2006-02-09

汝々艶谷九店

BodySize
?.㌢ B:?㌢ W:?㌢ H:?㌢

メッセージ:?

++++++++++守護神Ⅱさん42歳の体験談++++++++++

Date 2006年02月05日(日)

寒~い冬の日曜日、人肌恋しくて谷町九丁目の汝々艶に行ってきました。

やっぱりこの店は、女の子の質が高くて人数も多いですね。

この日は、8人の美人妻の中から「可愛い」って感じの出勤したばかりの佐藤洋子さんを選択。

5分ほどで、登場した洋子さんは可愛さもさることながら、ホント綺麗です。

「ごめんね、ホテルまで少し歩くんだ。少しデート気分で歩こう」。

手をつないで、少し早足で歩く。

ホテルにチェックインし、部屋の中へ。店への電話連絡を済ませた後、「お風呂にお湯張ってくるから、座って良い子で待っててね」。

ソファで待っていると、洋子さんが浴室から出てくる。

「隣座っていい?」と近付きながら、「でも、上に座ろっと」。

そう言うと、守護神Ⅱの膝の上に座る。

「重くない?」。

スリムだから重くないよ、と思いながら、後から手を回し、洋服の上から胸をまさぐる。

手を下へとずらしていき、わき腹へ。

「お肉付いてるでしょ」。

だから、やせてるって、と思いながらスカートの中へ手をもぐりこませる。

薄いレース生地越しに湿り気が感じられる。

洋子さんの体を少し持ち上げ、洋子さんの下から抜け出し、ソファの前に回る。

スカートを捲り上げると、視界に網ストッキングとガーターベルト、Tバックの刺激的な姿が飛び込んでくる。

そう、今汝々艶では「Tバック&ガーターでお出迎え」イベントを実施中でした。

Tバックの前布を横にずらし、舌先で小陰唇からクリトリスをなめ上げる。

「あっ、もう。まだシャワー浴びてないよ」

「シャワー浴びたら洋子さんのおいしい味が落ちちゃううよ」

「もう、そんな味しないもん。あっ、あぁー」。

しばらく続けると、愛液が次々に湧き出てくる。

このままでは、洋子さんの下着や服がビチョビチョになってしまう!

「服脱ぎたい?」。

問いかけると、腰を浮かし、服を脱ぎやすいよう体をくねらせる。

ついにガーターベルトと網ストッキングだけに。

「すごくHな格好だね」

「もう、あなたがさせたんじゃない」。

そして全裸になりお風呂へ。

石けんを泡立て、スポンジで全身を洗ってもらい、ローションを使ったマットプレーへ。

「2回とかいける人?」。うなづくと、「じゃあ、気持ちよかったらいっちゃってね」。

ローションを体中に塗り、全身をこすりつける。

マットプレー独特の快感に身を任せ、一度目の発射へ。

体のローションを洗い流し、浴槽へ。

浴室から出ると気分も新たにベッドに潜り込む。

キスをしながら、乳首を指でもてあそぶ。下腹部へと手をずらすと、まだたっぷり濡れている。

「あれ、洗ったのに股濡れてるよ」

「それは、お風呂のお湯だもん」。

それならと、クリを人差し指の腹で優しく触りながら「これでも、感じないの?」

「うーん、んん、感じてる、気持ちいい」。

そして再びクンニ。

「また、舐めるの?私、何もしないでいいの?」

「洋子さんに感じて欲しい」

「私も舐めたい」。

そしてフェラへ。

プロの技というよりも、人妻らしく丁寧な愛情が感じられるフェラで、守護神Ⅱがどこが感じるかを探りながら、下をはわしていく。

2度目の発射に向け、感度が高まってきたので、「最後は素股でいきたいな」とお願い。

「いいよ」と腿にローションを塗り、洋子さんが亀頭をつかんでの正常位素股。

でも、微妙にこすり付けるので、気持ちいい。

「そのままいっていいからね」。

お言葉に甘え、そのまま、洋子さんの手と太ももを白く汚しちゃいました。

土曜日とたまに日曜日だけの出勤で、しかも午後3時には帰るという洋子さん。

まさにプレミアガール、本当は予約しないと、プレーするのは難しいらしいですよ。

汝々艶谷九店

▲ Return to page top

2006-01-24

いけない奥さん梅田店

BodySize
165.㌢ B:88㌢ W:60㌢ H:88㌢

メッセージ:まだまだ新人ですが、一緒に楽しい時間をすごしましょう!天然パイパンですがびっくりしないで下さいね!

++++++++++守護神Ⅱさん41歳の体験談++++++++++

Date 2006年01月16日(月)

そうだ、今年まだあの店に行ってない!と気付き、向かったのが「いけない奥さん梅田店」。

美形の奥さんが質、量ともに揃った、そうまるで「人妻風俗の宝石箱や~」。

予約もせずに訪れたのに30枚以上のパネルが登場。

すぐにプレー可能な嬢だけでも10人はいましたよ。

その中から選んだのはまことさん。

まだ入店して一週間という新人嬢です。

パネルは「人妻にしては少し幼いかな…」という感じでしたが、実際に会ってみるといい感じの人妻でした。

「半年前に子供を生んだばかりなんです」というまことさん。

そのせいか清潔感にあふれています。

しかも、…洋服を脱がせてみると、下の毛が…そうパイパンだったのです。

そのパイパンを早く味わいたいとまずは浴室へ。

思ったとおり清潔好きな真琴さんは、とても丁寧に洗ってくれます。

お風呂から出ると、恥ずかしそうにベッドイン。

「もう少し暗くしていい」

「だめだよ、パイパンが良く見えなくなっちゃう」

そんなやり取りの後、ディープキスへ。

乳首を愛撫すると、せつなそうな声が漏れる。

舌先で乳首をなめ、続いて下腹部へと唇をはわしていく。

邪魔な毛が無いので、クリちゃんも見つけやすい。

そのまま愛撫を続けると、ついに絶頂へ。

「いっちゃった?」コクリとうなづくまことさん。

さらに責め続けると、今度はさっきよりも短い時間で2回目の絶頂へ。

「私、潔癖症なところがあるから、ダメな人だと愛撫されても気持ち良くならないのに」。

皆さん、爪切りや爪ヤスリ、うがいなど、清潔にしていくだけで嬢の受けが格段に良くなりますよ。

心がけましょうね。

完全に感じやすくなっているまことさんの足を閉じさせ、太ももに挟み込む正上位素股へ。

クリをペニスがこするので、まことさんも気持ちよさそう。

ほどなく、お腹の上に大量放出しました。

今日は100分コースで時間があるので、一緒にシャワーへ。

洗ってもらってるうちにまた大きくなる守護神Ⅱ。

「2回目も大丈夫そうね。ベッド行こう」。

ベッドでは、ねっとりフェラで迫るまことさん。

手で棹の部分をしごきながら、舌で亀頭を包み込む。

「き、気持ちいい」。

我慢できなくなってきたので、「胸の上に出したい」とお願い。

ベッドの上に座るまことさんの前に膝立ちしてフェラしてもらい、最後は大きな胸に思い切り出しました。

う~ん、満足の2回戦でした。

まことさんは清潔好きなので、みなさんも清潔にしていくことをお勧めしますよ。

いけない奥さん梅田店

▲ Return to page top

2006-01-13

ただいま梅田店

BodySize
155.㌢ B:86㌢ W:62㌢ H:87㌢

メッセージ: 男性経験も少なく上品な熟女。黒髪で可愛らしい人妻さんです。

++++++++++守護神Ⅱさん41歳の体験談++++++++++

Date 2006年01月12日(木)

新年2発目は初めてのお店で!というわけで「ただいま梅田店」を訪れました。

この店もパネルは多いのですね。

すぐにいけるパネルが6枚に時間がかかる嬢が8枚…。

その中から守護神Ⅱが選んだのはあかりさん。

正直、パネル写真は「どこにでもいる奥さん」って感じでしたが実は…。

受付で待っているとドアのほうから「イソジンが切れちゃって…」と可愛い声が聞こえてきます。

内心、「あぁ、こんな声の娘とプレーできたら(ひい、ひい言わしたら)快感だったろうな」と思っていると、
店員さんが「お待たせしました。女の子はドアの前で待ってますからね」。

ということは…部屋を出ると「かなり待ったんじゃありませんか、ごめんなさい」とさっき聞いたのと同じ可愛い声。

しかも、実物は逆パネマジで写真の3倍は可愛い!

芦屋や千里なんかの高級住宅地にいそうな「押し倒したい」って思わせる美人妻でした。

こんなにホテルへの道中が嬉しかったのは初めてかも♪

ホテルに入ってからも、上品さを失わないあかりさん。

守護神Ⅱも紳士的に対応しなくちゃ。

まず、一緒にお風呂へ。

本当に丁寧に洗ってくれます。

石けんが付いた手でそっと右の乳首を愛撫してみる。

「ウン?」。

思いのほかはっきりと上品な顔に感じている表情が表れ、アッ…と声が漏れる。

続いて左の乳首も指先でこねてみる。

『あ~ん、もういたずらっ子ね』といった表情で軽くにらむあかりさん。

ウ~ン、理想的な人妻の反応ですね。

浴槽に入ってからは、舌先で乳首を転がしてみる。

あかりさんも、もう快感を隠そうとしない。

「もう、(お風呂から)あがりませんか」とベッドを促すあかりさん。

もちろん、大歓迎です。

あかりさんの体をベッドに横たえ、改めて観察してみる。

正な顔立ちにスリムな体。本当に魅力的です。

キスをしただけで守護神Ⅱのペニスはもうギンギンに。

「ほら、キスだけでこんなに大きくなっちゃったよ」

「嬉しい」

「本当にかわいいね」

「でも、主人は全然体に触れて来ないのよ」。

もったいない、守護神Ⅱが女性の悦びを思い出させてあげるからね。

乳首を含み、舌先で転がしてみる。

やはり、最初はソフトな愛撫が大事ですよ。

右手の指先を下腹部にはわすと湿り気が感じられる。

さらにクンニを仕掛けてみると、声がだんだん大きくなってくる。

アッ、ア…ア、アァ~。

人差し指を挿入してみると、さらに大きな快感があかりさんを襲っているよう。

時折り、大きく痙攣し、勝手に指が膣の奥に突き刺さる。

痛くないのかと守護神Ⅱが心配になるほど。

そして、絶頂が近づいたのか、左胸を愛撫していた守護神Ⅱの左手を自分の両手で自分の左胸に強く押し当てるあかりさん。

それに応え、クンニしながらも、少し荒々しく胸をもみあげる。

「あぁ、ダメェ」と絶頂へ。

ぐったりしたあかりさんの股間の割れ目にペニスを沿わせ、正上位素股を敢行。

アッ、アッ、アッ。

亀頭がクリに当たるのであかりさんも感じているよう。

さらに、あそこからは愛液が溢れ出す。

「ダメ、この体勢は危ないから」と突然腰をひねり、体をずらすあかりさん。

「私、主人しか知らないから…ネ。お口でしてあげる」。

「でもしたくならないの?」

「だめよ、そんな意地悪言ったら、さぁ、横になって」。

上からギンギンになっているペニスをほおばる。

こんな魅力的な奥さんにしてもらえるなんて。

懸命にフェラを続けるかおりさんのクリを指でいじると、時折り声が漏れ、まだまだ感じているよう。

「こんなに感じているのに?」

「もう、ダメでしょ。ちゃんとしないと時間なくなっちゃうよ」

「は~い、でも、素股でいきたいな」

「あんまりうまくないけど…」

「大丈夫、あかりさんの顔を見ながらならすぐいっちゃうから」。

しばらく丁寧なフェラの後、あかりさんのリードで安全な正上位素股でいっぱいお腹の上に出しちゃいました。

正直に告白します。

「惚れちゃいました」。

みなさん、あかりさんはお勧めですが、本当にうぶな嬢ですから、優しく接してあげてくださいね。

ただいま梅田店

▲ Return to page top

2005-11-22

クラブディープ

BodySize
25歳/T:?㌢ B:90㌢ W:59㌢ H:88㌢

メッセージ:御主人様に責めて頂けるのが本当にうれしいです!


++++++++++守護神Ⅱさん41歳の体験談++++++++++

Date 2005年10月28日(金)


風俗歴ウン十年、ついに最高に可愛い嬢に巡り会えました。

「CLUB DEEP]のりなちゃん。

美形の顔だけでなく、スレンダーな体に90センチ台の巨乳とまさにパーフェクト。

りなちゃんと会えるCLUB DEEPはM女専門店。

言葉責めから、鞭、縛りなどハードなSMプレーまで楽しめるお店です。

SMは経験が無いし、ちょっと…という男性も大丈夫。

実はこのお店、りなちゃん以外の女の子もレベルが無茶苦茶高いんです。

だから普通のホテヘルのようにプレーしても満足できますよ。

実は守護神Ⅱも本格的なSM経験は無し。

でも十分楽しめました。

プレー報告を参考にしてみてください。

まず、部屋に入ると、店に入室連絡をするりなちゃんを背後から抱きしめ、洋服の上から乳首を探しあて、指先で刺激すると、思わず声が漏れる。

そのまま、服を脱がせ、浴室へ。

シャワーを浴びたところで、不意をつき、立ったままのりなちゃんにクンニ開始。

りなちゃんはとっても敏感、すぐにひざがガクガク、立っていられなくなる。

すばやく、ベッドへ移動し本格的にクンニを再開。

りなちゃんも声が大きくなってくる。

「りなは、Mなのに、お客に愛撫されて、感じてていいの?」

そんな問いかけに、声も絶え絶えになり「だっ…て、うまいから…感…じる」

「どこが、感じるの」

「あそこ」

「あそこじゃわからない」

「クリ…」

ローターを取り出し、クリに押し当てる。

「あっ、い、いぃー」

「どうしてそんなに感じてるの」

「だって、クリに当たってる」

「あんまり感じてるとお仕置きしちゃうよ」

そういうと、ビチョビチョのあそこに、太いバイブを押し入れる。

「あぁ、いい」

「ダメだよ、感じてちゃ」

「いきそう」

「ダメだよ、いかせて上げない」

そういうと、バイブを引き抜き、ベッド上に放置する。

りなちゃんは、体が少し、痙攣しながらも、まだ、いっていないので苦しそう。

「どうして欲しい」

「ローターでクリを刺激してください」

ローターのスイッチをいれる。

ブーンと音が聞こえると、りなちゃんは足を開き、クリを突き出す。

しかし、クリには当てず、ローターは乳首へ。

「えっ、あっ、あ~」

そして、指でクリをこねくり回す

「それも感じます」

「でも、こっちのほうがいいんだろ」

今度はローターをクリへ。

あえぎ声が急激に大きくなる。

「もうダメ、お願い、いかせて」でも、また放置。

そして、放心状態の口元にペニスを押し付け、強制フェラ。

グチョグチョの愛液を使い、ローション要らずのスマタでフィニッシュとなりました。

最後に、スマタでもクリを刺激され、もう限界寸前のりなちゃんを、残り時間を使い徹底的に愛撫。

感じる顔も本当に可愛いリなちゃんでした。

りなちゃんは一通りのSMプレーが可能とのことですが、本当は精神的なMで「痛いのはちょっと…」とのこと。

本格的なSMは苦手という男性でも、とびっきり可愛い子をいじめてみたい、って位の軽い気持ちで楽しめますよ。

クラブディープ

▲ Return to page top

2005-11-22

大和屋難波店

BodySize
27歳/T:156㌢ B:86㌢ W:58㌢ H:86㌢

メッセージ:楽しくHなことを・・・

++++++++++守護神Ⅱさん41歳の体験談++++++++++

Date 2005年10月17日(月)


大和屋難波店で、初恋の彼女と衝撃の再開!と、思わず自分の目を疑ってしまったのが、南あおい嬢。

本当に、初恋の女性にそっくりだったんです。

まず、パネルを見た時点で「えっ!」。

ひょっとして、家庭の事情であの子がここで働いてるの?

半信半疑であおい嬢を指名。

エレベーター前で実物を見ても、「…」。

ニコッとする笑顔も初恋の女性にそっくり。

ホテルに入ると「私、パネルと違ってて、がっかりした?」とあおい嬢。

どうやら戸惑っいぎみの守護神Ⅱの反応を見て誤解したよう。

「違うよ。じつはあおいチャンが初恋の女の子にそっくりだからびっくりしちゃって」

「えっ、本当。嬉しい」声までそっくりで、もうおかしくなりそうです。

初恋の彼女とはできなかったHを疑似体験しようと、誠心誠意の愛撫を決心。

まずは、ディープキス。

一度口を離し、目を見つめてからもう一度キス。

そして、右手はあおい嬢の乳首へ。

次に左乳首を口に含み、舌先で転がしていく。

そのまま右手はわき腹から内太ももへ。

その手を少し動かし、あそこに触れてみる。

すると、確かな湿り気が。
「あれ、もう濡れてるよ」

「だって、初恋の彼女に似てるって言われたから、私も何だか興奮しちゃって」

「おれも興奮してるよ、触ってみて」

そう言ってあおい嬢の手を自分のものに誘導する。

「すごい、大きくなってる」

「あおいちゃんの顔を見てるだけでこうなっちゃった。でも、今はあおいちゃんを気持ちよくさせてあげるね」

そして、本格的なクンニに突入。

あそこから、次々に愛液が湧き出し、口からは「あっ、あ、あぁー」と快感のあえぎ声が漏れる。

「どうして欲しい」

「このままいかせて…」

しばらくすると、「あっ、いく、いく~」という声とともに、小柄な体がピクンと跳ね、絶頂に。

そして、「今度は私の番ね」というと、髪をかき上げ、ペニスをパクリ。

そこから先は、感激とあまりの快感によく覚えていません。

ただ、フィニッシュは、フェラで寸前まで高まったあと、あおい嬢にキスをしながら、手で出してもらいました。

最高に幸せな瞬間…。

できれば、他の男性にはあおい嬢を指名して欲しくないけど…、でも絶対に満足できる、お勧め嬢ですよ。

大和屋難波店

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search