2005-11-22

大和屋梅田店

BodySize
32歳/T:156㌢ B:86㌢ W:60㌢ H:85㌢

メッセージ:身体の線が非常に綺麗です


++++++++++守護神Ⅱさん41歳の体験談++++++++++

Date 2005年09月12日(月)


休み明けの月曜日、朝11時に「大和屋梅田店」を訪問。

初めての人は、ホテル法華クラブあたりから電話をすると、お兄さんが迎えに来てくれますよ。

パネルはアルバム形式になっていて、この時間帯は10枚程度。

すぐにプレーできる嬢が2人に、30分待ちが1人、あとは1~3時間待ち以上。

大和屋さんは各店とも、予約して遊ぶ会員さんが多いので、待ち時間の長い嬢や、予約で埋まってしまう嬢が多いんですよね。

で、その中から、清楚な雰囲気の大川明日香嬢をチョイス。

スリムな体つきに、かわいい顔ですが、絶対に風俗嬢には見えないですね。

緊張気味の真面目な奥さん、って雰囲気をかもし出しています。

聞けば、しばらくお休みしていて、久しぶりの出勤とのこと。

部屋に入ってと、「何だか、照れるね」。

浴槽の蛇口をひねり、部屋に戻ってきた明日香嬢の背後に回る。

洋服の下に手を回し、ブラのホックをはずす。

そのまま、手を前に回し、乳房を愛撫。

何してるのと、振り向いたところをディープキス。

スカートを脱がし、Tバックのパンティーの脇から指を入れ、クリトリスを転がす。

「もう、イタズラ好きなんだから。お風呂行こう」

お風呂で洗いっこしてみると、明日香嬢はスリムながらも、胸に弾力があって、もみ応えがある。

ベッドに戻り、ディープキスから、胸、そしてクリへと下を這わしていく。

まだ、緊張しているのか、最初は声も控えめ。

それでも、シーツに10センチほどのシミができるほど濡れてきたので、そっと指を入れてみる。

明日香嬢のあそこは、すごく狭くて、かなりの締め付けで、指を出しいれするのもはばかられるほど。

それでも、ゆっくり出し入れしていると、「あっ、あっ、あっ」とだんだん声が高まってくる。

ここで、無料オプションのローターを取り出し、クリに当てる。

「あ、あ~ん」

声が一段と大きくなる。

次にローターを乳首にあて、ペニスを割れ目に沿わせ、亀頭でクリを刺激する。

狭く、締まっているので、ぎりぎりスマタでも、間違いが起こる心配はありません。

本当、明日香嬢とHできるご主人がうらやましい。

そして、お互いに感じ合いながら、フィニッシュへ。

数分時間が残っていたので、二人で布団にくるまり、いちゃいちゃ、触りあって楽しみました。

最近出会った人妻嬢の中では、淫乱度はそれほど高くありませんが、プレー中、プレー後の癒され度は高いですよ。

本当に知り合いの奥さんと不倫してるようなそんな時間が楽しめ、また会いたくなる、そんな明日香嬢でした。

大和屋梅田店

▲ Return to page top

2005-11-22

大和屋谷九店

BodySize
29歳/T:154㌢ B:92㌢ W:60㌢ H:88㌢

メッセージ: 「素敵な奥様の模範の女性!」


++++++++++守護神Ⅱさん41歳の体験談++++++++++

Date 2005年09月08日(木)


ついにイベントに「大和屋」が参加になりましたね。

美人若妻が多いとうわさでしたが、やっとこれで行けるってもんです。

まずは、谷九店に突入。

地下鉄谷町九丁目駅3番出口を上がり、谷町筋沿いからの電話がベター。

事務所内は、スタッフの男性が多くて少しびびりそう!

でも、対応はとてもジェントルです。

木曜日の午後1時半ごろで、パネルは10枚程度。

断言します。「ブスはひとりもいません」。

その中でも、美しい顔立ちと90センチのバストに惹かれ、真琴嬢をチョイス。

豊富なオプション(何点選んでも無料)から3点を選び、20分ほど待ってご案内になりました。

ホテルは事務所のすぐ近く。

もう少し手を組んで歩きたいなと思うほどの近さ。

「私ここ初めて」。

しばらく二人で部屋を探索。

でも、洋服ごしにも形の良い胸が気になって、もみもみ。

「もう、お風呂に入る?」指の先から、わきの下、足の裏まで丁寧に洗ってくれる真琴嬢。

二人で浴槽に入り、またもや背中から手を回しまたもや胸をもみもみ。

「濡れてきちゃった…ベッド行こう」

バスタオルを巻いたままベッドインする真琴嬢。

こちらを見上げながら、「(バスタオル)取って…」。

バスタオルを剥ぎ取り、たまらず、胸や唇にむさぼりつく。

「あっ、ウ~ン」。声もセクシー。

ここでようやくわれを取り戻し、ソフトにクンニ開始。

「あっ、そこいい。そこ」。

あそこが濡れきったところで、ローターも投入。

クリを刺激します。

一段と声が高くなったところで、ローターを乳首へ。

真琴嬢は大きな胸ですが、とても敏感。

バイブは苦手とのことなので、ローターをうまく使って責めるのが良いですよ。

攻守交替して、真琴嬢が上になってのフェラ。

乳房や乳首が体に当たって気持ちいい。

最後はスマタでフィニッシュ。

やはり「大和屋」の伝説は本当でした。

いやぁ本当にレベルが高かったです。

大和屋谷九店

▲ Return to page top

2005-11-05

スーパーモデル難波店

BodySize
24歳/T:163㌢ B:83㌢ W:58㌢ H:81㌢

メッセージ:けいの技に溺れたい人集まれ~~♪(笑)


++++++++++守護神Ⅱさん41歳の体験談++++++++++

Date 2005年08月28日(日)


久しぶりに難波で遊ぼう、というわけでやって来ました「スーパーモデル難波店」。

アフター5といっても、少し残業したので時間はもう夜8時。

「混んでるかな」

不安は的中し、待合室には数人のお客の姿が。

受付で出されたパネルは10枚ほど。

「すぐに行ける子もいますよ。時間の早い子から紹介しましょうか」という店員さんの声を制したのは、1枚のパネルに目が釘付けにされたから。

か、可愛い。「この子にします」とけいちゃんの写真を指差す。

「1時間ほどお待ちいただきますけど、構いませんか」

もちろん、やっぱり気に入った嬢とプレーしなきゃね。

そして、ようやくけいちゃんとご対面。

まず、びっくりさせられたのは、その見事なプロポーション。

まるでモデルのよう。

店名の「スーパーモデル」は伊達じゃないですね。

もちろん、顔も美しい!

チェックインを済まし、エレベーターに乗り込み、ドアが締まると、半ば強引に唇を奪いながら、けいちゃんの右手を自分の股間へ。

唇を離したけいちゃんは「もう、こんなになってるの!嬉しい」

部屋に入ると、浴室へ即行。

お互い綺麗になったところで、ベッドへGO!まずは、唇から乳首、おへそ、ふくらはぎ、太もも、膝裏、そしてクリ…、全身に舌を這わす。

けいちゃんは、なかなか感度良好ですよ。

しばらく、クンニを続けると、「あっ、だめ、いっちゃいそう」

けいちゃんが落ち着くのを待って、攻守交替。

今度は、けいちゃんが責める番。

可愛い顔に似合わずとってもテクニシャン。

「すごい、赤く、硬くなってるよ」

「先からヌルヌルしたのが出てきたよ」

「どうやっていきたい?」

矢継ぎ早に、言葉でも責めてきます。

そして、最後はバック素股を選択。

けいちゃんのきれいな背中に、大量に発射しました。

またもや、自分の嬢選びの目の確かさを確信した守護神Ⅱでした。

スーパーモデル難波店

▲ Return to page top

2005-11-05

汝々艶十三店

BodySize
32歳/T:153㌢ B:82㌢ W:58㌢ H:85㌢

メッセージ:がんばります


++++++++++守護神Ⅱさん41歳歳の体験談++++++++++

Date 2005年08月18日(木)


今回、ご報告するのは「汝々艶十三店」。

女性の質の高さでは定評があります。

もちろん、守護神Ⅱも以前から常連になっています。

お気にの女性はいるのですが、今回はイベント参加ということでパネル指名を選択。

8枚ほどのパネルはいずれも美形揃い。

その中から、まだ入店したばかりの加山夏希嬢を指名。

お店からホテルまでは歩くこと約10分。

美形の奥さんと腕を組んで十三の街中を歩く。

汗をかき歩く男性たちの羨望の視線が痛い。

風俗でのお仕事は初めてだとう夏希嬢は、ホテルでの部屋選びも、ぎこちなく初い初いしい。

入浴をすまし、ベッドへ。

顔の美しさもさることながら、夏希嬢はプロポーションが素晴らしい。

全身を愛撫し、とどめのクンニで絶頂へ。

「ゴメンね、私いきにくいから疲れたでしょ。今度は私がするから、楽にして」美しい顔にいやらしい口元。

上品な唇が、ペニスを含む。テクはまだまだも、一生懸命さが伝わってくる。

「少し、手も添えてみて」

「舌先で頭の部分をペロペロして」と指示を出すと、素直に従う夏希嬢。

少し慣れてきたのか、自分でも工夫を始める。

「乳首は感じるの?」、そう言い、ペニスを咥えながら、乳首を軽くつねりだす。

だんだん快感が増してくる。

「スマタでいきたいな」体を入れ替え、正上位スマタへ。

あまりに濡れているので、入らないように手で押さえながら溝に沿って上下させる。

「いきそう」

「私も気持ちいい、そのままいって」

勢いよく出た白濁液は夏希嬢の首もとまで飛ぶ。

「すごい飛んだね」

気持ちいい時間が過ごせました。

ロイヤル・セレブの各店は本当にお勧めですよ。

汝々艶十三店

▲ Return to page top

2005-11-05

汝々艶谷九店

BodySize
33歳/T:155㌢ B:80㌢ W:59㌢ H:80㌢

メッセージ:全然気を使わない性格なのでいいですヨ~


++++++++++守護神Ⅱさん41歳の体験談++++++++++

Date 2005年07月29日(金)


レベルの高い人妻との出逢いを求めて「RoyalCerebu谷町九丁目店」へ。

梅田、十三と全3店ある中でも、谷九店は人懐っこいというか、とても温かい女性が多いですね。

もちろん、美形揃いですよ。

受付けで提示されたパネルは10枚。

33歳の美人妻、松田薫さんをチョイス。

パネルで見た好き度は90点、実際にエレベーター前で会ってみると100点、本当に魅力的でした。

一目見た瞬間に、これからのプレーへの期待に股間は臨戦態勢。

「パネル見て、好みだったんで、すぐに指名したんやけど、実物はもっときれいやね」

「うまいこと言ってぇ。みんなにそんなこと言ってるんでしょ」

「そんなこと無いって。その証拠に…」そう言うと、薫嬢の手を自分の股間へ。「

あっ、硬くなってる。嬉しい」ホテルで部屋を選ぶと、エレベーター内でお互いの体をまさぐりあいながらディープキス。

部屋に入り、店に入室連絡電話をかける薫嬢を後から抱きしめ、胸を愛撫する。

「もう、声が出ちゃったら、恥ずかしいでしょ」。

その声をさえぎるように、キスをしながら、服を脱がしていく。

明るい照明の中で、乳首を舌で転がし、指で女芯の位置を探り当てる。

「あれ、少し濡れてるよ」

「ばかっ…早くお風呂入ろ」

お風呂の中で、丁寧に洗ってもらいながら、隙を見て自分の手にも泡をつけ、薫嬢の乳房そして下腹部を愛撫するようになでていく。

「もう、洗えなくなっちゃうでしょ」お風呂から上がると、ベッドへ。

バスタオルを巻き付けたままベッドに入る薫嬢に、人妻の恥じらいを感じ、さらに興奮が高まる。

バスタオルを剥ぎ取り、「きれいだね」。

「いや、恥ずかしい、電気暗くして」。

改めてキスから愛撫を再開。下腹部に下を這わせる。

一段と声が大きくなる

「あっ、いい」さらにクンニを続けると、「あっ、やめて、お願い。ねぇ、もうだめだから」。

数分後には「もうだめ、ねぇ、いってもいいの、。いっちゃうよ」

太ももに力が入り、体が弓なりにそっていく。

「だめ、いくっ」。

大きな痙攣の後、脱力する薫嬢。

シーツにできたシミを指差し、「いつもこんなに濡れるの?」。

「私じゃないもん」と恥ずかしがる薫嬢。

「じゃぁ、今度は私が攻める番ね」。

そういうと、フェラに突入。

最初は舌先でチロチロ、次には唾液を含み、ジュルジュル卑猥な音をたててペニスを吸い上げる。

時折り、髪を掻き揚げる仕草がとてもエロい。

たまらず、体位を入れ替え、正上位スマタへ。

びしょ濡れのあそこはローションいらず。

あまりの気持ちよさに、数分と持たず、お腹の上にたっぷり発射してしまいました。

その後、タイマーが鳴るまで、ベッドの上で体を触りあいながら過去の性体験などを話してました。

薫嬢は本当に可愛らしい人妻ですよ。お勧めします。

汝々艶谷九店

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search