2006-12-04

借金妻日本橋店

BodySize
167.㌢ B:82㌢ W:58㌢ H:81㌢

メッセージ:おじ様大好きな私と遊んでください♪

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2006年11月20日(火)

「今日はどこで遊ぼうかな…」まいどねっとの携帯サイトの検索で日本橋のお店を検索して見つけたのが借金妻日本橋店。

十数枚のパネルの前で「綺麗な素人っぽい人が良いんだけど」と希望を告げると、店の人が2枚のパネルを手前に出し
「この二人が新人さんではお勧めです。どちらも綺麗でしょ」。

確かに二人とも綺麗、ならここは若い方でとこの日のお相手は花沢るいさんに決定。

スリムで綺麗、まさにパーフェクトです。

ホテルに入り、お風呂の用意をしたあと、洋服を脱がせます。

さすがに20代!

ボデイラインが崩れていません。

「ゴメンね、実は今日、生理が終わりかけで…中に詰めてるから血は出ないと思うけど…」

「かまへんよ。それより、清潔にしないとね」。

うがいや体の洗浄を念入りにし、ベッドへ。

するりとベッドに滑り込んだるいさんを腕枕し、唇を合わせる。

舌を差し入れると、遠慮がちに舌が絡み付いてくる。

しばらく濃厚なキスを楽しんだ後、バスタオル越しに胸をまさぐり、そして剥ぎ取る。

「胸小さいから恥ずかしい」

「そんな事ないよ、綺麗だよ」。

言い終わると乳首に吸い付く。

「あっ」。

小さな声が漏れる。

感度は良さそう。

しばらく、左右の乳首を味わったあと、再びディープキス。

やっぱり美人だと何度もキスがしたくなります。

キスのあとは、唇をずっと下に下げていき、クリトリスへ。

「あっ、生理なのに、いやじゃない?匂いとかしない?」

「全然しないよ」。

そういうとクリトリスを中心に、クンニに突入。

「あっ、いい、いい」。

短い小さなあえぎ声が断続的に続く。

右手を伸ばし、左の乳首をつまむように愛撫する。

「う~ん、い、いい」。

さらにクンニと乳首への愛撫を続けていると、「あっ、だめ…」そう言うと、体がピ~ンと硬直。

詰め物をしてあるはずなのにあそこはかなり濡れ濡れになってます。

そこで、その天然のローションを利用して、正上位素股へ。

詰め物のおかげで間違って入っちゃう心配がないので、かなりぎりぎりの素股です。

ダイレクトにクリトリスを刺激するので、るいさんも感じているよう。

美人が感じている姿はやはり美しい。

最後はこの美しい顔でフェラを選択。

「フェラは自信あるんです」とういうだけあって、絶妙な感触で刺激してくれます。

しかも時折り、守護神Ⅱの性感体のひとつ乳首も指先で愛撫してくれる。

綺麗な顔と抜群なプロポーションの視覚から来る興奮と実際の刺激のダブルで興奮して、大量発射。

しかも、お風呂で洗ってくれる姿と洗うときの刺激で再びペニスが大きくなり、手コキで2度目の発射。

すっかり下半身を軽くしてホテルを後にできました。

人妻店の濃厚で心がこもったサービスを若い嬢から受けることができる!

得した気分になれるるいさんでした。

借金妻日本橋店

▲ Return to page top

2006-11-27

隣りの奥さん日本橋店

BodySize
158.㌢ B:82㌢ W:62㌢ H:88㌢

メッセージ:

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2006年11月21日(火)

=「あぁ~、人妻と遊びたい」ということで、携帯でまいどねっとを検索して、久しぶりに「隣の奥さん日本橋店」に行ってきました。

「会員なんですけど、久しぶりにまいどねっと見てきました」

「ありがとうございます。今日は出勤多いですよ」そういうと、10枚ほどのパネルを並べらる。

「どんな娘がお好みですか」

「背があまり大きくなくて、細身で、素人っぽい奥さんがいいです」といいながら、3枚のパネルを見比べてると、「正直、この子はぽっちゃりしてますね。

「こちらお二人なら、どちあでもお好みに会うと思います」。

というわけで、今日の相手は夏子さんに決定。

10分ほどで、対面した夏子さんは、女優の井○遥が、10歳ほど年齢を重ねた感じの美人妻です。

ホテルに歩きながら、手を重ねるとしっかり手を握り返してくる。

思わず、守護神Ⅱのジュニアが固くなる。

歩きながら、夏子さんのてをズボンの前のふくらみに当てる。

「アッ、硬くなってる。嬉しい、でも、こんなところでこんなことしていいの」と、嬉しそうにはにかむ。

ホテルに入ると、外気のとの温度差で少し蒸し蒸しする。

夏子さんの服を脱がし、汗ばんだ体に舌を這わせる。

「だめ、汗かいてるし、先にシャワーしよ」。

お風呂に入ると、人妻らしい丁寧な手つきで体を洗ってくれる。

「お風呂は溜めといて、後ではいろうね」。

ベッドに戻ると、ディープキスをしながら、体を重ねていく。

そして、乳首へと舌を這わせる。

「あぁ、気持ちいい」。

さらに左右の乳首を交互に責めていると、「今日は、あなたで最後だから、いかせてもらおうかな」。(もちろん、こちらもそのつもりだよ)。

頭を下のほうへずらし、脇腹から、下腹部へと頭をうずめる。

クリトリスにしたが到達すると、「あっ、いきなり、そんな…」。

十分に潤ったところで、指を挿入すると、「あぁ、いい、いい」。

そして、今度は手を伸ばし、クンニをしながら左の乳首を弄くる。

「もう、それいい、いきそう」かなり、感じているようなので、体を起こし、正上位素股の体勢に。

乳首を口に含みながら、ペニスでクリを擦っていると

「あぁ、いく。いっていい?」

「いいよ」

「あぁ、いい、いくぅ」。

しばらく、ぐったりしたあとは、夏子さんが攻める番。

仰向けになった守護神Ⅱの乳首を舐め、指でつねる。

「乳首が感じるのね」。

そして、指先で乳首を弄りながら、ペニスをパクリ。

何度もペニスに唾液をたらしながらの卑猥なフェラが続く。

その絶妙な感触に「あぁ、いきそう」。

その声を聞くと夏子さんの頭の振り方のピッチがあがる。

程なく、夏子さんの口中にフィニッシュ。

しっかり、最後の一滴まで絞りとられました。

しかも、「まだ時間あるから、後でもう1回挑戦しようね」。

タイマーぎりぎりで、最後にもう一度、放出し、すっきり、下腹部を軽くして部屋に出ました。

他の店、嬢で「時間短いんちゃうか」「いったけど、物足りないな」っていう経験がある人は、夏子さんと一度遊んでみてください。

きっと、「やっぱり、人妻店っていいな」って、満足できますよ。

隣りの奥さん日本橋店

▲ Return to page top

2006-11-02

借金妻日本橋店

BodySize
164.㌢ B:85㌢ W:62㌢ H:86㌢

メッセージ:全身どこを責められても感じまくりの【ジュン】さん!責められるのが大好きだとか・・・♪奥様の喘ぎ声&乱れっぷりをご堪能下さいませぇ

+++++++++守護神Ⅱさん43の体験談+++++++++

Date 2006年10月25日(水)

借金妻日本橋店に行ってきました。

「ありがとうございます。実は、今面接している娘がいるんですが」

「どんな娘?」

「ちょっと待ってください」。

店員さんは、いったんカーテンの奥に引っ込み、出てくると手には携帯電話。

守護神Ⅱにその画面を見せ、「こんな娘ですがいかがですか?」

「(けっこう可愛いな)じゃぁ、この娘でお願いします」。

20分ほど、準備の時間を待ち、ジュンさんが登場、当然、写メより可愛い。

「よろしくお願いします」、そういうと恥ずかしそうに腕を組んでくる。

ホテルの一室に入っても、まだ緊張して落ち着かない様子。

「風俗の仕事はまったく初めてなので、胸がドキドキしています。とりあえず、お風呂の準備してきます」。

ベッドに腰掛けて待っていると、戻ってきたジュンさんが隣りに腰掛ける。

優しく肩を抱き、唇を奪う。

そして、ジャケットを脱がすと、ブラのホックをはずし、シャツを捲り上げると乳首に吸い付く。

左、右、左、右…「あんん、うまいですね。だめになりそう」。

感度は抜群ですね。

上半身の服を脱がせ、スカートに手をかける。

「あっ、恥ずかしいから、自分で脱ぎます…パンティも脱がないとダメですよね…あの、私パイパンなんですけど、いいですか?」。

素っ裸になり、再び、横に座るジュンさん。

毛がないのでくっきり浮き出た割れ目に指を添わせると、もう、じんわり濡れはじめている。

少し窮屈な姿勢だけど、座ったままのジュンさんの股間に顔をうずめ、クンニに突入。

「だめ、まだシャワーしてな…」。

もうその後は言葉になりません。

だんだんと、上半身が後に倒れ、ついに仰向けに。

もう、足を広げ、なすがまま。

「あぁ、きもちいい。やばいくらい感じてます…だめ、い、きそう」。

体を大きく震わせまず1回目の絶頂へ。

「あぁ、どうしょう、気持ちいい。ねぇ、もっとして欲しいから、先にお風呂行きましょう」。

お風呂に入ると、ぎこちないながらも、本当に丁寧に体を洗ってくれます。

二人で湯船に入り、乳首とクリをいじっていると、「あっ、いい、本当に上手。ねぇ。続きはベッドでお願いします」。

ベッドに戻り、今度はしばらくクンニをした後、ローターで責める。

「あっ、どうしょう、潮吹いちゃうそうです。いい?」

「いいよ」

「あっ、すごい、そこ、もう少し強くしてください」、ローターを強めに当てると、あそこから温かい潮がピュッ、ピュッと吹き出る。

「恥ずかしい」。

そのまま、ジュンさんの足を広げさせ、お互いの股間を密着し、正上位素股に移行。

「あぁ、クリに当たって気持ちいい」。

あそこはビチョビチョで、少しペニスをずらせば入ってしまいそう。

時折り、亀頭が入り口に引っかかる。

「あっ、だめ、怖い」。

今度は主導権をジュンさんに譲り、ジュンさんが上になるシックスナインの体制に。

目の前に突き出されたクリトリスを舐めると「あっ、だめ、でも私も頑張る」。

一生懸命頬張るものの快感には抗えないよう、だんだんフェラの動きが遅くなり、ついには完全に快感に身を任せる状態に。

ここで、もう一度、ローターを当ててみる、。

「あぁ、また潮吹きそうです。ダメ…」。

またもやピュッ、ピュッ、温かい潮が守護神Ⅱの喉から胸にかかる。

「ごめんなさい、でも、気持ちよくて何が何だかよくわからなくて」。

今度はジュンさんをうつぶせにし、ローションを内ももとお尻に塗る。

そして、ペニスを太ももの付け根の間に差し込む。

「これって、クリによく当たるでしょ」

「はい、気持ちいいです」。

太ももとお尻に程よくお肉がついているので、このバック素股は気持ちいいですよ。

というわけで、今日のフィニッシュには、このバック素股を選択。

「あっ、いい、いい」。

亀頭がクリに当たるたびに、お尻の筋肉に力が入ってペニスをぎゅっと締め付ける。

たまらなくなり、「出すよ」、ジュンさんの背中に大量発射しました。

まったくの風俗素人で敏感体質のジュンさん。

テクニックはまだまだこれからですが、素人人妻とプレーしたい人には是非お勧めですよ。

あと、うまく責めれば潮を吹いてくれるので、いい経験になりますよ。

借金妻日本橋店

▲ Return to page top

2006-10-26

いけない奥さん梅田店

BodySize
157.㌢ B:83㌢ W:59㌢ H:84㌢

メッセージ:毎日のお仕事ご苦労様です。頑張りやさんの貴方!ちょっと仕事の疲れを癒すのに、私と一緒に楽しい時間を過ごしませんか?

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2006年10月13日(金)

季節外れの「バレンダインディー・キス!?」。

ポッキリ券を握りしめ、行ってきました梅田の「いけない奥さん」。

嬢のレベル(もちろん顔と身体の)は、大阪でもトップレベルですね。

でも、お客も多く、パネル指名だと待ち時間が長くなりがちなのがネックです。

今回も覚悟してフロントを訪れると、20枚以上ずらりとパネルは並べられたもの、すぐに遊べる嬢は0名!

う~ん、この中なら誰でもOKなんやけどなぁ。

そこで、店員さんが、待ち時間が早いほうからパネルを並べ替えてくれる。

待ち時間1時間程度のパネルで一際かわいく、若妻っぽく微笑みかけてくれる写真に目が釘付け。

「この娘にします」

「はい、まきさんですね」。

50分ほどで案内となり、エレベーター前でまきさんとご対面。

あっ、元おにゃん○の国○さゆりみたい。

小柄ながら、かわいく笑いかけるまきさんはまさにアイドルそのもの。

守護神Ⅱのテンションが一気にあがるとともに、あそこも急に硬度を増す。

ホテルの部屋に入ると、店に入店確認をするまきさんの胸を後ろから愛撫する。

振り返り「もう!」とかわいく怒るまきさん。

続いて、お風呂の用意をするまきさんに、「イソジン貸してもらってもいい?」

「うがい?」

「うん」。

洗面台で入念にうがいを済まし、ベッドに腰掛けているとまきさんも横に座ってくる。

うがいを済ましたので、ためらわずにディープキス。

まきさんも少し驚いたあと、しっかり舌を絡めてくる。

服の上から胸をまさぐる。

そして、背中から手を差し入れ、ブラのホックをはずす。

今度は服の下に手を滑り込ませ。

ブラと一緒に服を持ち上げる。

左の乳首を露出させ、優しく吸い付く。

「あぁ、いい」。

右の乳首も吸ったあと。洋服を脱がし上半身を裸に。

そして、スカートをはかせたまま、パンティを脱がす。

指で優しくクリを触ってみると「あっ」と敏感な反応が返ってくる。

そして、スカートを腰まで巻くし上げ、クンニに突入。

「ン、ンン、ンンン」とかわいい声を上げ続ける。

でも、声とは裏腹にあそこはもうビショビショ。

「ほら、すごい濡れてる。かわいい顔してるのにHやね」

「だって、気持ちよくさせるから…」

「ほら、このまま続けるとスカートが濡れるよ、脱がして欲しい?」。

コクリとうなづいたまきさん、スカートを脱がせやすいようにベッドから腰を浮かせる。

スカートを脱がすと、割れ目に人差し指を差し入れてみる。

少し、反発を感じさせたものの、濡れているので中へと侵入していく。

第一関節を上に曲げると「あっ」、そして、指の曲げ伸ばしを続けながら、クンニを再開すると、「あっみ、いい、だめ、いい」と明らかに一段階上の感じ方を見せる。

さらに、遊んでいる左手を右の乳首に伸ばしもて遊ぶ。

まきさんの右手が無意識のうちに守護神Ⅱの左手をさぐり、しっかりと握りしめてくる。

一段と手に力が入り「だめ、やめて、いっちゃう」、無視して続けると「お願い、いきそう、いく、いくぅ~」。

力の入り具合で本気で行ったことはわかりますが、声はとてもかわいい。

「気持ちよかった?」

「うん」。

恥ずかしそうにうなづく。力が抜けているまきさんのクリを優しく指の腹で触ってみる。

「あん」。

いった後も、くすぐったくならないよう。

そこで、「これは感じる?」。

まきさんの足を開かせると、割れ目にペニスの竿の部分を添わせ、正上位素股。

亀頭がクリを刺激するように意識して動いてみる。

「あぁ、だめ、それ感じる」。

しばらく続けていると、「ねぇ、それだと私がまた気持ちよくなっちゃう。交替しよ」。

そういうと守護神Ⅱを仰向けにし、ペニスに手を添える。

そして、優しく上下させながら、ディープキス。

まきさんの顔が気に入っている守護神Ⅱには強力な攻撃です。

「あっ、今ピクンって硬くなった」。

そして、そのまま愛しそうにペニスをほおばる。

ペニスを口に入れても、やっぱりまきさんの顔はかわいい。

時折、指も使った一生懸命のフェラに守護神Ⅱの快感が高まり、もう発射寸前。

「いきそう」

「いいよ、このままいく」

「キスしてもらいながら、手でしてもらって、まきさんの身体に出したい」

「うん」

ちょっと恥ずかしそうにうなづく。

そして、まきさんを仰向けにし、覆いかぶさるようにディープキス。

まきさんの手はペニスを上下させている。

「あっ、いきそう」。

まきさんの手の動きが早くなる。

「出すよ」。

まきさんのお腹に大量発射。

「いっぱい出ちゃった」

「嬉しい。私も気持ちよかった」。

まきさんの白い身体を汚すように飛び散る精子を見て、征服感も手伝って大満足。

充実の70分間でした。

まきさんは身体は敏感体質で、素人っぽさがかなり残っています

。とはいえ、フェラも気持ちよく◎。

特に、素人っぽい嬢が好きだけど、最後はちゃんと満足させて欲しいという男性にお勧めです。

いけない奥さん梅田店

▲ Return to page top

2006-09-22

大和屋谷九店

BodySize
T:150.㌢ B:83㌢ W:59㌢ H:86㌢

メッセージ:いっぱい感じさせて下さい♪

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2006年09月21日(木)

きれいな人妻と会いたくて、木曜日の午後3時過ぎに大和屋谷九店に行ってきました。

いわずと知れたハイレベル人妻店ですね。

店に入ると既に2人が待合室で待っていて1人が受付中です。

「やっぱり流行ってるなぁ」。

10分ほど待ち、ようやく守護神Ⅱの番。

出てきたパネルは9枚。

その中から、小柄で顔立ちもかわいい椎名ゆりあさんに決定。

ホテルは店からすぐ近く。

ホテルに入ると、ゆりあさんがお風呂の用意をする間に、服を脱いでおく。

準備を終え、部屋に戻ってきたゆりあさんは、パンツ1枚の守護神Ⅱを見るなり「わぁ、やる気まんまんだね。ちょっと待ってて、私も脱ぐから」、そう言うと、ソファに腰掛け、服を脱ぎ始める。

上着を脱いだところで、ブラのホックをはずすのを手伝う。

「ありがと…」、最後まで言わさずに、乳首にむしゃぶりつく。

「う、あ、あっ」、思わず声を漏らすゆりあさん。

かなり感度良好ですよ。

舌と唇で左右の乳首を交互に愛撫しながら、右手でパンティの上から内もも、クリトリスをなでる。触りやすいように、ゆりあさんが足を広げる。

しばらくパンティの上から愛撫した後、スカート、そしてパンティを脱がす。

クリを触ると「アッ」、短く声を上げる。

そして、クンニへ。

しばらく舐めていると、もっとおくまで舐めて欲しいのか、足をソファの上に挙げ、M字開脚であそこを突き出すように広げる。

さらにクンニを続けながら、手を伸ばし乳首を愛撫すると「あぁ、いい、感じる」。

どうやら、一番の性感体は右の乳首のようです。

ならばと、守護神Ⅱもあそこから唇を離し、再び乳首を舐める。

その時、突き出されたあそこに、既に大きくなっているペニスの先を押し付ける。

乳首を舐められながら、亀頭でクリを刺激され、「あっ、あっ、いい…ねぇ、お風呂に入ってから、ちゃんと舐めて」と、ゆりあさんはより大きな快感を要求する。

綺麗に体を洗ってもらったあと、まず、湯船に体を沈めた守護神Ⅱの上から入ってくるゆりあさん。

指で乳首を弄ばれ、耳たぶや首筋を甘噛みされると「あぁ、ああー」と声を出し、手を後に回し、守護神Ⅱのペニスを捜し、見つけると上下に優しく指でしごき始める。

しばらく、湯船でイチャイチャした後、「ベッドに行こうか」「うん」。バスタオルを巻いたまま、ベッドに横たわるゆりあさんをタオル越しに愛撫する。

スッと、触れるか触れないかのぎりぎりの感覚で乳首をすると、タオル越しにも乳首が勃起したのがわかる。

「乳首立ってるね」

「乳首がすごく感じるの」

ディープキスをし、舌を吸い合う。

そして、バスタオルを剥ぎ取り、乳首に吸い付く。

手をあそこに持っていくと、もうしっとり濡れている。

クリトリスも充血している。

クンニに入ると「あぁ、あぁ」といっそう大きな悦びの声をあげ、太ももに力をいれ、守護神Ⅱの頭を強く挟み込む。

さらに、舐め続けると「いい、いい…ねぇ、胸も触って…」。

手を延ばし乳首をつねる。

「う、いい。ねぇ、いいの」。

もっと乳首を愛撫しようと、上体を起こし、指先でクリトリスを刺激しながら、乳首に吸い付く。

「いや、いい。いい。いきそう」

絶頂が近いことを告げるやいなや、「いくぅ」体をひねり、絶頂に達してしましました。

そのまま、腰を前に押し出し、割れ目にペニスを沿わせ、愛液をローション代わりに、正上位素股へ。

亀頭がクリの通過するたびに「あぁー、いい」。

でも、少し下の方から割れ目に当てようとすると「だめぇ、それは危ないから…今度は私が舐めてあげる」と上体を起こし体を入れ替える。

ペニスを口にすると、結構深くまでくわえ込み、頭を上下する。ペニス全体が包みこまれ、とても気持ちいい。

さあ、亀頭部分だけを咥え、手でさおの部分を愛撫する。

この刺激はたまりません。

守護神Ⅱも発射が近くなったことを感じる。

「最後は、素股で行きたいな」

「いいよ、私が上でいい?」

そういうと、ペニスをつかみ、あそこに擦り付けながら、上から体を覆いかぶせてくる。

そして、激しく体ごと動気、ペニスに刺激を与えながら、舌先で守護神Ⅱの乳首を愛撫する。

このダブルの刺激と、体の密着度に、守護神Ⅱの興奮は絶頂に。

「もう、あかん、いく」。

うえになったゆりあさんの手の中に発射しました。

あとで見てみると、ゆりあさんの手には守護神Ⅱの白い液がペットリ。

「いっぱい出たね。嬉しい」。

感じやすい体で、せめのテクニックも高い。

遊んでみて、絶対に後悔しない人妻風俗嬢ですね。

しかも、気好本気で感じるタイプのよう。

本当にまた会いに行くから待っててね、ゆりあさん!

大和屋谷九店

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search