2014-05-31

ぷるるん小町京橋店

BodySize 154cm B:88cm W:59cm H:89cm

メッセージ:本日5月26日(月)16:00〜ラストで体験入店です♪

Date 2014年05月27日(火)

女の子のレベル= ★★★★
プレイの満足感 = ★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

火曜日の仕事終わりの夕方、このまま帰宅するのも寂しいので、京橋で遊んで帰ることに。
飲み代程度で遊べる店はないかと探したところ、まいど風俗ネットの新着情報で
『75分コースが、入会金、指名料、ホテル代全込みで9980円』
というぷるるん小町京橋店を見つけたので、早速行ってみることに。
JR・京阪京橋駅から国道1号線に出たところから
「まいど風俗ネットを見たんですけど」と店に電話し、
行き方を教えてもらう。
すると、ホテル街の方かと思いきや、お店は1号線沿いのビルの中。
フロアの1部屋だけドアが開いているのでそこに入ると受付。
「いらっしゃいませぇ。ご予約ですか?」
とスタッフさん。
「いえ、さっき、まいど風俗ネットを見て電話したものです」
「はい、ありがとうございます。今なら、待ち時間の少ない娘が何人かいますよ」。
早速、女の子選び。
この日、出勤だという20枚弱のパネルの中から4枚を前に出し、
「この娘たちはお早くご案内できます」。
事前に、店のホームページで気になった新人の女の子がいたので
「ホームページに載ってたなみえさんって今日は出勤じゃないんですか?」
と聞いてみる。
「はい、ご案内できます。まだ入ったばかりでパネルができていないんですが、小柄でスリムな娘です」
と、スタッフさんが携帯の写真を見せてくれる。
確かに小柄でスリム。
「この娘は待つの?」
「お化粧直しの時間くらいで大丈夫です」
「じゃあ、なみえさんで」
「まいど風俗ネットを見てこられたということは、時間は75分でよろしいですか?」
「はい」
「では、9980円になります」。
9980円を払う。
するとスタッフさんが心配そうに
「なにぶん、この娘はほとんど未経験なので、緊張もしてるし不慣れなところもあると思うんですが、
優しく接してあげてください。よろしくお願いします」。
嬢思いのスタッフさんがいるお店には、いい子が集まりやすいのが鉄則。
このお店はおススメですね。
10分と待たずに案内となり、なみえさんと対面。
確かに小柄でスリムな可愛い感じの嬢ですが、顔には緊張感が漂っています。
「こんにちは。緊張してますか?」
「はい。慣れてなくて・・・すみません」。
ホテルにチェックインし、少しすると、意を決したようになみえさんが
「歯を磨いてもらっていいですか?」
「うん」。
歯を磨きおわり、ベッドに腰掛けていると、なみえさんが隣にやってくる。
顎を持ち、こちらを向かせるとキス。
最初は軽くフレンチ、だんだんとディープに舌を絡める。
服の上から胸をまさぐっていると
「脱がしてもらっていいですか?」。
ショーツ1枚の姿に、乳首を口に含む。
「あっ、ああっ」。
少し演技っぽい喘ぎ声。
よ~し、今日はこの娘に本気の喘ぎ声を出させてやる。
乳首を交互に愛撫しながら、ショーツ越しにクリトリスをソフトに刺激する。
「ンン、ウン、ウウン」。
さっきとは少し違う喘ぎ声を発し始める。
なみえさんの手がズボンに伸びてきて、前のふくらみを撫でる。
「あっ、硬くなってる・・・脱がしてもいいですか?」。
そういうとファスナーをおろし、ズボン、パンツと脱がしていく。
そして、早くも勃起状態のペニスを手こき。
「お風呂行きますか?」
「うん」。
あれ、いつの間にかなみえさんのペースになってるかも。
お風呂では、前にしゃがみ込んで自分の太ももの上に足を置かせ、指1本1本まで丁寧に洗ってくれる。
お風呂から出るとバスタオルで拭いてくれます。
前にしゃがみ込んで、足を拭いてくれていたかと思うと、いきなりペニスをパクリ。
仁王立ちフェラの始まり。
勃起させると
「興奮しました?」
とエロい視線で見上げながら聞いてきます。
ベッドに移ると、今度はこっちが攻める番。
上半身はお風呂前にたっぷり愛撫してあるので、胸はお触り程度で下半身を中心に攻める。
なかなか濡れにくい体質なのか、割れ目は閉じたまま。
でも、ソフトなクンニを続けているとだんだん愛液が染み出てくる。
「アッ、アッウン」。
小さいな喘ぎ声が逆に本気を感じさせます。
クンニしながら、膣口に人差し指の腹をあてがう。
少しだけ力を入れていくと、ゆっくりと沈み込んでいく。
でも、ようやく第1関節まで入ろうかというところでキュッとしまって関門になり侵入を阻まれます。
一旦指の侵攻は止め、その場で膣の天井や壁を擦りながらクンニを続ける。
すると、その門が少しずつ開いているのか、また指が奥へと進み始める。
第一関節が通るところで、
「アッ、アアッ」
と一際大きな喘ぎ声に変化する。
喘ぎ声も大きくなり、愛液も溢れ出してきたのですが、なんとなく
「今日、この娘を逝かせるのは無理だな」
と思い、攻めるのを中断。
こちらが仰向けに寝転がり、「口でして」とお願い。
すごいテクってわけでもないですが、「疲れた」とか言わずに延々とフェラをし続けてくれます。
次いで「うつ伏せになって」とお願いし、バック素股へ。
最初、腰を上げていたので、「それじゃあ、本当に入れられちゃうよ。ペタンとうつ伏せになって」と体勢を修正。
お尻と脚の付け根の間にペニスを挟み込み、腰を振る。
「あっ、あっ、これ、気持ちいいです」。
スリムななみえさんなので、実はこの素股って危険なんですが、
さっき指の侵入を阻んだように中の締め付けがきつくて、侵入できません。
でも、やってる方は、Hしているみたいでかなり気持ちいい。
お次は騎乗位素股。
さっきの素股のように膣口にあてがい、大陰唇で包み込むような素股かと思いきや、
こちらは普通にペニスの上に乗り、前後するだけでした。
なので、最後は正常位素股へ。
足を開かせ、腰を密着させると割れ目にペニスを置く。
なみえさんの手をペニスに誘導し、
「入らないように指でコントロールして」
と指示すると
「はい。でも、たぶん大丈夫だと思います」。
そこで、腰を振りながら、時折、挿入できそうな角度に変えてみる。
すると亀頭が大陰唇に一瞬隠れるものの例の関門前で弾かれてまた顔を出す。
これでも、はじかれた亀頭がクリを擦るので気持ち良いようで、なみえさんは喘ぎっぱなし。
擦り続けていると、射精感が高まり、
「いきそう。お腹の上に出すよ」
と告げた瞬間に、精子が飛び出す。
「あっ、早い!」となみえさん。
第2波、第3波と射精は続き、しかも2波目はなみえさんの乳房に届くほどの飛距離。
「もう、早いよぉ」
と言いながら頭だけを起こしたなみえさん。
自分の体にかかった精子を見て
「わぁ、すごいいっぱい出てる」。
「気持ち良かったからね」
「私も。良かったぁ」。
その後、湯船につかりながら、
「でも、さっきの素股は手を添えないと危ないよ」
「うん。でも、お兄さんは無茶しないと思ったから」
「あっ、見抜かれてた?じゃあ、次回はその信用を裏切っちゃおうかな」
「怖~い」。

このお店は料金と女の子の質などを比べると、かなりコストパフォーマンスが高いですね。
京橋に出向かれたら、ぜひ遊んでみてください。

ぷるるん小町京橋店

▲ Return to page top

2014-04-30

妻天 京橋店

BodySize 157cm B:83cm W:57cm H:80cm

メッセージ:きましたよ!超美人&スレンダー系奥様です!即尺、ノーパン、ノーブラ待ち合わせ、3P、逆3P、カップルさんとの3POK!
Date 2014年04月15日(火)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

 暖かくなってきて、電車の中の女性も少し薄着に。
きれいなお姉さんが無防備に肌を露出させているのを見ると、ついムラムラ。
犯罪に走る前に、スカッとしておこうと、まいど風俗ネットを使って、京橋エリアの人妻ホテルヘルスを探す。
見つけたのが
「お電話にて合言葉『まいどネット見た』で 京橋駅周辺で待ち合わせのお客様は 75分 9999円ポッキリ!! 
90分 11999円ポッキリ!! 120分 18999円ポッキリ!!
入会金、オプション、指名料、ホテル代込み!! 新人奥様は『新人割り』でお得です!!
80分 9999円ポッキリリ!! 95分 11999円ポッキリ!! 入会金、オプション、指名料、ホテル代込み!!」
という新着情報の妻天京橋店。
早速、地下鉄京橋駅の近くからお店に電話。
「まいど風俗ネットってサイトで見ました」
「はい、ありがざいまとうございます」
「今、京橋駅にいるんですが、あさみさんはすぐにプレーできますか?」
「はい、大丈夫ですよ」「新人割りは適用できますか」
「はい、何分でお考えですか?」
「95分で」
「新人割りだと90分ですね。90分でよろしいですか?」
「(確か、95分って書いてた気がするけど。まぁいいか)はい。それでお願いします」。

待ち合わせ場所を確認し、ホテル街へ入っていく道の入り口近くにあるコンビニにで待ち合わせ。
10分近く待ったころ、熟女というには少し若い、きれいなOL風の女性が歩いてくる。
あんなヒトが相手やったらええのになぁ・・・。
と思っていると、数メートル手前でこちらを見てニッコリ。
さらに目前まで来ると、
「○○さんですか、あさみです。よろしくお願いします」。
まさかこんな上玉が来るなんて・・・。
「綺麗ですね」
「えっ、そんなことないですよ。それに、最初に言っときますけど、胸ないです」
「あっ。俺顔重視やから大丈夫」
「ホント?良かったぁ。でも、顔もそんなに・・・」
「いや、美人やって。少なくとも俺にとってはど真ん中のストライクやで」
「ありがとう」。

ホテルにチェックインすると、まず、料金の支払い。
90分11999円とホテル代の差額300円の計12299円。
これで90分なので激安ですね。
あさみさんがお風呂の準備をしているうちに歯磨き。
「先に歯を磨かせてね」
「お風呂で一緒に磨こうと思ったのに」
「今日はお昼ご飯食べてから歯を磨いてなかったから気持ち悪くて…」。
本当は綺麗なあさみさんと早くキスがしたかったからなんですけどね。
「じゃあ、私も磨いちゃいますね」。
歯を磨き終わると、
「イソジン貸してね」
と声をかけ、イソジンうがいと手洗いを済ませてしまう。
ベッドに腰掛けていると、あさみさんがやってくる。
あと一歩というところまで近づくと、立ち上がり、ぎゅっと抱きしめて唇を合わせる。
「会ったときからずっとキスしたかった」
「そんな風に言われると嬉しいです」。
2回目のキスは舌を絡め、5度目のキスでは服の上から体をまさぐりあいとだんだん濃厚なキスへと進んでいく。
背中に手を差し入れ、ブラジャーのホックを外す。
ブラウスの生地ごしに乳首を愛撫する。
そして、左手はあさみさんのスカートの下に侵入し、ショーツ越しにクリトリスを擦りあげる。
「アッ、アアッ」。
あさみさんが喘ぎ声を上げる。
今度はブラウスのボタンを3個ほどはずし、乳首を露出させて吸い付く。
「アッ、アアアッ。気持ちいい」。
スカートの下の指を動かし、ショーツの下に潜り込ませる。
ニュルリ。
濡れているので人差し指が第一関節まで割れ目の中へと侵入。
「あっ、だめ。下着汚れちゃう」
「じゃあ、脱ぐ?」
「はい」。
あさみさんと体を入れ替え、ベッドに座らせ、ショーツを脱がせる。
そのまま両足を開かせ、強制クンニ。
「あっ、だめ。お風呂入ってないのに」
「あさみさんのここ、すごいきれいやから、大丈夫だよ」
「アッ、アアツ」。
そのまま膣への指挿入とクンニのW責めで絶頂へと導く。
きれいな女性を逝かせるのはこちらも興奮します。
触られていもいないのに、ペニスは完全勃起状態。
「何にもされていないのに、もうこんなになってるよ」。
あさみさんの手をズボンの前へと導き、パンパンに固く膨らんだ部分に触れさせる。
すると
「わぁ、凄い」
といいながら、ズボンのボタンを外し、ファスナーを下げ、パンツをずりおろす。
すると、勃起したペニスが弾き出されたように飛び出る。
「うわっ、すごい」。
ペニスを触り
「固くて、大きい」。
ゆっくりとペニスを手こきし始める。
「あっ、気持ちいいよ」。
思わず声が漏れる。
「ねぇ、もっと気持ちよくして欲しいから、シャワー行こう」
「はい」。

浴室で体を洗ってもらいながら、話をしてみると、やはり、あさみさんは綺麗好き。
なので、最初に私が歯磨きやイソジンうがいをしていなかったら、
キスからクンニプレーになだれ込むようなことはなかったっよです。
と、洗いながら、さわさわとペニスをしごいていたあさみさんが、床に跪き、おもむろにペニスを咥える。
「あぅ、気持ちいいよ」
「良かった。あなたは(洗っていないのに)私のにしてくれたのに、
私はあなたのにしてあげれなかったから…。早くしてあげたかったの」。
優しいですね。
この思いがけない風呂場での仁王立ちフェラでさらに股間を固くしたまま、浴室を出る。
バスタオルで体を拭いてもらっていても、ペニスは硬いまま。

そして、ベッドでのプレーへ。仰向けに寝転び、すべてをあさみさんに委ねる。
「どこが感じる人?」
「ペニス以外はあまり感じないけど、君にされたらいろいろ感じそう」
「じゃあ、試してみるね」。
まず乳首。
舌先をすぼめ、乳頭をピンポイントで責められる。
「うっ。そのままペニスを手こきして」
「こう?」。
性感帯2か所を同時に責められると、気が狂いそうなくらいに気持ちがいい。
「これはどう?」。
今度は手こきをしながら唇を重ねてくる。
実は、私美人にこれをされるのが一番好きな愛撫なんです。
もう、逝っちゃってもいいかな、ってくらいに感じています。
でも、ベッドでのフェラがまだ。
「今度は口でして」
「うん」。
あさみさんのフェラは深く浅く、そして手を添えずに、
フェラしながら体を撫でたり、乳首を弄ったりしてくるのでとっても気持ちがいい。
「素股ってできる?」
「うん、あまりうまくないけど・・・どんなの?」。
ペタンとうつ伏せになってもらってのバック素股。
細いしこれだけ濡れてるあさみさんなら、アクシデントも期待できるかも。
でも、あさみさん、お尻をキュッと締めるとあそこも締まって、侵入を許しません。
しかも、太ももも細いのに、お尻と膣、太ももの筋肉で作り出す空間が狭くて、むっちゃ気持ちいい。
すぐに射精感に襲われる。
でも、このまま出すと、女性は嫌なはず。
「あぁ、気持ちいい。逝っちゃいそう」
「うん、逝っていいよ」
「でも、ここで逝ったらだめでしょう」
「いいよ。そのままで」
「いいの?」
「うん、逝って」。
あさみさんのお尻の上で腰を振るピッチを速め、すぐに「あっ、出る」。
素股なんですが、普段、出せない場所で出しているので、Hしているみたいで、興奮度が高い。
何度も精子を吐き出し終了。
思っていた以上に量が多かったようで、あさみさんも動けずにいる。
「そのままでいて」。
そう言うと、ティッシュを取り手渡す。
あさみさんは、腰の下にティッシュを差し入れ、
「うわぁ、いっぱい出てるね」。
次は、あさみさんに身を任せ、ペニス周りのお掃除。
お掃除が終わっても、ペニスを触ったままでピロートークへ。
すると、また固くなってきたので、
「口でして」とお願い。
「いいよ」
と答え、ペニスを咥えるあさみさん。
上体を起こし、あさみさんの後頭部に手を添え、そのままベッドに上に立ち上がり、仁王立ちフェラに。
途中でタイマーが鳴ったので、あさみさんに口を開けてもらい、そこめがけて自分でしごいて発射。
「うっ」。
2度目とは思えないほどの大量の精子が勢いよく飛び出し、あさみさんの喉を直撃。
慌てて、ティッシュを渡す。
「ごめんね」
「大丈夫。いつもこんなに何回もできるの?」
「できない、できない。君が相手やからだよ」。
それほど、この日は興奮してたんです。

とにかく、きれいな先輩OLとのプレーを楽しみたいなら、あさみさん。
激おススメですよ!

妻天 京橋店

▲ Return to page top

2014-03-30

妻天 京橋店

BodySize 153cm B:83cm W:58cm H:87cm

メッセージ:きた〜激アツスレンダー美人!本当にめっちゃ美人です!
見た目しっとりおしとやか・・っぽいですが、とても明るい奥様です。
顔射、ノーパン、ノーブラ待ち合わせ、聖水可!しかも!ドエム系ですよ!
Date 2014年03月26日(水)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

京阪沿線で仕事の帰り、電車の中の女性たちが少し薄着になっているのに刺激されてムラムラ。
そこで、京橋駅で途中下車して、スマホを使いまいど風俗ネットで人妻ヘルス店を探す。
「まいどネットをご覧のお客様限定!! お電話にて合言葉『まいどネット見た』で
京橋駅周辺で待ち合わせのお客様は
75分=9999円ポッキリ!
90分=11999円ポッキリ!
120分=18999円ポッキリ!
入会金、オプション、指名料、ホテル代込み!!
新人奥様は『新人割り』でお得です!!
80分=9999円ポッキリ!
95分=11999円ポッキリ!
入会金、オプション、指名料、ホテル代込み!!」
という『妻天 京橋店』の新着情報を見つけたので、
駅前から「まいど風俗ネットを見ました」とお店に電話。
このお店は、待ち合わせヘルスなので、電話で女の子を指名することになります。
事前に、お店のページを見て、出勤嬢の中から指名したい嬢を3人くらいに
チェックしておくとスムーズに受付できますよ。
「今、京橋駅前にいるんですけど、今からいける娘いますか?」
「はい、大丈夫ですよ」。
そこで一番目にチェックしていた
「あきなさんはどうですか?」
と聞いてみる。
「はい、今から大丈夫です」
「『新人割り』は適用できますか」
「はい、できますよ」。
その後、番号非通知で電話していたので、携帯の電話番号を告げ、
折り返しの電話で待ち合わせ場所を教えてもらう。
待ち合わせは1号線沿いのホテル街近くのコンビニの前。
しばらく待つと、スリムな美熟女がこちらに歩いてくる。
こんな人やったらいいのになぁ・・・。
と思って見ていると、10メートルほど手前で、その女性がこちらを見てにっこり微笑む。
まさに「こんな熟女と付き合いたい」と男性ならだれもが思う美熟女。
「こんにちは」
とあきなさんに話しかけられ、思わず
「綺麗ですね」
と頓珍漢な答えを返すほど。

徒歩5分ほどのホテルにチェックインし、まず料金の支払い。
95分のプレー代金、12000円とホテル代300円の計12300円を支払いました。
とにかく美熟女なので、早くキスがしたくて、即行で歯磨きとイソジンうがいを実行。
終わるとあきなさんが
「じゃあ、シャワー浴びますか?」
と服を脱ぎ始める。
こちらも合わせて脱ぎ始めるも、あきなさんが下着型になったところで、
近づき、抱きしめると熱いキス。
攻め派の男性は絶対に清潔さに気をつけると楽しく遊べますよ。
今日もそうでしたから。
舌を挿し込むとあきなさんも情熱的に舌を絡め返してくれます。
ブラジャーを外すと小ぶりですがお椀型の乳房が露わになる。
綺麗な体のラインと言い、とても40歳には見えません。
「体の線も綺麗だね」
「そうですか?ありがとうござい・・・」。
答えを聞き終わるまで待たずに乳首に吸い付く。
「アッ、アアッ、アアッ」。
敏感に反応するあきなさん。
胸を吸いながら、指でショーツごしにクリトリスを刺激する。
「アッ、アアッ、アアッ」。
これだけ感じてくれると攻めがいがありますね。
指で下半身を愛撫しながら、ベッドに押し倒す。
脚の間に顔を埋め、ショーツを少しずらして、強制クンニ。
「アッ、アッ、アアッ、イイ」。
さらに舐め続けると
「アッ、ソコ、イイ、イイ。アッ、ダメ、ダメ。下着が汚れちゃう」。
「じゃあ、脱ぐ?」
「はい」。
下着を脱がして、人差し指を膣に挿入して本格的にクンニ再開。
膣の中に指を挿入しようと試みると、あきなさんの中は濡れているのにすごい締め付け。
最初は人差し指を動かすのも怖いほど。
それでもゆっくりと膣の中で指を動かし、天井を擦りながらクリトリスを舐め続ける。
すると
「アッ、イイ、イイ・・・ダメ、それ以上されたらいっちゃう」。
その言葉を無視してさらに攻め続ける。
「アアッ、もうダメ、いきそう!」
「いっちゃだめだよ。いったら後でお仕置きするからね」
「イヤッ、お仕置きって何するの?」
「さぁ、何しようかな。きっとしちゃいけないことだと思うよ」
「ダメ、そんなの怖い。あぁ、いきそう」
「ダメだって、いったら、ほんとにお仕置きだよ」
「ダメ、ダメ、アァ、いっちゃうぅ」。
体を小刻みに震わせ、あきなさんは昇天。
指でクリを弄り続けていると
「アアン。いっちゃったからそんなことしちゃダメ」。
それならさらにプレーを進めようと正上位素股の体勢になると、
「ダメェ。先にシャワー浴びてから続きしましょ」。

お風呂で体を洗ってもらい、ついでに軽く手コキされてペニスは完全勃起。
すると
「今度は私を洗ってくれますか?」
とあきなさん。
「うんいいよ」。
そう答えると、ボディシャンプーを泡立て手に付けると、まず首筋を洗い、次いで乳房へ。
もちろん、洗っているというよりほとんど愛撫。
乳首をソフトに洗ってから、下腹部を洗い、股間を擦り洗い。
さらに自分のペニスにも泡を付け、あきなさんの股間に挟み込む。
立位正上位素股のように腰を振り洗う。
さらに腰を振りながら、シャワーであきなさんの乳房の泡を洗い流し、乳首に吸い付く。
「アッ、アアッ、いい、気持ちいい」
「俺も気持ちいいよ」。
泡でツルツル滑るので今にも間違いが起こりそう。
でも、あそこがキュッと締まっているので事故が起こらないんですよね。
残念。
「ベッドに戻りましょ」。

あきなさんに促され、ベッドへ。
部屋の照明が明るいままだったので、あきなさんがベッドの上で四つん這いになって、
パネルのスイッチを調整する。
その隙を逃さず、背後からお尻の間に顔を埋め、またもや強制クンニ。
「あっ、もう、またぁ、ダメ。いっちゃう」
「ダメだって、2回もいっちゃったら、すごいお仕置きが待ってるよ」
「だって、あなた上手だから」
「でも、我慢して俺をいかさないと」
「じゃあ」。
そう言うとあきなさんが体の向きを変え、
クンニから逃れようとするのを制して、強制クンニを継続。
すると
「あっ、ダメ、いっちゃう」。
あきなさんは2回目の絶倒へ。
そのまま突っ伏してしまったあきなさんの太ももの上に乗り、バック素股。
あふれ出した愛液が太ももまで濡らしているので、ローションなんかいりません。
ただ、濡れすぎていて、さすがに事故が起こりそう。
「あっ、ダメ。入っちゃう」
「入らないよ。俺のそこまで大きくないし。それに入っちゃったらそれがお仕置きだから」
「ダメ。それは絶対にダメ」。
あきなさんが少し怒ったような表情で体を反転し、ペニスをつかむ。
「ほらっ、大きいじゃないですか。よく『大きい』って言われるでしょ」
「ええっ、でも君が大きくしたんやんか。いつもはそんなに大きくなれへんし」
「もう、(口が)うまいんやから。他の娘にもそんなこと言ってるんでしょ」
「違うよ」。
その後、軽く体を押され、仰向けになると上にあきなさんが覆いかぶさってくる。
口をふさぐようにキスをされ、「ここは感じる?」と乳首を口に含まれる。
「あっ、うん、気持ちいいよ。そのまま手コキして」
「こう」。
美人に乳首とペニスを同時愛撫されるとめっちゃ気持ちいいんです。

そして、続いてはお待ちかねのフェラ。
ペニスを含みながら手を伸ばして乳首も指で愛撫。
風俗はほとんど未経験だというあきなさんですが、攻めるのが上手ですね。
気持ち良さに思わず体がピクッと動くと
「気持ちいい?でもダメよ。まだいっちゃダメ」。
フェラが止まると、そのままペニスの上に乗ってきて、騎乗位素股が始まる。
カリがクリトリスに当たる様に動いているので、あきなさんも気持ち良さそう。
そこでこちらも下から腰を突き上げるように動かしてみる。
するとよりクリトリスに刺激が伝わるのか
「あっ、そんなスゴイ・・・擦れて気持ちいい」。
もちろん、こちらも普通以上に擦れるので射精感が切迫してくる。
「いきそうなの?」
「もう少しでいきそう。最後は口の中に出していい?」
「はい」
「じゃあ、正上位素股しよう」。
体位を変え、あきなさんの足を開かせ、割れ目にペニスを沿わせ
、嬢の手でコントロールする正上位素股に。
もちろん、この素股でも、あきなさんのクリを刺激するように動く。
「あっ、ああっ、もうダメ。またいっちゃうから、お願い出して。3度目はダメ」
「じゃあ、一緒にいこう」
「でも、ああぁ、あぁ」。
もう少しであきなさんを3度目の絶頂に導けそうでしたが、こちらが先に限界に。
「あっ、ゴメン、アカン、いきそう」。
腰を引き、ペニスを外すとあきなさんの口の中へ。
あきなさんにゆっくりしごかれながら発射。
しっかり吸い取られちゃいました。
ティッシュを取り、渡そうとするも間に合わず、
あきなさんの口の端から白濁液が漏れて滴り落ちるのがめっちゃエロい。
「ゴメンね。3度目いかせてあげられなかった」
「うううん、3回もいかされてたら、きっと変になってて、この後仕事にならなかったと思う」。

本当に男性が不倫してみたい人妻をそのまま体言化したのがあきなさんですね。
待ち合わせ店は、女の子の顔がわからず敬遠する男性もいると思うのですが、
スタイルと顔重視なら、あきなさんを指名すると絶対に後悔しないと思いますよ。
おススメです。

妻天 京橋店

▲ Return to page top

2014-03-26

奥さま日記 日本橋店

BodySize 156cm B:83cm W:60cm H:88cm

メッセージ:無邪気な笑顔に思わずメロメロになってしまいそうな『なな』奥様です!
あどけないお顔立ちで、幼く可愛いらしい雰囲気でございます。
気取ったところが全くなく、とても明るい性格の彼女。 またかなりの敏感体質らしく、
撫でられるだけで本気モードになってしまうかも…。
ふと見せる妖艶な雰囲気に
是非とも酔いしれて下さいませ♪
Date 2014年03月24日(月)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

 仕事のアポがドタキャンになった月曜日の昼下がり。
2時間ほどを有意義に使おうと、スマホ版まいど風俗ネットで日本橋エリアの人妻店を探す。
すると奥さま日記日本橋店の
「入会金も込みの大サービス!70分10000円ポッキリ。
※日本橋店で待機している新人奥さま限定となります」
という新着情報を発見。

早速、日本橋駅の7番出口付近から「まいど風俗ネットを見ました」と店に電話し、
店までの道順を教えてもらう。
スタッフさんのわかりやすい案内で5分とかからず店に到着。
ビジネスホテル日本橋の1階、入り口に紫の暖簾がかかっているお店が奥さま日記日本橋店です。
暖簾をくぐると中には左右に区切られたカウンター。
右が奥さま日記ですね。
中のスタッフさんに「さっき、まいど風俗ネットを見て電話したものですけど」と告げると
「はい。お待ちしておりました。ご来店ありがとうございます」
と嫌味のない明るい挨拶で出迎えてくれます。
この最初のやり取りだけで、このお店が優良店であるとの確信がぐっと高まる。
まいどに載っていた新人イベントなど、料金について説明してもらった後、女子選び。
カウンターに10枚ほどのパネルが並ぶ。
「もし、15分ほどお待ちいただけるなら、この娘が戻ってきます。
まいどさんを見て来ていただいたので、良い娘と遊んで欲しいんです。
美人でスタイルも良い娘なので、お勧めですよ」。
差し出されたパネルを見ると。確かに美人。
しかもスリムなのに胸も大きそう。
この娘と遊びたい。
でも、次のアポイントもあるし、待たない方がいいかなぁ。

隣りの新人と書かれた、少し緊張した面持ちのパネル写真を指差し
「この娘は?」と聞いてみる。
「すぐにいけますよ。かわいい娘ですが、ほとんど経験がないので、
そこだけご理解いただけるなら。イベントも適用できます」。
未経験新人さんは大好物。
というわけで今日のお相手はななさんに決定。
待合室に移動し、10分と待たずに案内になる。
緊張が解けたのか、優しく微笑みかけてくれるななさん。
パネルより実物の方がずっと可愛いですね。正直、好みです。

ホテルへは徒歩2分ほど。
部屋に入ると、ななさんは早速お風呂の準備。
こちらはというと、キスがしたくて、歯磨きを始める。
それを見たななさんは
「あっ、歯を磨いてくれてるんですね。ありがとうございます」。
ななさん自身も清潔感があるのですが、ご本人も清潔な男性がお好みのようです。
なので、「イソジン借りるね」と声をかけ、イソジンうがいと手洗いを済ませてベッドルームに戻る。

ななさんもやってきて、横に私が座れるスペースを空けて、ベッドに腰をかける。
当然のように隣に座り、あごに手をかけキス。
マンションの隣の部屋に住んでいる可愛い奥さんという感じのななさんなので、
素人感がとても強く、いきなりのキスでは拒まれるのでは、との危惧もあったのですが、
一瞬、体を硬くした後は、すんなり唇を重ね、舌を受け入れてくれます。
洋服の上から胸を触り、背中に手を回し、ブラのホックを外す。服をずらし、乳首に吸い付く。
「あっ、ああっ」。
演技じゃない本気の喘ぎ声が漏れる。
今日のプレーは楽しくなりそう。
乳首を愛撫しながら、パンスト越しに股間を弄くる。
「あっ、ああん」。
クリトリス辺りをこすると、急に喘ぎ声が大きくなる。
「感じやすいの?」
「はい」。
パンストを脱がせ、ショーツ越しに割れ目を撫で上げる。
「ああっ、いい、いい」。
さっきよリダイレクトに刺激が伝わるので、感じ方もダイナミックになってます。
ショーツの裾から指を膣に侵入させる。
愛液が溢れ、ニュルッと指の第一関節が入り口を突破。
「すごい濡れてるね。このまま続けたら下着汚れちゃうよ。脱ぐ?」
「は・・・い」。

下着を脱がせ、指を第一関節まで挿入すると、強い締め付けがあり、侵入が止まる。
でも、その関門に指をあてがったまま、乳首を愛撫していると、
だんだん関門が開き、第2関節、そして指の付け根まで侵入成功。
「あああっ」。
指を動かすと感じるようで声がさらに大きくなる。
ベッドに寝かせ、クンニしようとすると、
「あっ、だめ。お風呂入ってない」
と必死感を伴った制止の声。
それを無視して舐めてみる。
ななさんのあそこは嫌な臭いがまったくなくて、舐めやすい。
これなら病気も持っていないな、と安心。
舐めていると感じながらも、
「ああっ、だめ、だめぇ」
とさらに訴えてくるので、中断してお風呂へ。
ここで無理に続けるとその後のプレーに悪影響を及ぼしかねません。
いくらお金を払っているお客でも、嬢の気持ちを考え、
嬢と一緒に楽しむ、って姿勢が無いと、楽しく遊べませんからね。

お風呂に入り、体を洗ってもらいながら、お返しとばかりにこちらの手に石鹸をつけ、
ななさんの胸と股間を愛撫するように洗う。
洗われながら感じているななさんがエロい。
シャワーで石鹸の泡を洗い流すと、ななさんをバスタブの縁に座らせる。
キスをしてから、足を開かせ、前にしゃがみこんでクンニを再開。
「あっ、ああっ」。
すぐにマックスに感じ始めるななさん。
油断すると縁から落ちそうなので、左手をななさんの腰に回し支える。
右手の人差し指は膣の中へ。
かなり苦しい体勢でしたが、おかげでしばらく続けるとななさんは全身を痙攣させて昇天。
落ち着いたところで、二人でお湯に浸かり、
お互いの股間や胸をまさぐったり、キスをしたりとイチャイチャ。
「お兄さんってエッチなんですね」
「嫌ですか?」
「(愛撫が)うまいから好きです」
「ありがとう。でもななさんも感じやすくてエッチやね」
「うん、でも今日は特に感じるみたい」。

お風呂でかなりの時間を費やしてしまったことに気づかず、勃起させたままベッドルームへ戻る。
ふと自分の腕時計を見ると、部屋に入ってから50分が経過しようとしている。
今日は70分なので、シャワー時間を考えると残りのプレー時間は正味10分ほど。
少し焦りながら、ベッドに仰向けに寝転ぶと、
ななさんが横に来て、覆いかぶさるようにキスをしてくれる。
そして乳首に吸い付きながら、手で勃起状態のペニスをゆっくりとしごき始める。
「うっ、気持ちいいよ」。
次いでペニスを口に含む。
勃起しているからか、手をペニスには添えずに浅く、
そして深くと抑揚をつけて咥えてくれるので、気持ちいい。
かと思うと、ペニスの根元に指を添え、頭の動きと指のしごきをシンクロさせて強めの愛撫。
さっきは残り10分しかないと不安に思ったのですが、これならいつでも射精できそう。

少し心に余裕が生まれたので、素股を申し入れてみる。
腰を浮かさずにペタンとうつ伏せになってのバック素股は、
膣の位置から事故が起こりやすいことが判明し中止。
危険なので、ななさんは今後もこの手のバック素股はNGです。
次いで、正上位素股。
足を開いてペニスを手でコントロールしての素股は「怖い」との事で見送り。
足をクロスさせての素股は大丈夫。
腰を振っていると
「あっ、ああっ、これ、私も気持ちいいです。でも・・・大丈夫ですか、疲れませんか?」
と、ななさんが心配してくれる。
「大丈夫、むっちゃ気持ちいいよ。最後は口の中に出してもいい?」
「はい」。
と、この問答の途中でタイマーが鳴る。
「ごめん。時間無いね。早くいっちゃうね」
「はい。でも、お風呂を早めに切り上げれば・・・あっ、ああっ」。
タイマーが鳴り終わった後も、限界直前まで腰を振り、ペニスを引き抜き、ななさんの口の中へ。
そしてそのまま発射。
ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ・・・。
かなり興奮していたのか、数度、続けざまに発射し、ようやく精子が出尽くす。
口からペニスを抜き、ティッシュを手渡すと、ななさんはティッシュの中に精子を吐き出し、
「すごい、いっぱい出ましたね。こんなに多い人は初めてです」。
「俺もこんなに出たの始めてかも」。

素股はまだまだ下手で素人っぽさ全開のななさんですが、フェラと手こきは秀逸。
可愛い笑顔とそれに似合わぬ乱れっぷりは、まさに素人人妻を感じさせて楽しみたい男性にぴったり。
このお店は全体的に嬢のレベルがかなり高めなので、これから通ってしまいそうですね。

奥さま日記 日本橋店

▲ Return to page top

2014-02-28

Desire

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

少し暖かくなって行動的になったのか、女性の肌が恋しいので、スマホを使ってまいど風俗ネットで店探し。
日本橋エリアで見つけたのが「人妻ホテルヘルス&デリバリーヘルス Desire」。
『ご新規様・ホテルヘルス限定90分12,000円(入会金・指名料・ホテル代込)』
の激安イベントを実施中なので早速行ってきました。
いつものように日本橋駅の7番出口を上がったところから
「まいど風俗ネットを見ました」と電話し、店への道順を教えてもらう。
すると、お店は道頓堀川の方へ数分歩いた工務店名の付いたビルの2階、205号室とのこと。

部屋の入り口は開いていて、中からスタッフさんが顔をのぞかせる。
目が合うと「さっき、お電話をいただいた方ですか」と問いかけてくれたので
「はい。まいど風俗ネットを見て電話しました」と答える。
これで、後の受付はとってもスムーズ。

イベント料金で受付可能との説明があり、早速、嬢選び。
10枚以上並んでいるパネルの中ですぐにいける嬢は2人。
両方ともレベルは高めで、パネルに印がついているので1000UPになります。
どちらにしようか決めかねていると、
スタッフさんが、端に置いてあったまだパネルになっていない生写真を手に取り、
「あっ、忘れてました。この『りょう』さんは今日からの新人さんです」。
新人好きなので、即行でりょうさんに決め、料金12,000円を支払い、隣の待合室へ。
15分ほど待ち、スタッフさんから「女の子の準備できました」と声が掛かる。
「女の子はかなり緊張しているみたいなので、優しくお願いします」。

りょうさんは、身長160センチ台で顔は美人芸人の椿○奴に似ています。
ホテルで裸になると、ボディラインもなかなかに綺麗。
まだ要領を得ないようで、お風呂に行くときも緊張感がありありと伝わってくる。
洗ってもらいながら、乳首に触れると、さっと手で胸を覆う。
「感じやすいので優しくお願いします」。
そんなりょうさんですが、ベッドでは結構積極的。
「せめるのが好き」と伝えると
「私、クリちゃんを舐められるのが好きなんです」
と仰向けになり、足を開く。
乳首が感じすぎて痛くなるらしいので、いきなりのクンニせめ。
するとすぐに濡れ始める。
乳首を触られるのを嫌がったので指入れもNGかと思いきや、
膣口に人差し指の腹をあてがうと、指が徐々に呑み込まれていく。
そして、指の付け根まですっぽり入ったところで、
指を上向きに曲げ、膣の天井を刺激しながらクンニを続ける。
アッ、アッ、アッ。
演技ではないリアルなあえぎ声がもれる。
指を長く挿入しっぱなしはダメなのかなと一旦指を抜くと、
りょうさんの手がこちらの指に伸びてきて膣のほうへ誘う。
「指入れて」。
そのまま指いれクンニを続けていると、りょうさんは小刻みに体を震わせ昇天。
「疲れたでしょ。今度は私がするね」。
膝を曲げてベッドに座っている私のペニスにむしゃぶりついてくる。
しばらく続け、
「寝てもらったほうがやりやすいかも」。
仰向けになると、さらにフェラが続く。
亀頭や浅いところが中心ですが時折深く加えてくれるのが特に気持ちいい。
続いて、後ろ向きにまたがり、こちらに背中を向けた騎乗位素股。
指も使っているのでしょうか、やけに気持ちいい。
しばらく続けたあと、今度はこちらを向いた騎乗位素股。
ペニスの上にまたがり、腰を前後にスライドされるとこれまた気持ちいい。
かなり、我慢しているのが厳しくなったので
「バック素股ってできる」
と聞いてみる。
「どうやるの?」。
つんばいにさせ、ペニスを割れ目に沿わせると片手でペニスをコントロールするように指示。
慣れないので、時折、手の力が弱まり、入らないまでも亀頭が膣口をつつくのにやたらと興奮。
あっという間に限界に。
「あっ、いきそう。いく」。
ペニスをりょうさんのお尻に乗せ、背中に発射。
ビュッビュッと飛び出る精子の勢いと量に、今日のプレーの気持ち良さが現れる。
プレー後、シャワーを浴びながら聞いたところ、
この業界はまったく初めてではないものの、人見知りで緊張しやすいので長続きしなかったんだとか。

優しさとテクに自身のある方、是非、一度りょうさんと遊んであげてください。

Desire

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search