2010-09-24

キャラメル西中島店

BodySize 159cm B:94cm W:60cm H:89cm

メッセージ:?
Date 2010年09月16日(木)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神IIさん44歳の体験談+++++++++

西中島での商談がスムーズに進み、時間が空いたので自分へのご褒美に遊んじゃうことに。いつものように携帯でまいどネットにアクセスしホテルヘルスを検索。
見つけたのが、新規限定ですが、プレー代、ホテル料込みで90分1万6900円のお得なイベントを実施していたキャラメル西中島店です。
西中島ではあまり遊び慣れていないので、電話で店の場所を確認してから訪問。携帯のまいどネットのイベント画面を見せると「はい、ありがとうございます。パネル指名は2000円ですが、どうしますか?」とスタッフさん。顔重視なので、パネル指名することに。でも、10枚ほどのパネルはどの娘も可愛くて、フリーで入っても大丈夫でした。すぐにいける可愛い子が2人いたのですが、20分ほど待ちはあるものの未経験入店でEカップ巨乳の23歳のクールビューティーらんちゃんを指名することに。

きっちり20分ほどで、スタッフさんから声がかかり、らんさんと対面。写真とは少し違って、クールビューティーっていうより、愛想の良い美人お姉さんって感じ。服の上からでも胸の張りが気になる。歩いてすぐのホテルは、レンタルルームに近い造りで、浴槽は無くシャワーのみ。

美人のらんちゃんと早くキスがしたくて「さきに歯磨きするね」と声をかける。「ありがとう」とらんちゃん。理由はどうであれ、風俗店でも清潔な男性はもてるんですよ。歯磨きを終え、らんちゃんのもとに戻ると、肩を抱き寄せるとキス。最初はフレンチで次はディープ。唇を離すと、らんちゃんはハァーンとセクシーな息を吐き、「シャワー行きましょ」。服を脱ぐ、らんちゃんのブラのホックを外す。すると巨大な乳房が出現。こりゃ、プロフのEカップどころかFはありそう。狭いシャワールームに2人ではいると、らんちゃんの胸は邪魔に感じられるほど、大きい。

きちんと丁寧に洗ってもらい、ベッドへ。浴槽が無いと、湯船にお湯をためる時間も要らないし、逆にベッドでのプレー時間が長くなって良いですね。2人でベッドに膝立ちし、向かい合う。どちらとも無く顔を近づけていき、キス。今度は最初から舌が激しく絡み合う。キスをしながらも手は知らず知らずのうちに、らんちゃんの乳房を弄ぶ。柔らくて気持ち良い。今度は乳首に吸い付く。もちろん、もう片側の乳房は手で揉み揉みしっぱなし。「あっ、いい、うっ・・・」。巨乳は感度が悪いなんて嘘ですね。らんちゃんは乳首も乳房もとっても感じてくれます。

しばらく胸をせめてから、股間に手を滑り込ませ、指を這わせる。ニュルッ。良い感じで濡れている。「感じてるの?」「うん」「もっと感じさせてあげるね」。らんちゃんの脚を開かせ、股間に顔をうずめる。「あっ、そこ、良い、上手!」最初は上半身を起こしていたらんちゃん。感じ始めると、耐えられなくなり、上半身をベッドに預ける。「はうぅ、あっ、あっ、あっ、そこ、だめ」。割れ目が洪水状態になったところで、クンニに人差し指の挿入を加える。奥まで差し込むよりも、曲げた人差し指を上に曲げ、膣の天井を優しくさするようにする方が感じるみたい。「あっ、それいい、そこ。あぁ、あぁ、だめ、いっちゃう」。悲鳴に似た喘ぎ声が上がる。「だめ、だめ、だめ、あぁ、いっちゃう、いっちゃう・・・いくぅ・・・」。太ももにギュッと力が入り、股間に埋めた顔を強く挟みこみながら絶頂に達する。「うううう。はぅ・・・いっちゃった・・・すごい上手ですね」「可愛い娘だからいって欲しかったんだ。大丈夫だった」「はい。すごい気持ちよかったぁ。今度は私がしてあげ・・」と言いかけたのを制し、指でクリトリスを弄る。「だめ、だめ、何もできなくなっちゃう」「じゃあ、うつ伏せになって」。

素直にうつ伏せになるらんちゃん。うつ伏せのバック素股です。自分の愛液でぐしょぐしょなのでローションは要りません。完全勃起状態のペニスをバックから脚の付け根に挟み込む。「あっ」。一瞬、亀頭が膣口をつついたみたい。「ちょっと怖い」「大丈夫、太ももにキュって力を入れてたら入らないよ」。らんちゃんとのバック素股はめっちゃ密着感があって気持ちい。調子に乗って自分で腰を振っているといっちゃいそう。ちょっと動きを止め、何気なくらんちゃんの背中を舐める。ビクン。らんちゃんの体が震える。背中の別な場所を舐めるとまたビクン。どうやら、らんちゃんの最大の性感帯は背中みたい。らんちゃんがビクンとすると太ももの締め付けが緩み、また膣口に当たりだす。「あっ、あっ、だめ。だめ」。このらんちゃんの反応にS心が刺激され、射精感が迫る。

ふと見ると、うつ伏せにしていたので、らんちゃんの乳房が押しつぶされて、左右にはみ出している。そうだ、最後はパイズリ!ペニスを引き抜くと、らんちゃんを仰向けにする。胸の谷間にペニスを挟み込むと、らんちゃんの両手で左右からペニスを包み込ませる。自分が上になって腰を振るパイズリ。大きく腰を振ると時々、亀頭が胸から跳ね出る。もし、その瞬間にいったら・・・よからぬ妄想に我慢は限界。「うっ、出る」。ビュッ。胸に挟まれてペニスの先から、ちょうど谷間を通って、らんちゃんの顔をめがけて精子が飛び出る。

「キャッ!」。少しそれた精子はらんちゃんの首を汚す。「あぁ、びっくりした。元気なんだもん。でも、このパイズリは初めて。なんか興奮したぁ」。らんちゃんの首元をティッシュとタオルで優しくぬぐい。しばらくらんちゃんを腕枕し、空いた片手でおっぱいを揉みながら添い寝。すると、らんちゃんは絶頂に達した疲れが出たのか、かすかな寝息を立て始める。

その可愛い寝顔を見ていると、悪戯心がむくむくと膨れ上がってくる。らんちゃんの頭の下からそっと手を抜くと、らんちゃんをうつ伏せにし、半勃ちのペニスを挟み込む。
まだ、らんちゃんのあそこは濡れたままなので、気持ち良い。腰を振っていると段々ペニスが硬さを取り戻してくる。すると、目を覚ましたらんちゃんが寝ぼけた感じで「あっ、あん。何してるの?」。問いには応えずに腰を振り続ける。「あっ、あっ、さっきいったばかりなのに元気ぃ」。すっかり目が覚めたのか背中を舐めるとまたもやビクンと震える。「あっ、あっ、あっ」。勃起前から刺激されていたので、もういっちゃいそう。あっ、フェラしてもらってない。「咥えてもらっていい?」「うん」。最後は、らんちゃんにフェラしてもらい、1分ほどで2度目の発射。らんちゃんは口の中から精子を出すと「2回目なのにいっぱい出たね」と嬉しそうに微笑む。

ここで、タイマーが鳴り、シャワーへ。ホント、充実して気持ちいい90分でした。
らんちゃんは本指名でも遊んでみたいですね。巨乳好き、美形好きな人にオススメです。

キャラメル西中島店

▲ Return to page top

2010-09-22

やすらぎ

BodySize 159cm B:88cm W:64cm H:96cm

メッセージ:?
Date 2010年09月14日(火)

女の子のレベル= ★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神IIさん44歳の体験談+++++++++

お金は無くてもスッキリしたい!というわけで、まいどねっとモバイルで検索して見つけたのが難波のホテヘルやすらぎ。
新規客限定で90分全込み1万2000円の激安価格。早速、火曜日の正午頃、「まいどねっと見ました」と電話して店の場所を聞く。難波でも南西のはずれの方でした。店へと歩きながら店のホムペを携帯でチェック。嬢のプロフを見ると、年齢40歳以上、ウエスト65センチ前後の嬢が多い。
一般に、風俗嬢のプロフでウエスト61センチ以上と書いてあると、実際にはウエストが70センチから80センチ以上のビヤ樽みたいな嬢が出てくるのでちょっとテンションを下げ気味でお店へ。

ところが店内に貼ってある写真を見て、テンションが上がる。顔は映ってないけど、きれいなボディラインの写真ばかり。

カウンターに目を移すと、並べられたパネルは8枚で直ぐに遊べる嬢は3人。
壁に引き伸ばされた写真の本人らしき嬢はやはり予約がかなり入っているのでパス。パネルのプロフを見ると、やっぱりウエストの数値は65センチ前後の嬢が多いけど、修正のあとがない写真を見る限り、みんななかなかのスタイル。そこで、他の方も体験談を書いてた20代のまこちゃんを指名。数分で本人と会ったけど、ウエスト64センチ表記なのにやっぱり太っていません。つまり、この店は体のサイズとかは本当の数値を書いてるんですね。

ホテルは四つ橋線難波駅近く。結構距離があります。部屋に入ると、まこちゃんはまず店に入室連絡の電話。その後、持参のペットボトルのお茶をコップに注いでもらい、お風呂の用意ができるのを待つ。「お風呂に行きましょう」とまこちゃんの誘いでお風呂へ。格安店ですが、高級店のように丁寧に体を洗ってもらい大満足。お風呂から出てプレー開始。まずベッドに座りディープキス。そのまま唇を下方にずらしていき、乳首を口にふくむ。「はっ、はぁ、あああああ」。小さな喘ぎ声が漏れる。まこちゃんの喘ぎ声は演技じゃないのでめっちゃ下半身に響く。愛撫への素直な反応にプレーだということを忘れそう。

指を割れ目に沿わせるとすでにしっとりと濡れている。人指し指の腹でクリトリスを優しく引っ掻くように撫で上げる。「あぅ、うううう、はぁ」。ホンマにええ声でないてくれます。とどめは指挿入ありのクンニ。ちょっと時間はかかったけど、見事に絶頂へ。

「今度は俺を気持ち良くして」「はい」。仰向けに寝ると横に座り、軽くキス。そして、乳首を口に含んでくる。「乳首は感じますか?」「ペニスを刺激されながらやったら感じるけど、単独やとそうでもないかな」「こうですか?」。股間に手を伸ばし、やんわりと手コキしながら、乳首を舐めてくる。「あ、ふぅ」。思わず女の子のような喘ぎ声を漏らしてしまう。「ホントにこうすると感じるんですね」。

そのままされるがままになってるといっちゃいそうだったので、反撃。体を起こし、まこちゃんにのしかかる。乳首を舐め、手マン。しっかり濡れていることを確認し、ローション無しの正上位素股。まこちゃんは手を添えないので時々、亀頭が入り口をノックする。まこちゃんは、侵入されないよううまく腰をねじって危険を回避。それでも、亀頭は十分に刺激されて気持ちいい。「うつ伏せになって」と命じると、黙って従うまこちゃん。この辺は、ホントMっぽいんですよね。

背後から両脚の太ももの付け根にペニスを挟み込む。キュッと脚を締めてるので密着感があってむっちゃ気持ちいい。深く突き刺すと亀頭がクリを刺激するので、まこちゃんも感じている。「はぁ、はぁ、はぁ」。一生懸命に腰を振るこちらの動きにあわせ、まこちゃんも喘ぐ。「あっ、あっ、あっ、あっ」。「気持ちいいの?」「うん」「どうして?」「クリに当たってるから」。この答えに腰の動きをさらに加速。「あっ、あっ、あっ、あっ」「うううう、いきそう。背中にかけるよ」「うん」。いく瞬間にペニスを引き抜き、まこちゃんの背中に発射。「あっ、熱い・・・」。まこちゃんの背中をティッシュで拭いてあげ、添い寝。

色々話を聞いてみると、まこちゃんは、このお店が風俗デビューのまったくの素人嬢。人妻店だと知らずに面接を受け入店したといううぶっぷり。
そんな素人の女の子と添い寝しながら、胸をまさぐっていると、股間がまたもや大きくなってくる。「口でして」「はい」。まこちゃんの濡れて柔らかくて温かい口に包まれて、ペニスは完全勃起。しばらく、フェラをさせてから、今度はベッドに立ち上がり、仁王立ちフェラに移行。まこちゃんの手を抑え、小刻みに腰を振る。手を離してもまこちゃんは口だけでご奉仕を続けてくれる。Sっ気を刺激され、乳房を少し荒めに揉みながら、口の中でフィニッシュ。気持ちよく2回連射できました。

とにかく、このお店は嘘がないので、まずパネル見学だけでもいってみることをオススメします。
40代の女性なのにすごくきれいでプロポーションの美人妻もいるみたいです。

気に入った嬢がいたら即指名しても絶対後悔はないですよ。

やすらぎ

▲ Return to page top

2010-09-06

クラブシャングリラ

BodySize 154cm B:85cm W:56cm H:86cm

メッセージ:美人でスタイル抜群な新妻さん礼儀正しくマナーが良い まさにエグゼクティブな女性です。
Date 2010年09月01日(水)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神IIさん44歳の体験談+++++++++

特別半額券が当たったので、水曜日の午後3時前、難波のホテルヘルス、クラブシャングリラで楽しんできました。
まず、結論から書きます。「ホテヘル以上、ソープ未満」のキャッチコピーは嘘じゃありません。
本番こそありませんが、並みのホテヘルでは体験できない、濃厚で気持ちいい時間が待ってました。

では、どんな風に?これから紹介しましょう。
まず、店に電話し、半額券が当たったことを電話で伝える。「おめでとうございます」と女性スタッフさんが明るく祝福してくれます。店の場所を聞き、早速訪問。お店は御堂筋線から四つ橋線の難波駅への動線となる道に面したビルに入っているので、人通りが多く、ビルへの出入りに少し気を使うかな。気になる方は、サングラスかマスクを用意しましょう(笑)。
階段で3階に上がった右側の入り口を入ったところが受付。先客が受付中なので待合室へ。ここはちょっと狭くて4人も入ればいっぱいかな。受付を待つ5分ほどの間に、もう1人来店。噂通り、なかなかの人気店のようです。自分の番になりカウンターの前へ。思ったよりパネルは少なくて7枚ほど。ただし、ブス、デブは1人もいません。他の方の体験談では数時間待ちも珍しくない!とのことですが、この日は幸いなことに、化粧直しの時間だけの嬢が2人。でも、その横のパネルの鈴木絢香さんの顔が美人でめっちゃ好み。身長154センチ、バスト85、ウエスト56、ヒップ86とプロポーションもなかなかのもの。待ち時間を聞くと約40分で3時25分の案内、とのこと。長時間待ちを覚悟していたので「待ちます」と即答。
待合室に戻ると、すぐにスタッフさんがおしぼりとマムシドリンクを持ってきてくれる。爪を切り、雑誌を読んで待っていると、きっかり3時25分に声が掛かる。

「お待たせしました。絢香さんがドアの前でお待ちです」。実際に会った絢香さんは、パネルよりもずっと可愛くて魅力的。通りの人目が気になったのでホテルまでは別々に歩き、ホテルのフロント前でようやく絢香さんと手をつなぐ。「キレイやね」「えっ、そんなことないよ。すごい待ってもらったんですよね。ごめんなさい」「パネル見て、君しかない、と思ったから。そしたら、実物はパネルよりずっと美人やったから、今、むっちゃ幸せやわ」「ホント?でも嬉しい!ありがとう」。

部屋に入ると、絢香さんは店に入室連絡してから、お風呂の準備。用意したペットボトルからミネラルウォーターをコップに注ぎ、勧めてくれる。そしてお風呂にお湯がたまる頃合いを見て、洋服を脱がしてくれます。普通に脱がすんじゃなくて、背後に回って胸をまさぐるようにボタンを外したり、パンツを脱がすときはわざとペニスを擦るように手を動かしたりしてくるので、もうペニスはピンコ立ち。完全に勃起したペニスを見て「うわぁ、すごい大きい」と絢香さん。「私も脱ぎますね」「ブラのホックを外させて」「お願いします」。ブラのホックを外すと推定Dカップの美乳があらわになる。思わず、乳首に吸い付く。「あっ、うっ、うっ」。乳首を舌先で転がしながら、ショーツの上からクリのあたりを擦る。「あん、あぁ、気持ちいい。お風呂行きましょう」。

お風呂に入ると丁寧に体を洗ってもらう。少しお風呂で温まってから、浴槽のヘリに腰掛ける。ここからローションプレーの始まり。まず、手の指から足の指までくまなく舐めたり、口に含んだりしながら、体を擦り付けてくれる。ソープランドのようなマットプレーこそないものの、絢香ちゃんの肌と触れ合うヌルヌルのローションプレーはムッチャ気持ちいい。こっそり自分の手にもローションをつけ、絢香さんの胸とクリトリスを愛撫する。「あっ、あっ、いい、上手!」。感じてきた絢香さんのペニスを擦る手の動きが早くなる。クリを擦る動きと絢香さんの手の動きが完全にシンクロ。正直、もういっちゃいそう。でも、2回できるか自信がなかったので我慢。すると、絢香さんが手コキを続けながら、空いた左手でこちらの指を抑えようとする。「だめ、もういっちゃう」「いいよ。いっちゃって」「えっ、いやっ、あっ、だめ、いっちゃう。いく、いく」。絶頂に達した絢香さんがぐったりと体を預けてくる。息を弾ませながら「ベッドに行きますか?」。

ベッドでは絢香さんに奉仕してもらう。仰向けに寝転ぶと、絢香さんが覆いかぶさってきてディープキス。絢香さんの唇がそのまま下がってきて、胸や体中を這う。ペニスをスルーし、唇は脚へ。足先まで舐め、また上がってくる。そして、ようやくペニスへ。ローション手コキとフェラの複合技は迫ってくる射精感を我慢するのが辛いほど。なので、ここでちょっと反撃。上半身を起こし、そのまま絢香さんを押し倒す。割れ目に手をやると、しっとり濡れてて、エロい感触。そのままちょい強引気味にクンニすると、「あっ、あっ、またいっちゃう。いっちゃう」と喘ぎ、2度目の絶頂に達する。

「感じやすいの」「そんなことないと思うけど」「でも、こんなに濡れてるよ」。言いながら指でクリを愛撫すると「いやっ」と絢香さん。「でもこんなに濡れてるよ」「お願い。中をお願い。いっちゃうと、クリはくすぐったくなるから、中の方が感じるの」。指を挿入し、動かすと「あぁ、いい、気持ちいい。そこ、そこ」と喘ぐ絢香さん。ひょっとしたら潮を噴くんじゃないのってくらいの喘ぎっぷり。「それだけ感じると欲しくならない」。愛撫しながら聞いてみる。「それは違うの。お店の方針もそうだし、私もしない、って決めてるから」「他の子もそうなの?」「うん。だから、安心して働けるし、いい子が揃ってるんだと思うよ」「じゃあ、いいお店にめぐり合ったんやなぁ」「はい。でもね。こんなに感じさせてもらったのは、(あなたが)初めてです」。なんて嬉しいことを言ってくれる女性でしょう。それなら、一緒に気持ちよくなろう。

まず、正上位素股。絢香さんの手がペニスを自分のクリに押し付けてくれます。腰を振るとクリが擦れ、「あっ、あっ、あっ」と絢香さんが喘ぐ。「今度は上になって」「はい」。騎乗位素股は絢香さんが指で作ったホールにペニスを挿入し、上で絢香さんが腰を振ると、ペニスが擦れて気持ちいい。しかも、指なので締め付け具合も自由自在。そして次はペニスをお知りのほうに隠しての騎乗位素股。これは、自分のものが見えないので「ひょっとして入ってる?」って感じる上級の素股ですね。この体位だと、絢香さんの割れ目の前に邪魔者がなくなるので指でまた悪戯できます。指を絢香さんの下に潜り込ませ、何とか挿入させることに成功。すると腰を振るたびに、絢香さんも気持ちいいみたい。喘ぎながら腰を振る姿に我慢できず、ついに発射。ペニスがお尻に擦り付けらていたので、精子が絢香さんの背中を汚す。「そのままにしてて」。ティッシュを取り、拭いてあげる。「ありがとう。でももう大丈夫」。

ベッドに仰向けに寝転ぶと絢香さんが掛け布団を掛けてくれ、横に潜り込んでくる。間近で見てもやっぱり可愛い。「可愛いなぁ」「もう、照れるから、言わないで」「そう言えば、すごい待ち時間があるお店って聞いてたけど、今日は2人すぐにいける子がいたよ」「今日は珍しく、予約が少ないみたい。土曜日とかはすごい待ってもらわないといけないかも」「へぇ。今日は運が良かったんやね」「そうかも」「絢香ちゃんに会えたしね」。話をしながら、絢香さんの割れ目に手をやるとまだ濡れている。「あっ、あっ」「まだ、濡れてるね」「今日はどうしたんだろう」「感じてくれるのは嬉しいよ」「本当!」。布団の中に頭を突っ込み、乳首を吸ったり、クリを愛撫し、絢香さんの喘ぎ声を聞いていると、ペニスに血流が集まってくる。絢香さんの手をペニスに導く。

「あっ、また硬くなってる」「口でして」「はい」。絢香ちゃんが横に座りフェラをしてくれる。手を伸ばし、指でクリを愛撫。「あっ、あっ、だめ。また気持ちよくなってくる」「俺も、気持ちいいよ」。フェラを続けながらも喘いでいる絢香ちゃん。「あっ、はぁ、はぁ、あっ、また、いきそう」「俺もいくよ」「うううううううっ」「出るっ」「・・・・」。絢香さんは、3度目の絶頂で体を小刻みに震わせながらも懸命に口中で受け止めてくれる。最後の一滴まで吸い取ってくれる。「気持ちよかったよ」「うん、いっぱい出てた」「ゴメンネ。待合室の貼り紙に『女の子はいかせて欲しい、って思ってない』って書いてたから、あんまりいかせちゃダメなのかな、って思ったけど、何回もいかせちゃったね」「大丈夫ですよ。本当に気持ちよかったし。でもねあんまりお客さんがせめるのに一生懸命になると時間がなくなっちゃうから・・・」。

この後、お風呂に入り、ゆったり体ほぐしたあと、チェックアウト。別れ際にも「この後もお仕事頑張ってくださいね」と優しい声を掛けてくれた絢香ちゃんにべた惚れしちゃいました。
こんなステキな女性と会うきっかけを作ってくれたまいどネットさん、シャングリラさんありがとうございました。
そして、絢香ちゃん、また会いにいくから待っててね。

クラブシャングリラ

▲ Return to page top

2010-09-03

てんやくらぶ108G

BodySize 150cm B:85cm W:57cm H:85cm

メッセージ:北海道出身のドMっ子、あかねちゃん☆♪ビジュアル&スタイルともに正直言って可愛いです!!さらに落ち着いた雰囲気の中からも滲み出てくるかのような色香を感じさせてくれます☆笑顔もとっても可愛いくて最高!
Date 2010年08月26日(木)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神IIさん44歳の体験談+++++++++

夕方までかかると思っていた仕事が3時前に終了。日本橋に出てからまいどモバイルで検索。新しいお店、「てんやくらぶ108G」を発見、早速行ってみました。
「まいどねっと見ました」と電話して向かったお店は日本橋エリアでも道頓堀川沿いにあり、道路に面したドアを開け、階段を上がった2階が受付。カウンターの上にはパネルが10枚以上。
どの娘もまずまずのレベル。まず料金の説明。ロングイベント中で100分全込み1万5千円。余裕を思って遊べる時間なので、絶対好みの容姿の女の子がいいので、パネルを見て一目で気に入ったあかねちゃんを指名。「40分くらい待ち時間がありますが構いませんか」「大丈夫です」。40分ちょい待ち、対面したあかねちゃんは写真より、ギャルっぽくて可愛い。

「可愛いね」「えっ、うまいね。みんなにそう言うんだぁ」「言わへんよ。ところであかねちゃんって、浜崎あゆみが好き?」「うん。どうして」「南下、雰囲気が似てるから」「嬉しい」。そう、あゆっぽい、大人の雰囲気とギャルっぽさをあわせ持ってるんです。
ホテルまで手をつないで歩き、和風の部屋にチェックイン。ゆっくりシャワーを浴び、体を洗ってもらいながら話していると、あかねちゃんは疲れているみたい。「あかねちゃん、少しマッサージしてあげようか?」「えっ、ダメだよ。そんなのお客さんにしてもらえない」「いいよ。彼にマッサージしてもらうくらいのつもりでいいじゃん」「じゃあ、お風呂でたら少しお願い」。お風呂を出てベッドルームでマッサージタイム。バスタオルを体に巻きつけ仰向けになるあかねちゃん。足の裏を揉んであげると「痛っ」と悲鳴を上げる。「ごめん。痛かった」「少し・・」「じゃあ、ここは」。少し場所を変えると「いっ、痛、気持ちいい」。続けていると「あぁ、気持ちいい。眠くなっちゃいそう」「眠ってもいいよ。その間に悪戯するけどね」「怖い(笑)」。

そんな会話をしながらも、だんだんあかねちゃんの反応が鈍ってくる。ふと見ると、目を閉じほんとに眠ってるみたい。試しに、足裏マッサージをやめ、足首から太ももへと撫で上げてみる。「んんんんー」。そっとクリトリスに触れてみる。「うーん、あう」。微妙な反応。そのまま、指で愛撫していると、割れ目から愛液が溢れ出してくるのに喘ぎ声は「んんんんー」と微妙。本当に寝ちゃった?ちょっと夜這いプレーみたいで興奮してくる。指でクリトリスを、舌で乳首を同時に愛撫していると、割れ目はびしょ濡れに。足を開かせ、正上位素股の体位に。ペニスを割れ目に擦りつける。「うふん、うん、うん」。ホテルヘルスで女の子が寝ちゃってるという異様なシチュエーションに興奮したのかあっという間にあかねちゃんのお腹の上に射精。枕もとのテイッシュを取ろうと移動したときに「気持ち良かった?」と不意にあかねちゃんに尋ねられる。「あれ。寝てなかった?」「危なかったけど・・・なんとか」「でも、うとうとしてたよね」「ちょっとね」「もし、挿れられたらどうするの?」「お兄さん、優しそうだったし。擦り付けてきたときは完全に起きてたよ」「なーんだ」。

時間がまだまだ余っていたので、今度は二人ともマジで仮眠。15分ほどして起きると、あかねちゃんは熟睡中。そのかわいい寝顔にキス。残念ながら、舌は入らない。乳首を舐め、クンニになると今度は完全に喘ぎ声が聞こえてくる。「あっ、いい、いい、そこ、いい」。クンニを中断し、手マンしながら、頭をあかねちゃんの横に持って行き、話しかける。「起きちゃった?」「だって、悪戯するんだもん」「いけそう?」「うん」。クンニを再開。同時に人差し指を挿入し、第二関節あたりで曲げて膣の上辺りを愛撫する。「ひゃっ、それ、そこ。いい、それいい」。続けていると「はぁ、はぁ。いきそう」「いっていいよ」「あぁ、いい、いく、いく、いく、いっくぅ」。絶頂に達しぐったりするあかねちゃんにキスをし、「口でして」とお願い。仰向けになると、あかねちゃんのフェラが始まる。まるで歌姫にフェラされてるみたいで気持ちいい。リズム感よく、手の動きが加わるのでペニスは完全に勃起。「もう1回、素股しようか」「うん」。仰向けに寝転んだあかねちゃんに覆いかぶさり正上位素股。「はぁ、はぁ、あっ、当たって気持ちいい」「どこに当たってるの?」「クリに・・・」「クリに何が当たって気持ちいいの?」「クリに硬いおちんちんが当たってるぅ」。

さらに腰の動きを早くし、あかねちゃんの「あぁん、あぁ、あぁん、あぁ」という喘ぎ声とともに2回目の発射。この後もいちゃいちゃしながら、手コキで3度目の発射したところでちょうどタイマーが鳴る。「俺、3回もいけると思わへんかった」「3回ともいっぱい出てたね」「あかねちゃんが可愛いからやな」「もう、うまいんやから。でも嬉しい。私も気持ち良かったよ」「じゃあ、また指名してもいいかな」「本当?」「もっと仲良くしよな」「うん!」。

部屋を出るときに時計を見ると、チェックインしてから時短無しのきっちり100分でした。
パネルと本人は少し雰囲気が違いますが、あかねちゃんは掛け値なしにいい子です。

今日はせめてる時間が長かったので、今度はせめられてみようかな。あかねちゃん、ありがとー。

てんやくらぶ108G

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search