが恥ずかしいよう。

手順をきっちり追ってプレーする方がリラックスできるはずと、お風呂に入る。
体を洗ってもらいながら、里美さんの隙をつい、時折り乳首やクリトリスを愛撫する。

おかげでお風呂から出て、ベッドに入る時には、里美さんは完全にエロエロモード。
ベッドの上に座りキスをし、乳首を舐めていると、里美さんの手が伸びてきてペニスを揉み揉みし始める。

ついには、無理に体を折り曲げ、股間に顔をうずめ、フェラを開始。
しっかり、口の中をつぼめ、ペニスに密着させる。

窮屈な姿勢で頭をあまり動かせないかわりに、舌が亀頭やサオに沿って動く。
エロい舌使いにビンビンになったところで、一旦体位を変えてクンニ。
舌がクリトリスに触れた瞬間、「アッ」と喘ぎ声が漏れる。

しかも、もう割れ目はグチョグチョ。直ぐにいきそうなほど、性感が高まっているのがよくわかる。
でも、やっぱり恥ずかしいようで、いくのを我慢している。
そこで、右手人差し指も動員。第2関節まで挿入し、曲げて、天井あたりをこする。「アァ、ダメ、う、うう」。
絶頂に達し、ぐったりしています。

そのまま正上位素股。たっぷり濡れているのでローションはいりません。
クリトリスに亀頭を擦り付けるように腰を振ると、「ウ、アッ、イヤ」と里美さんの方が感じています。
感じすぎるので攻守交替。仰向けに寝転び、せめてもらう。キスから舌で乳首を転がし、唇がペニスに至るまで、丁寧にねっとりと舌が動いていく。

今度は頭が動かせるので、ねっとりフェラのまま唇がサオにそって動く。
なかなか気持ちいいです。続いて、騎乗位素股。ローションを内股に塗り、またがり腰を振る。
「もう少し、前目で動いて」「こうですか」「そう。それでクリが当たるように動いて」「はい」。
動く度に「アッ」「ハッ」と喘ぎ声が漏れる。

「こ、このままで大丈夫ですか(いけますか)?」「じゃあ、もう1回正上位素股で」。体位を変え、もう一度正上位で腰を振っている。

クリが擦れ、快感が湧き上がるのを我慢している里美さんを見ているうちにSっ気が沸き起こり、射精の瞬間を見せたくなる。
「舌で乳首を愛撫しながら手コキして」「あっ、はい」。
小さな体で、懸命に乳首に吸い付き、手を動かす。

やがて、射精感が迫ったところで、「あっいきそう。出るところ見て」「えっ」「ほら、出るよ」「あぁ、いっぱい出てる」。
恥ずかしそうな声に征服感に包まれてフイニッシュできました。

真面目で淑女な人妻が勇気を出して初めての不倫って感じで、興奮させられます。
早い目にプレーすることをお勧めします。

汝々艶谷九店

▲ Return to page top

2008-08-18

妻味喰い

BodySize
158㌢ B:83㌢ W:58㌢ H:85㌢

メッセージ:明るくて、その明るさで癒してくれる『真咲』奥様のご入店です。『真咲』奥様は、、エロさも兼ね備えており、「恥ずかしいんですけど、私ってHで感じやすくて、いっぱい濡れちゃうんです…」だとか、太もももとっても気持ちいい『真咲』奥様に会いに来てくださいませ♪

Date 2008年8月1日(金)

女の子のレベル = ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★

+++++++++守護神Ⅱ45歳の体験談+++++++++


梅田の妻味喰いさんで、これぞ「犯りたくなる人妻」って感じの素人人妻嬢「真咲さん」と出会いました。

金曜日の昼下がり、店に行くと既に受け付けは3人待ち、しかも待っている間にまた3人がやってくる。

予約客は受付が別なことを考えると、この暑いのにどんなけ流行ってんねん!

で、やっと自分の番。ずらっと30枚以上のパネルの中からすぐに気に入ったのが、清楚というか大人しそうで、美形の真咲さん。

写真からはウブさがビンピン伝わってきます。迷わず指名しました。実際に対面してみると、写真より色気もあり、得した気分。

しかも「私、普通の主婦なんで特別なことなんて何もできないですよ。(私で)良かったんですか」なんて可愛いことを聞いてきます。

「俺の好みやから指名したんやけど、嫌やった?」「ほんと?ありがとう」。

ホテルに向かう路上から早くもいい雰囲気です。チェックインを済ませると、入店連絡の電話をする真咲さんを後から抱きしめ、乳房をまさぐる。

ん?あまり反応が無いなぁ。でも、服の脱がし合いっこの最中に露出した乳首を指先で優しくつまむと「んんっ」とかわいい喘ぎ声。

口に含むと体を折り曲げ快感に耐えている。初々しい反応にジュニアも早くも臨戦体制。パンティを脱がせるとスリムな体を抱き寄せ、亀頭を割れ目にこすり付ける。

割れ目から溢れた液が亀頭をニュルニュルにして気持ちいい。「もう、、、先に体洗おっ、ねっ」。
浴室でいちゃいちゃ触り合いながら体を洗い、すっきりしたところでベッドへ移動。仰向けに寝か

せ、軽いキスからディープキス。
乳首を口に含み、割れ目を指で探るとすぐにニュルッと蜜壷にたどり着く。蜜を指先ですくい、塗り付けるようにクリトリスを愛撫する。「ああぁ」。

空をさまよう真咲さんの右手を取りペニスヘ誘う。

無意識のうちに手コキが始まる。クリトリスや乳首の先端をピンポイントでせめられる度に、動きが止まり、ギュッとペニスを握り締めるのが気持ちいい。

でもまずは真咲さんに気持ち良くなってもらわなきゃ。クンニ開始です。体が感じてクネクネしているのに、喘ぎ声は控えめ。素人妻さんだから、他人に感じているところを見られるのに抵抗があるのかな。

でも指でいじくって散々感じさせていたので、我慢も限界がきたよう。
「あぁ、もうお願い止めて、だめになっちゃう」「いきそうなの?」「だめぇ」「いっちゃっていいよ。綺麗な人がいくと興奮する」「そんな、あぁ」。

後はひたすら舐め続けると、「だめぇ、いくぅ」。太腿にギュウッと力が入り絶頂に達する。まだ息が荒い真咲さんをうつぶせにし太腿の付け根にペニスを差し込むバック素股。

ところがグッと体重を掛けた瞬間、「あん、だめ、これはだめ」と上半身をよじり上向きに。
ここで攻守交替し、真咲さんのフェラが始まる。「普通の主婦」にしてはフェラがうまい。

きっと頭がいいのでしょうが、亀頭に舌を密着させ、感じるところをきちんと刺激してくれます。
そして唇がペニスから離れたと思ったら手コキが始まり、しかも唇は乳首へ。緩やかな刺激が絶えず加えられるのでギブアップ寸前。

とここで「素股します?」と聞きながら真咲さんが馬乗りに。
フェラ&手コキよりは刺激が少なく、何とか発射を我慢。「いけそうにないですか?」「そんなこともないけど」「何でいきたいですか?」じゃあ、キスしながら手コキで」。

添い寝しながら右手で手コキ。「何だかこれって恥ずかしい」と言いながら唇を合わせてくる。
その柔らかな感触と手の刺激に我慢も限界。「唇を塞がれたまま「あぁ、いく」と短く発しフィニッシュ。

「あっ熱い。いっぱい出てる」そんな真咲さんの感嘆の声に満足してプレーを終えました。一方的にせめてくる嬢は苦手だけど、気持ち良くはいかせて欲しい。

真咲さんはそんな世の男性のわがままな欲望をかなえてくれます。かなりオススメですよ。

妻味喰い

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search