2012-06-28

ロイヤルオーシャン

BodySize 163cm B:?cm W:?cm H:?cm

メッセージ:頑張りますので会いに来て下さい♪

Date 2012年06月25日(月)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神IIさん44歳の体験談+++++++++

給料日の帰宅途中、電車のダイヤが乱れていたので天王寺で途中下車。「これも何かの縁」と、改札を出て、携帯片手にまいど風俗ネットで、天王寺エリアの店探し。お気に入りのホテルエステ店「ロイヤルオアシス」が、『蒸し蒸し梅雨イベント』で100分2000円OFFだったので行ってきました。
平日の20時過ぎとあって、結構、プレー中の女の子が多く、それでもすぐにプレーが可能な4枚のパネルの中から、163センチDカップとスタイル抜群で美形のめいちゃんに決定。
100分のプレー料金1万8千円からイベントで4000円引いてもらい、パネル指名料の1000円とホテル代の2000円の総額1万7000円を支払う。めいちゃんとはビル3階の店の前で対面。可愛いけど少し愛想が無い感じかな。事務的な感じで「横歩いても大丈夫ですか?」「雨降りそうですね」などと話しながら、すぐ近くのホテルにチェックイン。
部屋に入るとめいちゃんが「あのぉ・・・聞いてもいいですか?」と質問してくる。
「いいよ」
「今日ってパネルで選んでくれたんですよね。このお店って美人が多いのにどうして私を選んでくれたんですか?」
「えっ?だって、君、可愛いやん」
「えっ、嘘ぉ」
「ホンマやって。そうじゃなかったら、選ばへんよ」
「そう言ってもらえると嬉しいです」
「全然大丈夫やよ。もうこのお店は長いの?」
「一カ月くらいです」
「じゃあ、他の風俗みたいな仕事の経験は?」
「全然ないんです。しかも風邪ひいて1週間休んでて、今日、久しぶりの出勤なんです。だから緊張してて・・・」。
愛想が無い感じは緊張してたからだったんやね。緊張が解けると、めいちゃんはとっても話しやすく、とっつきやすい娘で、思わず話し込んでしまうほど。
「あっ、話してるとマッサージする時間無くなっちゃうよ」
「あっ、ホンマや。じゃあ、シャワー浴びてくるね」
「私も後から、お背中流しに行きます」。
体を洗ってもらうと、ベッドに移動しエステタイム。

100分コースは、指圧+オイルマッサージ+ジェルを使った性感マッサージという流れですが、オイルマッサージは無香料でも後から落とすのが大変だったりするので、オイルは使わずにマッサージをしてもらうことに。
まず、うつ伏せになり脚の先からふくらはぎ、太もも、腰とマッサージ。途中、力加減とかを聞いてくれます。いつも思うことなのですが、このロイヤルオアシスのマッサージはなかなか本格的。疲れが取れるうえ、ちゃんとリンパも流してくれるので、フィニッシュの気持ち良さが違います。
仰向けになり、太腿の前面や肩をマッサージしてもらう時には腕を伸ばし、めいちゃんの太ももにタッチ。
ソロソロと動かすと「うふっ、くすぐったい」とめいちゃん。
「くすぐったいから、動かしちゃダメ」。そう言うと手を握り、太ももの上に置いてくれる。触っちゃダメ、って言われると思ったのに意外!時々、動かしては戻される、といった行為を繰り返していると、「はい、性感に移ってもいいですか?」とめいちゃん。
「うん」
「じゃあ、もう一度うつ伏せになってください。ゼリー使いますね」。
内腿を鼠蹊部に向かって揉み上げてくれると血流が股間に集まってきて、だんだん勃起してくる。そして、めいちゃんの手が時々ペニスや睾丸に触れると、思わず声が漏れる。
「うっ、あっ」。気持ち良くてお尻を突き上げるような形になると、めいちゃんが後ろから、ごく軽く手コキ。
「あぁ、気持ちいい」。思わず声に出してしまう。
「気持ちいいの?」
「うん、気持ちいい」
「じゃあ、仰向けになって」。
仰向けになると本格的な手コキが始まる。負けじとこちらもキャミソールごしにめいちゃんのブラジャーに手を伸ばす。
カップを包むように触るのはOKみたい。でも、カップごしに慎重に乳首を探し当てて擦ると、「あん、もう、それはダメ」と叱られ、手を下におろされちゃいました。
今度はその手を内股に伸ばす。もう少しでショーツの股部分に指先が届きそう。でも、手コキが気持ちよくていきそう。どうせなら、いく時は、めいちゃんを触っていたい。ということで、もう一度ターゲットを胸に変更し、ブラジャーにタッチ。そして、ブラジャーごしに揉み揉みしながら「あぁ、いきそう」とアピール。
すると「うん、もう、いってもいいよ」。
「あぁ、きもちいい、いくいく、あっ」。
途中にも書きましたが、このお店での手コキフィニッシュは、他店の追随を許さない気持ち良さですね。
他の店でなら、いっても、まだ残ってる感じがして、中途半端に勃起したりするのですが、一滴残らず噴出した感じ。
しかも、嬉しいことに、いつもはプレー後のシャワーは一人で入るのですが、この日はめいちゃんが入ってきて、体を洗ってくれました。スッキリしてしかも癒されてと言うことなし。ストレスを抱えるサラリーマンには最適なお店ですね。

ロイヤルオーシャン

▲ Return to page top

2012-06-15

性器待伝説

BodySize 148 cm B:105cm W:62cm H:95cm

メッセージ:またまたきました!!!超爆乳美女!!なんとGカップ!!!
しかも超ドMのほとんどのオプションOK!!かなりいじめがいのある女の子です♪
超責め好きのラオウ様にかなりおすすめでございます!!

Date 2012年06月06日(水)

女の子のレベル= ★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神IIさん44歳の体験談+++++++++

 何だかムラムラする水曜日の夕方。携帯電話片手に、寂しい財布の中身でもきっちり遊べる店をまいど風俗ネットで検索。
日本橋エリアで見つけたのが、割引情報欄に【6月30日期間限定】75分7800円!!
◆入会金、ホテル代全込み◆という超激安情報を掲載していた「性器待伝説」。
早速、日本橋のホテル街の一角から「まいど風俗ネットで見たんでですけど」と店に電話し、システムの確認。すると、このイベントは女の子は店任せだとのこと。
「75分で手軽に抜きたいって方におススメです」と電話の向こうのスタッフさん。ちなみにパネル指名なら十数人から選べるとの事でしたが、今すぐに行ける娘は4人との事。だったら、運を天に任せて「お任せで100分にします」。
「はい、じゃあ、女の子は任せてもらって、料金は100分で、全て込み12800円になります。○○○○○というホテルはわかりますか?15分くらいしたら女の子を行かせますので、そちらのロビーで待ち合わせということにしてください」。

わくわくしながら、ホテルへ。ところがホテルに入ると入室待ちのご同輩が5、6組はいます。思わず店に電話。
「今、○○○○○なんですけど、かなり入室待ちが出ているみたいなんですけど」
「大丈夫ですよ。先に電話で部屋を押さえておくので、女の子が着く頃には入室できるはずです」。
実際に10分ほどして、嬢が着くとすぐに部屋に案内される。やってきた嬢は、てるまちゃん。店のサイトにプロフが出ていますが、写真よりは少しぽっちゃりかな。でも、顔は美形です。女の子を店任せにすると、人気の無い娘をあてがわれるイメージがありますが、てるまちゃんならラッキーですね。
てるまちゃんが店への入室連絡の電話を済ませると、少し雑談してからお風呂へ。大事なところだけをしっかり洗ってもらい、ベッドルームへ。
「オプションバッグ持ってきてるんですけど、何か使いますか?といっても、ピンクローターとこの大き目のバイブと中くらいのバイブくらいなんですけど」
「じゃあ、ローターと中くらいのバイブで」。
最初キスをしようとしたら顔をそむける素振りをしたので、キスはNGなのかな、と思い、まず愛撫。乳首を優しくせめ、喘ぎ声が漏れ始めたところで、もう一度唇を重ねにいく。すると、今度はしっかり、唇を合わせてくれて、舌を挿し込むと絡め返してくれます。
次いで、クンニ。クリトリスはかなり感じるみたいです。少し濡れてきたところで指の挿入を試みる。あそこはかなりきつめ。これじゃあ、かなり濡れさせないと、バイブ挿入なんか無理なんじゃないの?と思い、器具に頼ってみることに。ローターのスイッチを入れ、割れ目に押し当てる。
「あっ、ああっ」。ぽっちゃり気味なので、割れ目にも挿れたら気持ち良さそうな肉がついています。そこで、その肉をかき分けるようにローターをクリトリスに押しあてる。
「あっああっ、いい!」。仮性包茎の男性が剥かれて愛撫されるとすぐいっちゃうように、普段、クリが隠れているだけに、露出させて愛撫するとかなり感じています。急に愛液の量も増えたのでここでバイブの出番。クリトリスをローター、膣をバイブ、そして乳首を舌と3カ所を同時にせめてみる。
「あっ、あああ、いい、いい、いい・・・いっちゃいそう」
「いっていいよ」
「あぁ、あぁ、いいい、いい、いきそう、いく、いく、いく、いっくぅ」。
バイブを咥えこんだまま、全身をピクピク痙攣させながら絶頂へ。
しばらく休んで落ち着いてから、仰向けになり、てるまちゃんのご奉仕を受けることに。てるまちゃんの舌が乳首からわき腹、内腿へと這い、亀頭に達する。
上から唾液を垂らし、それが亀頭を伝って落ちるのを追いかけるように唇がペニスを咥える。そして、一心不乱に頭を上下動させたかと思うと亀頭だけを咥えて、竿を手コキ。そのコンビネーションを続けられて、射精感が高まってくる。何とか自分のペースに戻そうと「素股はしないの?」と聞いてみる。
「う〜ん、正上位素股ならするけど、万が一のことがあるからゴム着けてもらっていい」
「いいよ」。
ゴム着用なので、一瞬亀頭が見えなくなりそうになるくらいのギリギリの素股を許してくれます。最高の擬似セックスを楽しんだ後は、いよいよフィニッシュ。
「ゴム取って、口でしてもらっていい?」
「うん」。
もう一度、フェラをしてもらい。最後は口の中に発射。ところが溜まっていたので、大量に出てしまい、てるまちゃんはむせてグフッと少し吐き出してしまう。慌てて手で口を押さえても、指の間から漏れる白い精子。そのAVのような光景にたまらない満足感を覚える。その後、少し休もうとベッドでピロートーク。

「いきやすいの?」と聞いてみる。
「そんなことないよ」
「でも、今日はすごいいってたよ」
「今日は溜まってたっていうか、ちょっと性欲が強い日かも」
「じゃあ、俺が強引に誘ってたらどうだった?」
「そんなの、わかんない」。
なかなかいい展開のトークですが、1回目に大量に出すぎたのか2回戦は不発。ちょっと残念でしたが、それでも大満足の100分間でした。
このお店はぽっちゃり系が多いようですが、顔は悪くないみたいです。サクッと抜くなら、嬢は店にお任せでも大丈夫だと思いますよ。

性器待伝説

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search