2013-04-26

スピードエコ日本橋店

BodySize 156cm B:86cm W:58cm H:88cm

メッセージ:?
Date 2013年04月22日(月)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

日本橋エリアで「若い女の子とお得に遊びたい」と、スマホ版まいど風俗ネットでホテルヘルスを検索。見つけたのが、「スピードエコ日本橋店」。新着情報を見ると色々お得なイベントを実施中です。

まず、日本橋駅の7番出口付近から店に電話し、場所を確認。7番出口から少し堺筋方向に戻ってから右に曲がって次の角にある建物の1階左側です。

ドアを開け中に入り、「さっきまいど風俗ネットみて電話したものです」。

「はい、ありがとうございます。で、何かお得なイベント載ってましたか?」
「はい。これなんですけど、他のスピードエコの会員証を持ってると、このイベントは適用無いんですよね」
「はい、その代わり、店の公式サイトのは利用できますよ」。

ということで、この日はホテル代込み90分1万5千円のイベントで遊ぶことに。パネル指名料は追加で1000円必要です。「すぐにいける娘だと、この娘とこの娘とこの娘、3名になりますね」。話しながら、スタッフさんがパネルを並べ替える。20枚以上のパネルの中から、月曜日の午後3時前ですぐにいける娘は3人でした。その中できになったのが「はる」さん。

パネルを手に取り、スタッフさんに見せ、「この娘はどんな感じの娘なの?」と聞いてみる。「この娘はいい子なんですが、耳が聞こえなくて話せないので、会話はすべて筆談でのプレーになるんですがかまいませんか?」。ちょっと不安はあったものの、顔が好みなので、了解し、パネル指名料込みで1万6千円を支払い、缶コーヒーをもらって待合室へ。

10分と待たずに声が掛かり、店の前ではるさんと対面。パネル通りの可愛い娘です。しかも、服の上から見てもスタイルがいい。身振り手振りで案内され、ホテルにチェックイン。部屋に入ると、はるさんがA4サイズくらいのパネルを取り出し「お風呂の準備してきますね」と書き、筆談開始。お風呂から戻ると、さらに名前や出身地、趣味など、結構細かく聞かれます。最初は面倒くさいなぁ、とも思ったのですが、こちらも聞き(書き?)返しているうちに、段々、はるさんと打ち解けてくるのがわかります。

普段、店の女の子と雑談するより長め、15分近く筆談したところで、はるさんが「お風呂行きますか?」。簡単な答えは頷いたり、首を振ったり、手でバツを作れば書かなくても大丈夫です。さすがにお風呂にはホワイトボードは持って入りませんが、こちらは身振り手振りで大丈夫。お風呂から出ると、枕元にホワイトボードを置き、ベッドイン。キスをし、背中に手を回して支えながら、ゆっくり寝かせます。

何度かキスをした後、唇を乳首に移動させる。左右の乳首を丹念に愛撫すると。はるさんの口から「あぁぅ、ああっ」と喘ぎ声が漏れる。はるさんは生まれつき耳が聞こえないせいで喋れないので、音は出せます。つまり、これは芝居じゃない本当の喘ぎ声というわけです。その証拠に、手を下腹部へと滑らせると、ぐっしょりと濡れています。指先に愛液をつけ、クリトリスに擦り付けるように愛撫。「ああああっ。あああっ」。

まず、逝かせてあげることにし、クンニ。指を挿入して、膣の天井を擦りながらのクンニは効果覿面。「ああぅ、ああぅ、ああっ」と体を大きくくねらせて喘ぎ、ついには「んああっ」と絶頂に。すこしぐったりしているはるさんの口元にペニスを近づける。すると寝たまままずペニスを舐め、それから上体を起こし、本格的なフェラに。

事前に筆談で聞いたところ、フェラで逝かせることが一番多いというだけあって、うまいですね。気持ちいい。咥えてもらいながら、手を伸ばしホワイトボードを取ると「素股大丈夫?」と書き、見せる。はるさんはペニスから口を離すと頷き、仰向けに寝転び、膝を立てて脚を開く。その足の間に体を入れ、ペニスを割れ目の上に乗せる。するとはるさんが指で亀頭をおさえる。その状態で腰を振る。超敏感なはるさんは、この正上位素股でクリが擦れるだけでも気持ちいいようで、「ううっ、うあうっ」と喘いでくれます。その声と素股の気持ち良さに、急激にこちらの感度も高まってくる。

たまたホワイトボードを手に取り、「いきそう。お腹の上に出してもいい?」と書き、見せる。はるさんが頷いたので、安心して腰を振る。そして、「うっ」という声とともに、はるさんのお腹に発射。はるさんはティッシュを取ると素早く処理し、「気持ち良かった?」と書く。頷きながら「きみは?」と書き返す。はるさんがにっこり笑い、大きく頷く。気持ち良さもさることながら、気持ちが通じ合ってほっこりした気分にもなれました。せっかちな人やマグロな男性にはお勧めしませんが、優しいまいどファンの男性にはぜひ、はるさんと遊んでみて欲しいですね。

スピードエコ日本橋店

▲ Return to page top

2013-04-17

大阪風俗の神様人妻ドッキリマル秘報告

BodySize 157cm B:83cm W:54cm H:86cm

メッセージ:色白の滑らかな素肌、
ぎゅっと締まったウエスト、
クビレを擁するボディーライン、
きれいなかたちの見事なバスト!!
誰にも負けない絶対的な美女!!
どれをとってもお薦めいたします。
性格は明るく話していると楽しくて時が立つのが早くなってしまいます
老若男女を問わずに引き込まれてしまう彼女の好感度は抜群です!!

Date 2013年04月10日(水)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

 ちょっとアンニュイな水曜日の昼下がり、何だか人肌恋しい気分だけど、財布の中身は諭吉さんが1枚と英世さんが数枚とお寒い状況。でも、まいどネットならきっとそれでも遊べるお店が見つかるはずとスマホで検索して見つけたのが、「大阪風俗の神様人妻ドッキリマル秘報告日本橋人妻店」。入会金、ホテル代込みで80分8千円のお得なイベント実施中とあってはいかないわけにはいきません。

早速、黒門市場の入り口あたりから、「まいど風俗ネットで見ました」と店に電話し、場所を教えてもらう。すると市場のアーケードを東に抜けたカステラやさんの隣のビルの2階。1階のドアを開け、階段を上がりカウンター前で「さっき、まいど風俗ネットを見て電話をしたものです」と告げる。

「ありがとうございます。では、お時間は80分でいいですね」
「はい」
「では、女の子はこの中からお選びください」。

カウンターの上には10枚以上のパネルが並ぶ。

「どんな子がお好みですか?スリム、ぽっちゃり、巨乳など、いろいろいますが」
「スリムな娘がいいです」
「ではこの娘かこの娘がおすすめですね」。

薦められた嬢も含めてどの子もこの価格にしてはレベルが高めなんだけど、何だか人妻店にしては若い娘ばかり。ひょっとして、店を間違えた?と思い、スマホの店舗情報の画面を見せ、「ここってこのお店ですよね」と確認。すると「あっ、人妻店の方でしたか。でしたら、そちらの壁に貼ってるほうの女の子になります」。見ると壁に20枚ほどのパネルが貼られている。2枚ほどのパネルでどちらにするか悩んでいると、

「あっ、その娘は、写真よりかなりぽっちゃりですよ。スリムな娘が好みでしたら、このさえこさんがお奨めです」。
「じゃあ、さえこさんで」
「ありがとうございます。では80分で1万500円になります」
「えっ?80分8千円じゃないの?」
「いえ、この子は写真のところに星が一つあるでしょ。プレミアム氏名料でプラス千円なんです」。

あぁ、じゃあ通常の指名料は1500円で、足したら1万500円かぁ。まぁ、確かに高くはないな。後でお店のホムペを見てみると、通常の指名料は千円と書かれています。結局なんだったんでしょう?最初の店間違いとこの対応があったので、店員の接客は星3つにさせていただきます。で、肝心のプレーですが、現れたさえこさんは服の上からもナイスプロポーションだとはっきりわかるいい女。ホテルまで少し歩くのですが、すれ違う他店の上と比べても明らかにレベルが上回っています。ちょっと優越感に浸りながらホテルにチェックイン。

服を脱がしながら乳首に触ると「ごめんね。あまり乳首は感じないの。このお仕事で触られすぎたのかなぁ」とさえこさん。けっこうさばさばした人妻さんです。プレー時間が80分ということで湯船にお湯は溜めずに体を洗ってもらいシャワーだけ。ベッドルームに戻ると、「どうしたいですか?」と聞かれたので「攻めたい」と答える。するとベッドに仰向けになり「お願いします」。乳首はあまり感じないとは聞いていたものの、一応は両乳首を交互に交互に舐める。うん、確かにあまり感じていないよう。ならばと、舌をわき腹から太もも、膝へと滑らせ、太ももの内側を舐める。

「あっ、ああっ」。

おっ、このあたりは感じるみたい。割れ目に指を当てて確認してみると、もう濡れ始めている。で、今度はクンニ。「あっ、ああん、ああっ」。クリトリスはしっかり感じるみたいですね。しかも、濡れ方も半端無い。指を膣口にあてがうとヌルッと吸い込まれます。そのまま膣の天井を指で、クリを舌でダブル攻撃。散々、せめた後は、うつ伏せになってもらいバック素股。ところが、さえこさんはスリムなので、少し角度が変わるとすぐに亀頭が膣口を叩く。「あっ、だめ入りそう」。そういって腰を浮かすさえこさん。

「腰浮かすと余計入りやすいよ。この角度ならどう?」
「うん、大丈夫みたい」。

でも、腰を振っているとまた事故が起こりそうになる。何度かトライしたものの、最終的にはさえこさんが上半身をよじって顔を上げ、「やっぱりだめみたい。正上位素股しよ」と言ったところでバック素股は終了。でも、さえこさん本当にすごい濡れているので、正上位で割れ目の上にペニスをセットしようとしただけで事故が起きそう。「危ないね」「大丈夫。ちゃんと手で押さえるから」。

手で押さえてもらっての正上位素股ですが、これが意外に気持ちよかったです。というのも、「乳首は感じない」と言っていたさえこさんですが、そこ以外はとっても敏感。特にクリトリスはとっても感じるみたいで、素股で腰を振りペニスで擦るだけで、「あっあっあっあっ」とあえぎ続けるのです。美人に喘がれると男性って興奮しますよね。このまま言ってもよかったのですが、まだフェラをしてもらってないことに気づく。

「口でしてもらっていい」
「いいよ」。

聞けば、フェラで逝かすことが一番多いというだけあって、さえこさんのフェラは絶品。唇がまとわりついたかと思うと、舌が亀頭をチロチロ舐めるなど、複合技でせめてくれます。かなり、我慢したんですが、もうそれも限界というところで、さこえさんに最後のリクエスト。

「フェラしながら、指先で乳首弄って」
「ん?こう」。

さえこさんの指がペニスから離れ、乳首に。そして、男性の小さな乳首をピンポイントで刺激し始めると快感は最高潮に達する。「あぁ、アカン、もういくっ」。さえこさんの口の中に大量に発射。「んんん!」ティッシュに精子を出し「いっぱい出たね」とHそうな笑顔を見せるさえこさん。タイマーを確認し、「もう、数分だからお風呂に行きますか?」。お風呂で丁寧に体を洗ってもらい、ゆっくり着替えてホテルを後にしました。客観的に見て、値段と嬢のレベル、プレー内容などのコストパフォーマンスは最高にいいですね。金欠じゃなくても利用したいお店です。

大阪風俗の神様人妻ドッキリマル秘報告

▲ Return to page top

2013-04-10

素人OL専門店 ドMOLのご奉仕残業

BodySize 156cm B:84cm W:59cm H:87cm

メッセージ:大人の魅力と少女のような笑顔♪丁寧でおっとりしたしゃべり方は育ちの良さを 感じます♪ですがベットに入るとエッチで淫らな女の子に豹変♪スイッチが入ると、どこまでも貪欲に快楽を求めます☆気になるプレイの方はMでとても感度が良くご奉仕するのも大好きだそうです♪優しく時には激しく調教して下さい♪
Date 2013年04月03日(水)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

水曜日の昼下がり、無性に人恋しくなったので、スマホを使ってまいど風俗ネットで新規登録店を見てみる。すると日本橋エリアの待ち合わせヘルス「素人OL専門店 ドMOLのご奉仕残業」を発見。新着情報を見ると、グランドオープン記念で「ご新規様限定イベント~75分11500円、90分14000円(入会金、指名料、ホテル代込み)とかなりお得な内容。きちんちと「ホテル代込み」と明記してもらってると安心できますね。

お店の公式サイトで女の子の感じも把握してから、日本橋駅の7番出口を上がったあたりで「まいど風俗ネットで見たんですけど」と電話。「はい。ありがとうございます」と電話口のスタッフさん。

「イベントをご覧いただけましたか?」
「はい」
「そちらでお遊びいただけるんですが、今直ぐご案内できるのが、差額が必要な女の子しかいないんです」。

あぁ、じゃあ、あの娘とあの娘だな、と考えていると「1000円アップか2000円アップになるんですが」とスタッフさん。2000円アップはまだ写真が上がっていない娘だな。

「2000円の娘って、ホームページに写真が無い娘ですよね」
「はい、そのちなつさんです。撮影がまだ間に合ってなくて」
「じゃあ、その娘にします」。

総額が安いお店で料金アップの女の子がいる場合は、より高いアップが必要な娘と遊ぶ方が満足度が高いっていうのを経験則でわかってますからね。服装を伝え、指示された通りに、文楽劇場の裏で千夏さんの到着を待つ。待っている間に何人か、風俗で働いているっぽい女の子が通り過ぎていく。どの娘も、えっ、この娘?やったら差額の意味ないやん、と思ってしまう娘ばかり。10分を過ぎたころに、前から可愛いOLさんが歩いてくる。あぁ、あんな娘やったら燃えるのになぁ、と思っていると、その娘がこちらの顔を見てにっこり。えっ!ひょっとして!!OLさんは目前まで近づくと「○○さんですか?」。やったぁ、ビンゴ!この小柄な可愛い娘が今日のお相手、湯浅ちなつさんです。

「こんにちはぁ」
「こんにちは。可愛いね」
「えぇ、どうしたんですかぁ?全然そんなことないじゃないですよ」
「いやいや、キミが来るまでに通りかかった娘がみんなキミよりレベル低くて。キミがこっちに歩いてきた時、真剣に『この娘やったらええのになぁ』って思ったもん」
「ホント、嬉しい」。

ホテルまでは少し歩きますが、千夏さんが可愛いのとOL姿なので、気兼ねなく並んで歩けます。ホテルの部屋に入ると、まずちなつさんに料金をお支払い。イベント料金の14000円+2000円の特別指名料で計16000円でした。ちなつさんは顔が可愛いので、キスをしたくなり、「先に歯を磨いてもいい」と聞いてみる。

「いいけど、どうして?」
「いやぁ、君とキスがしたいんやけど、その前に歯を磨いておきたくて」
「じゃあ、私も。一緒に磨こ!そのままシャワーもいきますか?」。

もちろん、私は本当に歯を磨いてからキスがしたくて、歯を磨くんですが、お客さんの中には、歯を磨いてって言うと「俺の口が臭いっていうんかぁ」などと怒り出す人もいるんだとか。たったこれだけのことで、嬢と気持ちよくプレーを楽しむきっかけになれるのにバカですね。歯磨きを済ませると、軽くフレンチキスをして浴室へ。手早く体を洗ってもらい、ベッドルームに移動。ここで嬉しいハプニング。ちなつさんが、鞄の中から真新しいナース服を取り出す。

「これ、イベントとかの時のために自分で買ったの。似合うかどうか見てもらっていい?」
「うん、いいよ」。

ピンクのナース服に着替えたちなつさんはめっちゃ可愛い。

「スゴイ似合ってて、可愛いよ」
「ホント!良かったぁ。これ着てプレーしたい?」。

ん?この、お店はOLの制服でのプレーがデフォルトじゃなかったっけ。でも、確かにナース姿の方が興奮しそう。

「プレーしたい」
「多分、イベントとかになったら、追加のオプション料がかかると思うんだけど、お兄さん、優しく接してくれてるから、いいよ。その代わり汚さないでね」
「OK!」。

ナース姿でベッドに横たわるちなつさんに覆いかぶさり、念願のディープキス。見た目が刺激的なので、すでに股間はフル勃起しています。そして、服の上から胸を揉む。するとちなつさんがボタンを2つほど外し、「直接、触って」。前を少しはだけさせ、乳首を指で弄る。

「あっ、ああっ、気持ちいい」
「じゃあ、これは?」。

今度は乳首に吸い付き舌先で転がしてみる。「あっあっあっ・・・」。乳首をせめながら、手を下半身へと伸ばす。ナース服の下は素っ裸なので、すぐにぐっしょりした割れ目に到達。ん?そう、まだプレーが始まったばかりなのにもうぐっしょりなんです。指で割れ目に沿って下からクリトリスへと撫で上げる。「あっああん」。今度はクンニ。クリトリスを舐め上げながら、人差し指を膣口にあてがう。クニュッと中に吸い込まれていく。「あっ、ああっ、ああっ」。指が奥まで入ったところで、膣の天井を指の腹で撫でる。「ん、ああっ、ああっ」。さらに続けていると、ちなつさんは上半身を起こし「ねぇ、素股でクリトリスを擦って」。リクエストに応えて、クリトリスにカリが当たるように、割れ目に沿ってペニスで擦り上げる。「ああっ、あなたの太いから、入ってなくても気持ちいい」。そんなものなのかなと思いながら、腰を振り続ける。するとちなつさんの手がペニスへと伸びてきてさらに強く割れ目に押し付ける。その感触に、こちらも一気に性感が高まる。

「アカン、そんなんしたら、いきそうになる」
「いいよ。いって」。

まだ、プレー時間は前半だけど、我慢できず、ナース服をたくし上げ、肌を露出させると、お腹に発射。白濁した精子がちなつさんの綺麗な体を汚す。「あ、熱い」。ティッシュを取り、拭いてあげると「ありがとう。やっぱり優しいね」。で、そのまままったり話していると、何気にちなつさんの手がペニスへと伸びてくる。さっきの射精から5分ほどなのにまたも勃起。ひょっとして2回戦いけるかなと、すぐさま、ちなつさんを押し倒し、正上位素股で腰を振る。「あん、また。すごい」。さすがに2回目なので、快感が高まったと思ったら、射精感があり、じわっとにじむように精子が出る。

「いけた?」
「うん、なんとか」。

再び、まったり趣味の話なんかをしていて、ふとまだフェラをしてもらっていなかったことに気付く。でも、もちろん、ペニスは小さくなってます。

「ねぇ」
「ん、何?」
「お願いしてもいい?」
「何々?」
「もう柔らかくなってるんやけど、一度フェラしてもらっていい。多分、大きくならへんと思うけど、君の口の感触も覚えていたい」
「うん、いいよ」。

そう答えると、ペニスを口に含む。すると、小さく柔らかいペニスが反応。だんだん固くなってくる。最初は口の中で舌を使ってレロレロしていたのが、段々頭を動かしての本格的なフェラに。一旦口を離し、手コキをしながら「スゴイ、3回目なのに、固くなったよ。いけそう?」とちなつさん。「ひょっとしたらいけるかも」。そのままフェラを続けられると、ますます気持ち良くなってきて、三度目の射精感が迫ってくる。「あぁ、気持ちいい。いきそう。口の中でもいいの?」。この問いには答えず、ちなつさんはさらに激しくフェラを続行。「あぁ、もうダメ、いくっ」。ちなつさんの口の中に発射。それも2回目の頼りない射精と違って、ドクンドクンとはっきり気持ちい発射。一滴残らず吸い尽くそうとするちなつさんにしばらく咥えられたまま放心状態に。ペニスから口を離し、ティッシュに精子を出したちなつさん。

「スゴイ、3回目なのにいっぱい出たよ」
「こんなん何年ぶりやろ。むっちゃ気持ち良かったわ」
「ホント、嬉しい!」。

多分、ちなつさんとは肌が合う上に、ナース服姿もすごく似合ってたってというのもあるのかな?とにかく10年以上ぶりで3回も射精でき、少し疲れましたが最高に気持ち良かったです。このお店は激奨できますよ。

素人OL専門店 ドMOLのご奉仕残業

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search