2006-06-23

妻味喰い

BodySize
146.㌢ B:81㌢ W:54㌢ H:78㌢

メッセージ:またまた母乳の出ちゃう若奥様『ひな』奥様が入店致しました♪正直まだお色気、エロさは30代奥様には負けますが、色白、パチクリお目めの可愛らしい奥様でございます。

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2006年06月22日(木)

とても可愛い人妻嬢を発見しました。

梅田・妻味喰いの新人嬢ひなさんです。

身長146センチの小柄な体にお目目パッチリ、ELTの持田香○さん似で本当に可愛いです。

風俗の仕事は初めてとあって、ホテルに入っても「まず、何するんだっけ、あっ、お店に電話するね」、ペットボトルを取り出し「コップはどこかなぁ?」…。

すべての仕草が初々しくて可愛い。

服を脱がせると体のラインはスリムで綺麗。

「学生時代はずっと運動してたんで、あんまり色気が無い体かも、昔は腹筋割れてたんですよ」。

いえいえ無駄な肉が無くて本当に綺麗です。

お風呂に入ると「えっとぉ、この椅子に座ってください」

「背中は脇の下から手を回して洗うんですよね」

講習を思い出すように一つ一つ確認しながら、丁寧に洗ってくれて嬉しい。

ベッドに戻ると、ひなさんの体を横たえさせ、可愛くちびるにキス。

「どんな風に愛撫して欲しい」

「優しくお願いします」。

確か昨日体験入店したばかりだったはず。

「昨日のお客さんはどうだったの」

「乱暴に指を入れる人で、痛いから止めてって言っても、それを感じてると勘違いしてるのか止めてくれなくて…」

「大丈夫だった?」

「今も少し痛いです」

「じゃぁ、やさしく舐めてあげるね」。

まず、乳首を舐める。

少し吸うようにすると感じるようで大きな声が漏れる。

「あっあっ…あの実は私…母乳がでるんです」。

ひなさんが自分の手で乳房をマッサージし、絞るように揉むと白い液体が染み出てくる。

堪らず、乳首に吸い付く。

「脱脂粉乳みたいな味でしょ。でも、いつも出るわけじゃ無いんです。やっぱり、体調が良かったり、安心すると出やすいみたい」

「昨日は(出たの)?」

「ダメ、怖くて痛くて、とてもそんな感じじゃなかったから」

「お客だから、何してもいいってわけじゃないから、本当に痛かったり怖かったら、お店に電話してもいいんだよ」

「うん、昨日はお店に電話しようとしたら、やっと止めてくれたの…」

初めてのお客さんで怖い思いをしたんだね。

こんな可愛い顔の嬢がやめてしまっては大変。

絶対気持ちよくしてあげないと。

左右の乳首を丁寧に舐め、舌を下腹部へとずらす。

クリトリスをソフトに舌で刺激する。

「アァ、気持ちいい」。

頭を上げ、再び乳首をなめ、指でクリトリスを左右に刺激する。

突然、ひなさんが守護神Ⅱの頭を抱きかかえた。

「それ以上されたら頭の中が白くなっちゃう」

「いいよ、いっちゃっても」。

もう一度、舌でクリトリスを舐め、右手を伸ばし指で乳首を愛撫していると、「あっ、もう、もう」

さらに続けると、「あう、う~ん」

体を大きく痙攣させ、ひなさんは絶頂に達しました。

しばらく、添い寝をして体をなでる。プレーではなく、一緒にいることで癒される、ひなんさんにはそんな魅力があります。

「ありがとう、今度は私が気持ちよくしてあげるね」そういうと、ペニスを握りながらのディープキス。

「怖くて、(お店を続けるか)どうしようって思ってたから、本当に嬉しかった…」。

甘えるように乳首を口に含み、そしてペニスへ。

亀頭を口に含み、舌で尿道口付近を刺激する。

正直、すこし刺激が足りないけど、あの可愛い顔で一生懸命奉仕してくれている姿は興奮を高めてくれます。

次いで、小さな口を精一杯使ってペニスをくわえ込み、上下させる。

その動きに指でのしごきを加えられフィニッシュ。

「いっぱい出たね。嬉しい」。

本当に嬉しそうにそう言うひなさんが愛おしくて、ぎゅっと抱きしめたところで、タイマーが鳴り終了。

ひなさんは、乱暴なプレーは本当に苦手なようです。

優しくリードして上げれば、気持ちいいだけじゃなく、終わった後も、心が癒される、貴重な時間がすごせますよ。

妻味喰い

▲ Return to page top

2006-06-22

恋女房梅田店

BodySize
157.㌢ B:81㌢ W:58㌢ H:83㌢

メッセージ:素人新人入店いたしました・・・優しく弄ってあげると・・・興奮するみたい・・・

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2006年06月20日(火)

またまたまいどネットに新規掲載店が出ていたので挑戦してきました。

梅田の「恋女房」、太融寺近辺の風俗店がたくさん入ってるビルの2階にあります。

90分1万6千円の激安店ですが、イベント中はなんと新人なら90分1万3千円とさらに驚きのプライスに。

というわけで、新人のようこさんをチョイス。

パネルからはおとなしそうな若妻の雰囲気が感じられます。

実際に対面してみると、とても恥ずかしそうで、まともに顔も見れないよう。

「まだ、慣れないの」

「はい」。

うん、初々しい。

ホテルへ向かう路上で、手を握ろうかどうしようか、迷う素振りを見せるようこさん。

このあたりも本当に初心(うぶ)ですね。

こちらから握ってあげると、一瞬驚いたような表情のあと、しっかり握り返してきます。

手の感触が心地よく「肌が合うな」と早くも守護神Ⅱのペニスが反応を始める。

ようこさんはホテルにチェックインし、部屋に入っても下を向いてもじもじ。

「恥ずかしい?」

「少し…」

「先にお風呂に入ろうか」

「はい」。

胸を隠しながら服を脱ぐ姿がまた初々しい。

30歳だと言ってましたが、体の線や肌の張りは25歳位にしか見えません。 

ベッドに入るときにも、体にきつくバスタオルを巻きつけたまま。

でも、それを剥ぎ取るのに抵抗はしません。

無理やり顔を上げさせ、唇を奪う。

「ン、ンン」。

乳首を指でつまんだり、舌で転がしたり、噛んでみたり。

普通の嬢なら、ここで「あっ、あんあん」と声が上がるところだが、反応がほとんど無い

(あれ、胸は感じないのかな)。

そう思いつつ、あそこに指をはわせてみると、しっとり、いやびっしょりと濡れている。

濡れていることを気付かれたと感づいたようこさんは守護神Ⅱの頭を押し上げると、
「ごめんなさい、すごい感じてる。恥ずかしい」と謝りだす。

「ええんやで、俺らみたいに責め好きな男は感じてくれるほうが嬉しいんだから」

「はい」。

さらにクンニを続けると、少しあえぎ声が大きくなり、そして体が痙攣。

しばらく放心状態のあと、乳首を愛撫しようとすると「いや」と、胸を手で隠す。

「どうしたの?」

「知らない人にこんなことされて感じちゃった」

「嫌なの?俺のこと嫌い?」

「そんなことない。でも、気持ちの整理がつかなくて」

「無理しなくていいよ。でも、素直になってくれると嬉しいけど」

「気持ち良かったから。私もしたい。横になって」。

そういうと、舌先で亀頭をチロチロと舐め始める。

ぎこちないけど一生懸命さが伝わってきます。

数分、舐めたあと、今度はペニスを口いっぱいにほおばり、上下運動を開始。

だんだん気持ちよくなってきます。

そして今度は咥えたまま手を添えてしごき出す。

(あぁ、やばいなぁ、いきそう。でも、もう少し楽しみたいし…)

「ねぇ、素股はできるの?」

「ローションとか使うやつ?」

「そう」

「やってみる」。

そういうと、内ももにローションを塗り、足を閉じて仰向けに。

「いく時ははずしてね」。

そのままようこさんにおおいかぶさり、ピストン運動開始、もうかなり高まっていたので数分でフィニッシュしました。

まだまだテクニックや演技力は無いものの(でも、フェラは気持ちいい)、素の反応が楽しめ、「気になる人妻をくどいてようやくホテルに連れ込んだ」感じのプレーが楽しめます。

ようこさんとそんなプレーが可能なのも今だけかも、お早目に恋女房へGO!

恋女房梅田店

▲ Return to page top

2006-06-16

借金妻日本橋店

BodySize
164.㌢ B:82㌢ W:64㌢ H:89㌢

メッセージ:かなりの責められ好き奥様です! イッパイ責めてもらえたら、得意の“ねっちり”フェラでお返しするとのことです!

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2006年06月15日(木)

最近、「借金妻」日本橋店にはまっている守護神Ⅱです。

今回のお相手は新人の宮内紀香さん。

何といってもお店のHPのプロフィールが凄い!

『好きな体位は、バックからガンガン突かれながらお尻をスパンキングされるとたまらないそうです!!激しく優しく責めてあげて下さい。』 

責めるといえば、守護神Ⅱの得意芸、いくしかありませんよね。

降りしきる雨の中、近くのホテルまで腕を組んで歩きます。

ひじが胸に当たって気持ちい。

通りを1本中に入っているので、人目も気になりません。 

ホテルに入り、ベッドに越し掛けながら「こういう仕事始めなの?」「だんなとHしてる?」など雑談。

そして、そのまま洋服とブラを脱がし、乳首を愛撫。

どうやら、右より左の乳首のほうが感じるよう。

「あぁ、あぁ」と声が響く。

パンティを脱がしあそこを指で触れみると、もうぐっしょり。

「お風呂入ってから、ちゃんとして」紀香さんの要望に応え、体を洗ってから、再びベッドへ。

愛撫する前に、あそこを触ってみると、洗ったばかりなのにもうしっとり濡れ濡れ…。

ディープキスをし、そのまま唇を胸から下腹部、クリトリスへ。

クンニに突入。

「アァ、気持ちいい、いい、いい」。

本当に凄いあえぎ声。

やがて、体を痙攣させると静かになり、どうやら達した様子。

しばらく、休ませてあげたあと、「得意技は何?」と質問。

「フェラかな」

「じゃあ、お願い」。

紀香さんのフェラは、まずダイレクトにペニスをパクリ。

舌と唇がまとわり付いて、気持ちいい。

しかも表情が本当にペニスを愛おしそうに、おいしそうに食べています。

「咥えていて、欲しくなったりしないの?」

「う~ん、たまにあるけど」

「そういうときどうするの」

「我慢する」

「ふ~ん、で、今は?」

「今は、もっとなめていたい」。

じゃあ、気が済むまでなめてもらいましょう。

しばらくすると、ペニスから口を離し、わき腹、乳首を舐めだす。

そして、手をペニスに当て、騎乗位素股に移行。

自分でペニスがクリを刺激するように動いて感じています。

ここで紀香さんのプロフィールを思い出し質問。

「スパンキングが好きなの」

「ウ、ウン」

「じゃあ、軽くしてみるね」。

軽くお尻をたたいてみると、感度がアップ。

やがて、静かになり、本日2度目の絶頂へ。

時間も残り少なくなったので、再びねっとりフェラをしてもらい、放出しました。

近所の奥さんという感じの紀香さんですが、本気で感じてくれるので楽しいですよ。

きっと人気嬢となるので、予約することをお勧めします。

借金妻日本橋店

▲ Return to page top

2006-05-31

借金妻日本橋店

BodySize
161.㌢ B:84㌢ W:60㌢ H:85㌢

メッセージ:色々教えてください・・・

+++++++++守護神Ⅱさん43歳の体験談+++++++++

Date 2006年05月30日(火)

まいどネットの新規掲載店「借金妻日本橋店」へ行ってきました。

場所はミナミの千日前通りの一本裏通り。

ホテルも近いので人目が気になる人にお勧めです。

今回、パネル指名で選んだのは、新人の「橋本優希」さん。

店の前で会った途端、「まったくの素人なんで、色々指導してくださいね」とのお願い。

は~い、ちゃんと気持ちいいこと教えますよ。

ホテルの部屋に入ると「お客さん。責めるのと責められるの、どっちが好き?」

「責める方やな」

「良かった…私、責められるのすきやねん。しかも少しMだし」。

ウ~ン、嬉しいカミングアウトですね。

ベッドに腰掛けた優希さんの服の上から、胸を触ってみる。

「乳首がスゴイ感じるの」。

服を脱がし、乳首を口に含んでみる。確かに、あえぎ方が激しい。

内ももを触ると、すっと足を広げる。割れ目に指を当ててみると、確かな湿り気が。

その湿り気を指先に付け、クリトリスをこねてみる。

「あっ、それ、それ、いい」。

あまりの反応のよさに本格的に責めようとしたところで、「先にお風呂行こう」。

浴室では、まだまだ体を洗う手つきはぎこちないものの、一生懸命さは伝わってきます。

風呂から出ると、バイブとローターを枕元にセットし、プレー再開。

舌を差し入れてのディープキスにも一生懸命応え、舌を絡ませてきます。

そして、乳首を舌で転がし、大きく柔らかな乳房を揉み上げる。

「あぁーいい」。

左右の乳首を丹念に愛撫したあとは、頭を下へずらしクンニ。

すると、先ほどまでと口から漏れる声が変わってくる。

「いや、いや、いや、いや」
「だめ、だめ、だめ」

しばらく、両方の言葉を繰り返していたかと思ったら、次には守護神Ⅱの頭を手で股間からずらし、「もう、いきそうなの。いっていい」。

そんな事聞くなんて、初々しくて可愛い。

「いいよ」と応えると、今度はまた自分の手で守護神Ⅱの手を股間へと戻す。

そして「あぁ、いくいくいくいく、うううう」。

全身を弓なりに反らし、1回目の絶頂へ。

間髪をおかず、再びクリを舐めだす。

どうやら、優希さんは、いってもくすぐったくならない女性のよう。

すぐに、絶頂間際の声が部屋に響き渡る。

「いやっ、いやっ、いやっ、いやっ」。さらに刺激を加えようと、ローターのスイッチを入れ乳首へ。

同時にクリをクンニし、中に指を入れるする3箇所責め。

「あぁ~、もう何が何だかわからない」。

そのままローターを割れ目にクリに当たるようにはさみ、その上から正上位素股を敢行。

亀頭がローターの上を通るたびにローターが割れ目にめり込む。「あっ、い、いい。すごい、上手」。

守護神Ⅱのペニスにもローターの振動が伝わり、とても気持ちいい。

このまま続けるといってしまいそう。

でも行くには早いので、ローターをはずし、再びクンニへ。

まもなく「またいきそう、ねぁ、またいってもいい」。

答えずにいると「ねぇ、いいの、いっちゃうよ」

「いいよ」、途端に快楽をむさぼるメスのよう顔になり、愛撫を受けることに没頭する優希さん。

程なく、2度目のフィニッシュとなりました。

時間も少なくなってきたので、攻守交代。

さっきのローターを使った素股でかなりテンパッテルので、正上位素股のあとバック素股へ。

「うつぶせになって、足を閉じて」。

すると優希さんは、膝をつき、お尻を上げる普通のバックの体勢に。

「ダメだよ、それじゃあ入っちゃうよ」

「えっ、どうするの」

「ぺたんとうつぶせになって、足を閉じて」。

太ももの内側にローションを塗り、腿にペニスを挟み込む。2回もいったので、お尻も愛液でビチョビチョ。出し入れするたびに、亀頭がクリちゃん付近に達するので、優希さんも気持ちよさそう。

「あんっ、あんっ、あんっ」と声が漏れ始める。

その声に刺激され、守護神Ⅱのペニスが最大の大きさに膨張。

亀頭がクリと割れ目に引っかかりだす。

こうなると、快感が倍増。もう、守護神Ⅱの我慢も限界。
腿からペニスを引き抜くと、優希さんの背中に発射。

素股でペニスの先がクリちゃん付近にあるときは、できるだけ違うところで出してあげましょうね。そういう心遣いが、嬢にもてる秘訣ですよ。

首をねじり、背中に出された精子を見た優希さん。

「わぁ、たくさん!精力あるのね。こんなに気持ちよくしてもらったのも、こんなにたくさん出た人もお客さんが始めてだよ」。

何か嬉しいですね。

当分、素人っぽさがなくなりそうに無い、優希さん。

今が狙い目ですよ。それと余談ですが、お店で他の女の子のパネルも見せてもらったのですが、優希さんだけでなく、「沖元ゆうか 」さん、「飯島あこ」さんも本当に美形でした。

美人好きな人は行ってみて下さいね。

借金妻日本橋店

▲ Return to page top

2006-04-27

汝々艶谷九店

BodySize
156.㌢ B:83㌢ W:60㌢ H:85㌢

メッセージ:雰囲気GO

+++++++++守護神Ⅱさん42歳の体験談+++++++++

Date 2006年04月19日(水)

Qちゃんとエッチ!!といっても「おばけの…」ではありません。

そう、あの有名マラソン選手といけないことをしている気分にさせてくれるのが「汝々艶谷九店」の源未来さん。

まいどねっとでも伝えられている通り、最近の汝々艶には新人さんが続々入店中。

未来さんもその一人。

けして太ってはいないんですが、手触りがいい程度に、お肉がついていて、抱き心地は最高です。

そんな未来さんは、風俗は汝々艶がはじめて!

という生粋の素人妻。だから反応も初々しい!!

ホテルの部屋に入り、洋服を脱がしながら、愛撫すると、押し殺したあえぎ声が口から漏れてくる。

さすがに、まだ初対面の男性にあえぎ声を聞かれるのは恥ずかしいよう。

パンティの裾から指を滑り込ませると、しっとり濡れている。

自分でも気付いたのか、あわてて「ね、お風呂に入りましょう」。

お風呂の中では、ぎこちなく、でも丁寧に体を洗ってくれる。

その一生懸命な姿勢に守護神Ⅱのジュニアは早くもギンギンに。

「太いですね。何だか見るのが恥ずかしい…」。

そう言いつつも石けんがついた指でしごきながらペニスを洗い上げる未来さん。

ベッドに移ると、未来さんの体をそっと横たえる。

「最初にいっておきたいんだけど…本当にまだ何にもできなくて…ゴメンね」

「いいよ、未来さんかわいいから何をしても俺感じるから」

「ありがとう」。

目を閉じた未来さんの乳首を口に含む。

かなり感度がいいのか、体がびくッと、反応する。

そのまましばらく左右の乳首を愛撫したあと、右手を下腹部へと滑らせる。

指がすっと、割れ目に入っていく。

「あれ、さっきか洗ったばかりなのに、もうこんなに濡れてるよ」

「だって、気持ちいいから」

「じゃあ、もっと気持ちよくしてあげる」

そういうとクンニを開始。

しばらくすると「ダメダメ」といいながらも、手で守護神Ⅱの頭をあそこに押しつける。

もう、クライマックスも近そう。

さらに右手人差し指を第二関節まで挿入しながらクンニを続行。

「あっ、それ、だめ。ごめん、やめて。いっちゃう」

無視して舐め続けると、「あっ、いく」

未来さんの体を大きな痙攣が襲う。

「今度は、私が気持ちよくしてあげる。仰向けになって」。

いきなりフェラかと思いきや、まずディープキス、そして右手の指先から左手の指先まで口に含み、チュッ、チュッと全身にキスをしていく。

乳首を丹念に愛撫したあと歯足へ。

足先から下腹部へとキスの場所が移り、ようやくペニスへ。

温かい未来さんの口の中は、温かくて気持ちいい。

「ゴメンね、気持ちよくない?」

「気持ちいいよ」

「どうしたらいいのか、よくわからなくて」

「じゃあ、少し口の中につばをためて、ペニスを含んだとき、ジュルジュル音がするような感じでフェラしてみて。男性は音でも感じるから」

「やってみます」

きっと、未来さんは頭がいいんでしょうね。

すぐに実行してみせる。口の中に唾液をためると、少しずつペニスにたらしながらクチュクチュと頭を上下させる。

そのイヤラシイ音と、感触に守護神Ⅱの感度も急ピッチで上がっていく。

素股でいきたいな、と思いながらも、あまりに気持ちよくて、フェラを静止できない守護神Ⅱ。

「アッ、出る」

久々にフェラでいかされました。

初々しさと一所懸命さ、そして何よりQちゃん似。

一度は源未来さんとプレーしてみることをお勧めします。

汝々艶谷九店

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search