2015-03-31

プレイボール

BodySize 163cm B:97(F)cm W:76cm H:96cm
メッセージ:パネマジ無しで安心して遊べます
Date 2015 2015年03月31日(火)
女の子のレベル:★★★★★
プレイの満足感:★★★★★
店員の接客:★★★★★
リピートする確率:★★★★★

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

水曜日の午後、仕事が早めに終わったので、日本橋のお店で遊ぶことに。
いつものようにスマホを使いまいど風俗ネットで店選び。
新着情報に
「入会金、ホテル代、氏名料すべて無料の70分10,000円、85分12,500円、
100分15.000円でオプション1点無料、100分コースなら2点無料」
が掲載されていたプレイボールを発見。
早速行ってきました。
このお店の一番の特徴は、パネルに一切の修正を施していないこと。
つまり、写真で気に入ったなら、その通りの娘と遊べるということです。

店に入ると、カウンターでまず料金の説明を聞き(もちろん、新着情報通り)、次いでパネルで女の子選び。
一目見て、新人のさなちゃんが気になったので、「この娘は待ち時間あるんですか?」と聞いてみる。
すると、
「(90分後の)4時に出勤予定なんです。真面目そうな娘なんで、休むことはないと思うんですがまだ入ったばかりなので、
受付は出勤連絡の電話をもらってからにさせてもらっています。多分、3時半には連絡があると思います」
「じゃあ、3時半過ぎにまた電話させてもらいます」。
3時半頃に電話をすると、出勤確認連絡の電話があったということなので、お店戻理受付を済ませる。
新人割引で1,000円引きということなので、100分コースを選び、総額1万4千円を支払う。
100分コースなのでオプションを2点無料で使えます。
ピンクローターと赤いマイクロビキニをチョイス。
ホテルまでは徒歩数分。
実はさなちゃんは、この日が出勤2日目だったので、
「ホテル、ここでよかったと思うんですけど・・」
と少々自信なさげ。

お店に電話で確認してからチェックイン。
部屋に入ると、さなちゃんが店に入室連絡の電話をかけている間に、歯磨き。
終わると、「イソジン貸してもらえる」とさなちゃんに声をかける。
「あっ、私も歯を磨きます。イソジンはこれを使ってください」。
歯磨きとイソジンうがいを終えて、ベッドに腰掛けていると、さなちゃんが歯磨きとお風呂の準備をして戻ってくる。
「お風呂にお湯をためているので少し待ってくださいね」
「うん、じゃあ、ここに座って」
「はい」。
ベッドに並んで腰掛け、キス。
唇を合わせながら、お互いの体をまさぐり、どちらからともなく、服を脱がせ合う。
さなちゃんが、下着姿になったとことで、ブラジャーをずらし、乳首に吸い付く。
「あっ、まだ、シャワー・・・あああっ」。
逆らおうとしているのですが、気持ち良さに勝てないようです。
ショーツの裾から指を潜り込ませると、ニュルリ。
指が濡れた膣の中へ。
「あれ、濡れてるよ。感じてるの?」
「違うもん、汗だもん」
「じゃあ、こんなことしても気持ちよくないよね」。
膣の中で、指を動かしながら、指の腹でクリトリスを擦ってみる。
「あっ、ああん」
「どうしたの、声が漏れてるよ」
「だって・・・」
「お風呂行ってから続きする?」
「はい」。

お風呂できれいに体を洗ってもらい、ベッドに戻る。
オプションの赤いマイクロビキニを着けて、ベッドの上で四つん這いになり照明を調節しようとするさなちゃん。
マイクロビキニの細い紐のような布地では割れ目は全く隠せません。
その姿に興奮し襲い掛かる。
お尻を持ち、顔を割れ目に押し当て、舌を目いっぱい伸ばしてクンニ。
「あっ、いやっ、なに」。
驚きの声を上げるさなちゃん。
そんな声はお構いなしに、バックからのクンニに、手を伸ばして乳首愛撫も加える。
「あっ、ああっ、ああっ、ダメ、気持ちいい」。
さらに、ピンクローターにコンドームをかぶせ、クリトリスにあてがう。
すると、
「ああん、もういきそう・・・いってもいいですか?」
「いいよ。いくところが見たい」
「ダメ、見ないで。あっああっ、いく、いく、いくぅ~!」。
ベッドに顔をうずめ絶頂に。
そして、そのまま横に倒れこむ。
小さな子供をあやすように、ポンポンと肩やお腹の上あたりを優しくたたいてあげる。
数分、ポンポンしていると、少し落ち着いてきたようなので、
ポンポンしている手がさなちゃんの肌に触れている時間を長くし、だんだんと胸へとずらしていき、
乳首の横の部分に指が触れように乳房を回し揉む。
「あっああっ」。
まだまだ体に火がついたままですね。
今度は下腹に手を置き、その手を割れ目へと近づけ、指の腹でクリトリスを押すように愛撫する。
「あっああっ、また・・・」。
乳首に吸い付き、指でクリトリスを愛撫する。
「あっ、ダメ。また気持ちよくなってくるから」
「いいよ。何度でもいもちよくなって」
「だめ・・・あっ・・・」
「ん?止めたほうがいいの?止める?」
「・・・・」
「黙ってちゃわかんないよ。続けてもいいの?」
「う・・ん」。
そのまま愛撫を続け、2度目の絶頂に導く。
いかせたまま、指でクリトリスを触っていると、
「もう、ダメ。今度は私がしてあげる」。
そういってさなちゃんがのしかかってくる。
唇を奪われた後、さなちゃんの唇が乳首に吸い付いてくる。
「ここ感じる?」
「うん、少し」
「少しかぁ」
「じゃあ、ここは?」。
そういうと、頭を下半身へとずらしていき、ペニスを口に含む。
さなちゃんは若いのに唇がペニスにまとわりつくようなフェラをしますね。
ペニスを加えたまま手を伸ばし、指でこちらの乳首を愛撫する2か所攻めも披露してくれる。
いろいろ考えて楽しませてくれます。
「ねぇ、素股ってできる」
「まだ、あまり得意じゃないけど」
「少ししてみて」
「はい」。
さなちゃんが、ペニスを指で押さえて馬乗りになる。
根元あたりに乗っているので、実際にペニスに刺激を与えているのは指って感じかな。
「もう少し前、割れ目がペニスに乗る感じで、指は亀頭だけを押さえる感じでできる?」
「こうですか?ちょっと怖いです」
「男性はこっちのほうが気持ちいいけど、怖いならうまくできるまであんまりやらないほうが良いね」
「はい。でも少し練習させてくださいね」
「いいよ」。
しばらく、騎乗位素股を楽しんだ後、もう一度咥えてもらう。
そして、足を閉じての正上位素股へ。
この素股は安全度が高いんですが、Hしているみたいで結構気持ちいい。
「最後はお腹の上に出すよ」
「はい」
「あっ、いきそう」
「あぁ、出してください」
「あっ、いくいくいく、うっ」。
太ももの間からペニスを引き抜き、さなちゃんのお腹の上に発射。
「あっ、熱い」。

さなちゃんは、可愛いうえに感度良好で優しくせめてあげるとどんどん感じてくれます。
大人の男性にお勧めの女性ですね。

プレイボール

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search