2007-07-14

恋女房梅田店

BodySize
157.㌢ B:84㌢ W:62㌢ H:88㌢

メッセージ:?

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

Date 2007年07月12日(木)

女の子のレベル=★★★★★
プレイの満足感=★★★★★
店員さんの接客=★★★★★
リピートする確率=★★★★★

梅田の恋女房で、本当にセレブな人妻を発見しました。

平日の午後3時頃、フロントで出された写真は10枚ほど。

その中に「かな」さんがいました。

普段は若妻を狙うことが多い守護神Ⅱですが、40歳のかなさんの写真が気になって仕方がありません。

何だか気になるなぁ…いいか、いっちゃえ!

「かなさんでお願いします」

「昨日入ったばかりなんで優しくお願いします」。

実際に会ったかなさんは、パネルより格段にお美しく、年齢を感じさせません。

「綺麗ですね」

「えっ、ありがとうございます。そんな恥ずかしい」。

近所の大きなお屋敷の綺麗な奥さん、そんなオーラを身体全体にまとっています。

ホテルにしけこみ、洋服を脱がせると、身体のラインも綺麗です。

乳首を口に含み、指先でソフトにクリトリス辺りを愛撫すると「あっ、あぁ、あぁ、気持ちいです」。

おふろに入ると、優しく丁寧に身体を洗ってくれます。

泡のついた手で、かなさんの背中を撫でる。

「あぁ、そうやって触られるのも気持ちいい」と言いながらペニスを愛撫するように洗い、「あっ、すごい大きい。こんなの私、絶対入らない」。

ベッドに戻リ、横たわったかなさんに覆いかぶさるように唇を重ねる。

美人人妻へのキスは興奮しますね。

そして、その唇を両乳首、脇腹、へそ、膝頭、内腿へと這わせていく。

「はぁ、はぁ、気持ちいい」。

そして、お○こには直接触れず、その周囲を舐め、割れ目に息を吹きかける。

かなさんの身体がビクンと動き、「あっ、あっ」と切なそうなあえぎ声を漏らす。

ようやく、クンニに入ると、すぐに「あぁ、いい、いい、いい」と喘ぎだし、無意識のうちに太腿で守護神Ⅱの頭をギューッと挟み込んでくる。

「あぁ、あぁ、もう、いきそう…(さらにギューッと太腿に力が入る)いや、いく、いく、くううう」

かなさん1回目の絶頂へ。

そのまま舐め続けると、すぐに感度が高まってくる。

「また、よくなってくる」と言いながら、右手で守護神Ⅱの左手をギュッと握り、自分の上へと引き上げようとするかのように引っ張る。

多分、欲しくなってるんだろな。

そして、2度目の絶頂へ。

顔をかなさんの股から上げ、上半身を起こし、守護神Ⅱの下半身をかなさんの下半身へと近づける。

乳首を吸い、右手人差し指でクリトリスを刺激する。

「はぁ、はぁ、はぁ、気持ちいい。すごくいい」。

そ~っと指をはずし、ペニスを持ち、亀頭でクリトリスを刺激する。

「あぁ、いい、いい、いい」。

さらに下半身を密着させ、正上位素股へ。

「あっ、あっ、あっ」。腰が前後に動き、亀頭がクリトリスの辺りを動くたびに、短いあえぎ声が漏れる。

お○こは濡れ濡れで滑りが良くなる。

「あぁ、いい、いい、気持ちいいけど、入りそうで怖い」

「大丈夫入らない様コントロールしてるから」

「入り口をこするだけ、入れちゃだめよ」。

う~ん、もっと強く言わないと、悪い客が来たら心配だなぁ。

しばらく正上位素股を楽しんだ後は、かなさんのフェラ。動きはソフトだけど、口の中がペニスに絡みつく気持ちいいフェラです。

時折り、ペニスから口をはずし、手でペニスをしごきながら乳首に吸い付いてくる。

「旦那にも口でしてあげてる?」

「はい、でも旦那は前戯もしてくれないし…」。

だから、ソフトな愛撫に弱いんだなぁ。

フェラの次は騎乗位素股。これもまた、素人の怖さで、ほとんど騎乗位でセックスする位置で腰を落とし、身体を前後に動かす。

「あぁ、クリがこすれて気持ちいい」。

次はバック素股。

「あぁ、当たるから気持ちいい」。

本当に感じやすい身体をしています。

「欲しくなってきた?」

「でも、我慢する」

「我慢できるの?」

「で…き…ます」。

今度は、脚を閉じた状態での正上位素股。

これも亀頭がクリトリスを刺激するので、感じています。

ペニスを引き抜き、半ば強引に無防備素股に体勢チェンジ。

「入れちゃだめよ…あぁ、入り口がこすれてるだけで気持ちいいの」。

何度か指を入れてみてわかったのですが、かなさん実はすごく締りがいい。

だから、少々無防備でも入らないんです。

お○こを突く様な素股ピストンにも耐えれるうえに、ただ入らないんじゃなくて、柔らかなお肉で包み込んでいるので気持ちいい。

守護神Ⅱに発射の感覚が迫ってくる。

そして、最後はかなさんのお腹に大量発射。

「あぁ、一杯出てる」。

まだ少し時間があったので、もう一度ベッドに入る。

すぐ横にかなさんの顔を見ていると、またペニスに血が集まってくる。

かなさんの手をペニスに誘導する。

「あっ、また大きくなってる。もう1回いける」

「いけそう」。

するとローションを手に取り、手コキしながら、乳首にも愛撫を加えてくる。

さっきいったばかりなのにあっという間に、2度目の発射。

今日は2-2の引き分けでした。

本当に人妻らしい綺麗な人妻で、優しくて感度も良好。

かなさんなら、不倫、浮気気分や他人の妻を感じさせるという人妻嬢ならではの醍醐味を味わえるので、絶対お勧めですよ。

恋女房梅田店

▲ Return to page top

2007-05-28

隣りの奥さん日本橋店

BodySize
156.㌢ B:85㌢ W:63㌢ H:88㌢

メッセージ:?

+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

Date 2007年05月16日(水)

女の子のレベル=★★★★★
プレイの満足感=★★★★★
店員さんの接客=★★★★
リピートする確率=★★★★

最近、若い娘の店や20代から30代の若妻ばかりと遊んでいたので、熟女の肌が恋しくなり、「隣りの奥さん日本橋店」に行ってきました。

平日の昼下がりで出てきたパネルは8枚。

このお店も魅力的な若妻が増えていて、4人は若妻でしたが、あくまでも今日の狙いは淫乱熟女!

すると、「この娘無茶苦茶濡れて、すごいことになるらしいですよ」と店員さんが進めてくれたのはえみさん。

40代ですが、小柄で太っておらず、顔も好みです。

「どれくらい待つの?」

「もうタイマーは鳴ってますので、帰ってきてお化粧直しで20分もあれば…」。

実際には15分ほどでゴタ~イメ~ン。

40代でこの顔とボディラインなら全然ありやなぁ、心の中でガッツポーズを作る。

ホテルに行く道中も、自然に腕を組んでくる。

日本橋の風俗店はエリアが集中していて、腕を組んで歩いていても、人目がささないので良いですね。

ホテルのフロントでチェックイン手続きをするえみさんのお尻を、従業員さんに見えないようにさわさわとなでる。

従業員さんが後ろを向いた瞬間、えみさんはこちらを向くと「もう、ちょっと我慢して」。

部屋に入り、店に入室連絡をしようとするえみさん。

電話から呼び出し音が聞こえている間に「悪戯しま~す」と宣言して、背中から手を回し洋服の上から胸をまさぐる。

電話が終わると「ほんとに悪戯好きなんだから」と笑いながらお灸をすえられちゃいました。

でも、気にせず、唇を重ね、服の下に手を差し入れる。

胸も結構ボリュームがあるのでブラを着けたままでは愛撫がしにくい。

そこで、一気に全裸にし、胸に吸い付く。

脇の下を舐めるとかすかな塩気が感じられる。

「だめ、まだお風呂は行ってないから…」。

普段ならかまわずらそのまま責めるのですが、でもこの日は暑くて守護神Ⅱも汗ばんでいるのがわかる。

「お風呂行こうか」。

お風呂で丁寧に体を洗ってくれた後、守護神Ⅱの前にひざまずくとペニスを口に含む。

口中に唾液をあふれさせ、とってもおいしそうに頬張ってくれます。

そして二人で浴槽に入り、ベッドへ。

えみさんが布団の下に潜り込む。

その布団を少し荒々しく剥ぎ取ると、覆いかぶさるように唇を重ねていく。

二人の舌がえみさんの口の中で絡み合う。

唇が離れると、フゥーっとえみさんの口から長い吐息が漏れる。

そして、守護神Ⅱの唇と舌、指先がえみさんの左右の乳首と乳房を襲う。

気持ち良さそうに体は震えるものの、喘ぎ声はあまり聞こえない。

ちょっと期待してたのと違ったかなぁ、と思いながら頭を下腹部へとずらしていきクンニの体制に。

舌先がクリトリスに触れた瞬間、体がピクンと小さく跳ねる。

そのまま、舐め続けているといつしか喘ぎ声がひっきりなしに聞こえてくる。

「ンンンンン、アッ、アアァ…いい、いい、いい」。

自分でも何を言っているのかわかっていないうわごとのような喘ぎ声が響く。

もちろん、店員さんの言葉どおり、あそこはビチョビチョでシーツの上に大きく丸いシミができているほど。

でも、その割りに指を侵入させてみると、指が左右から圧迫され簡単にはおくには入っていかない。

舐めながら、指を徐々に進めていると、「いやっ、いい、いい、それいい、それいいの…そんなんしたらあかん…いきそうになる」。

無視して続けると、「ほんまに、あぁ、もうだめ、我慢でけへん…イク、イク、イクイクイク、イックゥ~」と叫び絶頂へ。

ぐったりしたえみさんの足を開き、無防備正上位素股の体勢に。

亀頭が割れ目に触れると「入れたらあかんよ」、答えず腰を前後に振っていると「あかん、ほんまに入れんといてな…あっ、クリトリスに当たって気持ちいい」と防御しながらも感じている。

ようやくえみさんも上体を起こすと「私にも舐めさせて」といいいきなりペニスをパクリ。

やっぽり熟女のフェラは良いですね。

若い娘のフェラがいかすためのテクニックだとすると、えみさんのフェラは何とかペニスを硬くして挿入可能にしようとするフェラって感じがして、興奮します(もちろん、勘違いなんですが…)。

でもこのままだとえみさんに主導権を握られフェラでいっちゃいそうなので、素股へのチェンジを希望。

まずは騎乗位素股。

「ローションは(いる?)」って聞いておきながら、ビシヨ濡れの自分のあそこをちらりと見ると「なくてもいいかな」。

程よい肉付きで胸の形も良いえみさんが、上に乗り腰を振る姿はなかなか刺激的。

あそこも滑りすぎずなかなかいい塩梅です。

次にバック素股。バックでHするときのように腰を上げ、えみさんの指が入らないようペニスをコントロールします。

これも、自分で気持ちいいように腰を振れるので気持ちいい。

でも最後はやっぱり、守護神Ⅱが大好きな嬢がベッドにペタリとうつぶせになったところに覆いかぶさる、バック素股です。

「えっ、こんなのやったことない」

「亀頭がクリトリスに当たるから気持ちいいはずだよ」。

実際に後ろから足の付け根に差し込んでみると、太ももとお尻のお肉、そして時折花びらがカリに引っかかり、気持ちいい。

えみさんも「あぁ、これいい、当たってるぅ~」と大絶叫です。

その声に促されるように背中に大量に放出しました。

「あっ、熱い!私、この仕事して背中に出されたの初めてかも。あのバック素股も初めてやし」

「でも、気持ちよかったし、えみさんも感じてたでしょ」

「うん」。

いやぁ、なんだか2人で一緒に癒されたって感じの時間が過ごせちゃいました。

えみさんは顔も体もいけてますし、プレーも本気モード全開です。

若妻専門っていう人にはお勧めしませんが。

本当の意味で人妻店の良さが知りたいんなら、えみさん絶対お勧めです。

隣りの奥さん日本橋店

▲ Return to page top

2007-04-03

恋女房梅田店

BodySize
163.㌢ B:80㌢ W:60㌢ H:85㌢

メッセージ:完全未経験の若奥様がついに入店いたしました♪

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2007年03月23日(金)

梅田の恋女房に行ってきました。

このお店はホームページ上で割引イベントをよく開催しているので、まいどねっとからのリンクでホームページを見てから行くのがお勧めです。

今日のお相手は、素人妻の清美嬢。

スリムでスタイル抜群の奥さんです。

「目的があるから風俗に入ったけど、この仕事には慣れたくないんです」と真面目な発言と、服を脱がしながら愛撫をしても、全然あえぎ声が出ないので「久しぶりにはずしたかぁ」と思いながら、シャワーを浴び、ベッドへ。

唇を合わせ、舌を差し入れようとすると、歯を閉じ軽く抵抗してくる。

こじ開けるように舌をねじ込むと、ようやく清美嬢も舌を絡めてくる。

そして乳首を愛撫すると大きな声は出さないものの、呼吸が激しくなってきたのがはっきりとわかる。

ハァ、ハァ、ハァ、ハァ…。股間に手を当てると、びっしょり濡れている。そしてクンニへ。

しばらく舐めていると、アン、アンン、アンンと我慢しきれずあえぎ声が漏れ始める。

指を入れようとすると濡れているのに、窮屈な感じがする。

「入れると痛がるかなぁ」と思い、徐々に指を進めていく。

イヤ、イヤ、イヤ、イヤァ。

いやって言ってるけど、明かに感じている声が漏れる。

そして、人差し指を入れたまま舐めていると「グッ、イヤァ、イクッ」と絶頂へ。

そのままぐったりしている清美嬢の股を開き、腰を前に進める。

亀頭をクリに擦り付けるように無防備正上位素股へ。

ペニスを割れ目に沿って前後に動かすと、亀頭があそこの入り口をかすめる。

「アッ、ダメ、お願い」。

そこで、清美嬢に奉仕してもらうことに。

フェラは意外にも唇や舌がペニスに絡みつくねっとりフェラ。

「いつもフェラでいってもらっています」という言葉通り、フェラは合格点です。

十分ペニスが固くなったところで、「横になって」と清美嬢を横向けに寝かせ、横臥位でのバック素股に挑戦。

何をするのかよくわかっていない清美嬢に「バックからするから入らないように指でぼうぎょしてね」と説明し、太腿と股の付け根にペニスを差し込む。

横向きの姿勢は清見嬢も手が使いやすいので割れ目の上に指を乗せ、入らないようにしながらペニスを刺激する。

でも手の動きが見えないのでまるでHしているよう。

想像以上に気持ちよく、守護神Ⅱもあえなく発射しちゃいました。

従順で責められ好きな清美嬢はけっこうM気質とみました。

プレー前のドライな態度は自分を見失わないための防御策だったんですね。

責めに自信のある方、気が弱くて相手の嬢にうまく自分の希望を伝えられないという方、どちらの方にも是非お勧めしますよ。

恋女房梅田店

▲ Return to page top

2007-04-02

いけない奥さん梅田店

BodySize
154.㌢ B:82㌢ W:60㌢ H:85㌢

メッセージ:一度は来て見て、会ってみて、まったりイチャイチャ楽しいことしよう。

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2007年03月14日(水)

70分ポッキリ券が当たったので「いけない奥さん梅田店」に行ってきました。

まぁ、受付で出てくる30枚以上はあろうかというパネルは美人ばかりだけど、いつものことながら2時間待ち、3時間待ちの嬢もざらです。

その中で今日の相手は約40分待ちのふたばさんに決めました。

街の中にいそうな小柄でスリムな美人妻。

ほんの数分ホテルに歩く間に「寒いね」と腕を組んできながら「腕組んで大丈夫だった?」と少し心配顔になるところも可愛い。

ホテルの部屋に入リ、シャワーを浴びるとプレースタート。

まず2人並んでベッドイン。

いったん布団をかぶったまま体を上半身をふたばさんに覆いかぶさりディープキス。

そのまま乳首を口に含み愛撫。

反応は薄めかな。

しばらく続けていると、あえぎ声こそ聞こえないもものの、時々ビクンと体が動き、ンッッと声にならない声が漏れる。

ふたばさんって演技しない女性なんですね。

じゃあ、どれくらい感じるのかと、得意のクンニへ。

すると、ウン、ウン、ウンと激しい声こそ出ないもの、体を痙攣させる頻度が多くなる。

アァ、アァ、アァ…ついに声が漏れ出し、「気持ちいい…、ウッ、ダメ、いきそう」。


ハ、ア、アァァ…激しく痙攣し絶頂へ。

しばらくぐったりしていたふたばさんですが、我に返り「今度は私がしてあげる」。

仰向けになった守護神Ⅱに添い寝する格好でキスをし、そして守護神Ⅱの乳首に舌を這わせる。

手は内腿を愛撫し、ちょうど守護神Ⅱがペニスに刺激が欲しくなって堪らなくなった頃に棹を握ってくれる。

そして一心不乱に乳首を舌先で転がしながら、手はペニスを上下する。

もう、守護神Ⅱのペニスはこれ以上大きくならないって位に大きく固くなっている。

と、ここでふたばさんは体勢を変え、フェラへ。

あまり手を使わないねっとりフェラで、余った手は守護神Ⅱの乳首を弄る。

どうやら乳首が感じることを見抜かれたよう。

本当は、すぐにいきそうだったんだけど、何とか我慢していると、プレー終了時間が近づきタイマーが鳴る。

「いけそうにない?」

「(ほんとうはいきそうだけど)う~ん、バック素股とかしてくれたらすぐにいくと思うけど」

「ちょっと難しいかな。したことないし」

「ぴたっとうつぶせになってくれたら、太腿の間に挟んで勝手に動くよ」

「じゃぁ、大丈夫かな」。

ふたばさんがうつぶせになる。

「ローション使う?」

「少し使おうかな」。

太腿の間にローションをたらし、ペニスを挟み込む。

ピストン運動を始めると、これがとても気持ちいい。

ふたばさんはスリムなんですが、程よい筋肉と太腿の付け根の辺りにだけ少し脂肪があって、ペニスをぴったりと包み込んでくれる。

ローションを使っていなかったら痛かったかも…。

本当に数分でフィニッシュしちゃいました。

素人妻を本気で感じさせて、自分も気持ちよくなりたいというわがままな人でも。

ふたばさんならきっと満足できますよ。

いけない奥さん梅田店

▲ Return to page top

2007-03-17

大和屋梅田店

BodySize
156.㌢ B:96㌢ W:60㌢ H:89㌢

メッセージ:優しく愛してください。

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2007年03月12日(月)

梅田近辺で仕事中に時間が空いたので、大和屋梅田店に飛び込んだ。

大和屋さんといえば、美人しかいないので定評の人妻ホテヘル店。

月曜日の11時半で準備の時間だけでプレーできる嬢が4人、その後、1時頃からが1人、そして2時頃が1人。

待てるならと30人以上のパネルがアルバムで出てきます。

その中から守護神Ⅱが選んだのは柏木美香さん。

パネルを見ると、確かに綺麗なんだけど茶髪で気が強そう。

普段なら敬遠するタイプですが、この日はなぜか美香さんから目が離せない(まぁ、それだけ顔が好みだったってことなんですけど)。

ついに美香さんを指名し、10分ほどでご対面~。

やっぱり顔はもろ好みで、下半身のレーダーがピクンと反応する。

エレベーターで二人きりになると「どうして、私を指名してくれたの?もっと若くて綺麗な娘がいっぱいいたでしょ」と美香さん。

あれ、気が強い娘じゃないのかな…。

「顔が好みだったから…見て」と美香さんにズボンの上から大きくなっている守護神Ⅱのジュニアに触らせる。

「すごい…」と恥ずかし気に微笑む。

ホテルのフロントでは、カウンターの中から見えていないのをいいことにスカートの上からお尻を撫で回す。

「あっ…」。

美香さんが腰をくねらせる。

部屋に入ると店に電話連絡しようとする美香さんの背後に忍び寄り、服の上から乳房を揉みしだく。

Fカップはあろうかという胸は感度も上々。

「だめ、電話できない」と体をよじらせ快感を我慢する。

電話がつながると「はい、○○の4○○号室に入りました。はい」と必要なことだけを一息に早口で言うと電話を切る。

「もう、だめ、早くシャワー浴びよう」。

服を脱ぎ、ブラジャーをはずすと綺麗で見事なバストがあらわになる。

たまらず吸い付く。

「あん、もう、たってられない」。

乳首を吸いながらパンティの上からクリあたりを擦ると膝がガクガクして崩れ落ちそう。

「ねぇ、お願い。先にシャワー…ねっ」。

浴室で体を洗ってもらいながら、色々聞き出す。

「旦那とセックスしてる」

「全然、最後にHしたの去年のいつかな」

「じゃあ、彼氏がいるとか」

「おるわけないやん。だから去年からしてないの」。

じゃあ、今日は気持ちよくしてあげましょう。

「私ね、この仕事始めてからかなりお肉ついちゃった」

「ストレスもあるしね」

「だからさっきも聞いたけど、私より綺麗で細い娘もいっぱいいるのに何で私なのかなぁって思ったの」

「でも、顔はやっぱり綺麗やし、ぽっちゃりしてても色っぽくて好きやよ」

「ありがとう」

「でもパネルはSっぽいけど、ほんまはMやろ」

「えっ、わかる?なんで」

「何となくね。お願いされると断れないタイプちゃうか」

「お願いの内容にもよるけど、そうかも」

ベッドに戻ると、膝立ちの美香さんとディープキス。

膝立ちの姿勢だと胸が突き出されて迫力満点です。

次いで乳首を口に含む。

感じてきて、膝で立っているのが苦しそうなので、ベッドに寝かせ、もう一度ディープキス。

そして乳首の愛撫へ。

「あぁん、あぁん、あぁ、あぁ」。

胸は柔らかくて触り心地も満点。乳首を口に含んでも、指でつまんでも美香さんは可愛い声で感じてくれます。

そして、クンニへ。

下の毛は薄くて舐めやすい。

脚を開かせ、クリトリスを舐める。

「はぁあ、あぁ、いい。いい。いい」。

すぐに指を入れても大丈夫なほど濡れてくる。

指を入れてみると、あそこの中は柔らかい凹凸がいくつかあって締め付けてくる。

これでしばらくHしてないなんてもったいない。

さらにクンニと指ピストンの連携責めを続ける。

「はぁ、はぁ、ああ、あん、あん、いきそう…」。

声になったのはここまでで、このあとは、体全体に力が入り、のけぞるとビクビクっと脚を震わせ絶頂へ。

「はぁ、はぁ、いっちゃった」。

そのまま体を前に動かせ、乳首を口に含みながら、亀頭の先でクリを刺激する。

「あっ、あっ、だめ、いやぁ、気持ちいいけど、入りそうで怖い…ね、今度は私がして上げる」。

体勢を入れ替え、仰向けに寝た守護神Ⅱの横に座る美香さん。

キスをし、そのまま乳首、お腹、下半身へと唇をずらしていく。

キンキンに固くなったペニスをおいしそうに頬張り、頭を上下させる。

頬張りながらも、乳首を指でつねり、玉袋をやさしくもんでくれる。

「素股してもいい?」

そう聞くと、美香さんが守護神Ⅱの上にまたがってくる。

そして自分のクリトリスにペニスを強めに押し当てながら騎乗位素股。

クリトリスを強く刺激するので美香さんも感じている。

「あぁ、いい、はぁあ、いい、いい」。

その声を聞き感じている顔を見ていると守護神Ⅱも感じてくる。

あぁ、気持ちいい、いきそうやなぁ、と思っていると、美香さんが「あぁ、またいきそう」と声を漏らす。

美香さんがいくまで我慢したいけど、無理ぽいなぁ。

「ゴメン、俺いきそう」

「いって」

「いくよ」。

美香さんの手とお腹に発射。

みかさんも感じているよう。

しばらく二人とも動けずにいると、ようやく美香さんが「いっぱい出たね」とティッシュでふき取ってくれる。

「私の方が気持ちよかったかも」そう言い、美香さんが布団に潜り込む。

守護神Ⅱもその横に滑り込む。

時々キスをしたり、胸を触ったりしながら、お互いの身の下話をしていると、美香さんが守護神Ⅱのペニスに手を伸ばし、弄りだす。

すると再び大きくなってくる。

「大きくなってきたね」

「そんなんしたら責任とって、犯さしてもらうよ」

「だめ。でも、もう1回いけそう?」

「多分(大丈夫)」。

布団をはがし、美香さんが守護神Ⅱのペニスをくわえ込む。

時間が無いこともあり、咥えたまま指でも棹を上下し、刺激する。

フェラされながら指先で乳首を愛撫すると、「はぁ~」とせつなそうな声が漏れる。

さすがに2回目でなかなかいきそうに無い。

だけど、美香さんは愛しそうにペニスへの愛撫を続けてくれる。

ようやく「あぁ、いきそう」。

そして口の中へ発射。

「私も気持ちよくしてもらったし、ちゃんといってもらえて良かった」。

綺麗な顔で巨乳、優しくてM気質な美香さん。

優しい愛撫には本気で応えてくれるし、ご奉仕するのも大好きだとか。

守護神Ⅱは次は本指名でプレーすることを約束しちゃいましたよ。

大和屋梅田店

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search