2013-09-16

Suggoi Kawaii -S-Kawaii-

BodySize 158cm B:89cm W:56cm H:87cm

メッセージ:☆未経験♪清純派萌えカワ【あゆむ】☆
黒髪純清楚系【あゆむ】ちゃん♪SKAWAデビューです(^^)
スタイル、性格ともに抜群の美女です!!
おとなしそうなお顔なのに、、男なら誰もが思わず手を伸ばしたくなる...、
巨乳 Fcupなんです( ^)o(^ )
パッチリとした大きな瞳が印象的なお顔は、ビューティーフェイス、
正直言って「可愛い!!」んです♪
ハニかんだ笑顔は天使のようでお客様の気持ちをつかんじゃいます♪♪
ちょっぴり甘えん坊なのに時折見せる色気タップリな表情・・・
このギャップにやられてしまいますよ(*^^)v
Date 2013年09月11日(水)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

「90分ポッキリ券」が当たったので、Skawaii日本橋店に行ってきました。
まず、日本橋駅近くから「まいど風俗ネットというサイトで、90分ポッキリ券が当たりました」と店に電話。
「おめでとうございます。チケットを確認するのでしばらくお待ちください」
と電話口の向こうのスタッフさん。
1分ほど待ち、確認できたとの事でお店へ。

お店は千日前通り南側沿いの日本橋と谷町九丁目の中間くらいにビルの3階にあります。
エレベーターで3階に上がり、右に向くと受付カウンターが見えます。
無人のカウンター前に着くと後方から、
「いらしゃいませ」
と風俗店の受け付けとは思えない、カチッとしたスーツ姿のスタッフンさんがやってくる。
「今日はエスカワで良かったですか?」とスタッフさん。

こんな質問をされるのは、壁で仕切られた隣りに、
系列店でしょうか、別なホテヘルの受け付けカウンターがあるから。
もちろん、この日はSkawaiiがお目当てなので
「はい。さっき、まいど風俗ネットで当たったと電話したものです」
と答え、券を渡す。
「確認してまいりますので、しばらくお待ちください」。
スタッフさんは券を持ち、フロアの別な部屋へ。
数分後、戻ってきて
「はい、確認できました。女の子はお決まりですか?」。
他の方の体験談を読んで、指名料を払えばパネル指名できるようだったので
「パネルで選びたいんですが・・・」
「はい。では、90分のプレー代金1万5千円と指名料が2千円、ホテル代が千五百円の計1万8500円になります」
「わかりました」
「では、この中からお選び下さい」。
カウンターには10枚ほどのパネルが並べられる。
「すぐにプレーできるのはこの2人ですね」。
2枚とも写真に写る女の子のレベルはかなり高め。
でも、店のサイトをチェックして、気になっていた嬢がいたのでその娘について訊ねてみる。
「この『あゆむ』ちゃんは?」
「はい。40分ほどお待ちいただければ」
「じゃあ、この娘で」。
総額1万8500円を支払い、カウンター前の席でマンガを読みながら案内を待つ。

すると30分ほどで、再びスタッフさんが現れ、ホテル代を渡され、
「店指定の谷九エリアのホテルに先にチェックインし、部屋番号を電話して欲しい」
とのこと。
一人でホテルに向かい、チェックインし、店に電話をかけると5分ほどで、部屋のドアがノックされる。
ドアを開けると、
「こんにちはぁ」
と胸が大きくてスタイル抜群の可愛い女の子が入ってくる。
「ひょっとして待ってもらいましたか?」
「うん。少し・・・40分くらいかな」
「えっ。すいません。でも、他に女の子居なかったんですか?うち、可愛い娘多いと思うんですけど」
「確かに、パネル見たら可愛い娘多かったし、すぐにいける娘が二人いたけど、あゆむちゃんの顔が好みだったから、指名しちゃった」
「本当ですかぁ。ありがとうございます」。
あゆむちゃんが、店に入室連絡の電話をかけている間に、歯磨き。
すると電話を終えたあゆむちゃんもやってきて
「私も歯を磨いちゃお」。
会ってすぐの会話とこの歯磨きのくだりで、一気に打ち解け、またあゆむちゃんがいい娘だと確信が持てる。

歯磨きを終え、ベッドに腰掛け、キス。
キスをしながら服の上から大きな胸を揉む。
柔らかい。
ソフトなブラジャーなので、ブラごしに乳首を刺激できる。
「ン、ンンン」。
俺の唇でふさがれたあゆむちゃんの唇から、うめくような喘ぎ声が漏れる。
その喘ぎ声にせかされるように、上半身を裸にし、乳首に吸い付く。
「アッ、アアアアッ、アアッ」。
調子に乗って、ショーツを脱がせ、割れ目に手を伸ばしたところで
「だめっ、そこから先はシャワー浴びてから」。
あゆむちゃんに諭され、お風呂へ。

そんなあゆむちゃんですが、とっても感じやすいみたいです。
お風呂で洗ってもらっている間も、乳首を指で弄るとすぐに動きが止まってしまいます。
ベッドルームに移り、プレー再開。
キスから始め、乳首を愛撫し、割れ目を触ってみると、すでにぐっしょり濡れています。
「あれ、もう濡れてるよ。感じやすい?」
「ヒトと比べたことないので、よくわからないです」。
聞けば、経験人数もあまりないんだとか。
きちんと気持ち良くしてあげようと、クンニ開始。
ところが、すごい感じてくれるんですが、
まだ体が若いからか、8分、9分近くにきている感じはするんですが、
なかなか絶頂に達してくれません。
でも、焦らずに人差し指を挿入し、膣内の感じるところを探りながら、クンニを続ける。
結局、中よりもクリトリス派だと判断し、指を抜き、乳首愛撫とクンニのWアタックに作戦変更。
これが功を奏し、ようやくあゆむちゃんは絶頂へ。

絶頂後の反動で脱力しているあゆむちゃんに添い寝し、ソフトに乳首やクリトリスを愛撫する。
気持ちいいのか、なすがままになっているあゆむちゃんの手を取り、ペニスへと導く。
するとゆっくりと手コキが始まる。
ペニスがみるみる勃起。
「口でして」
というと
「はい」
と答え、フェラが始まる。
さすがに経験が少ないので、フェラを始めるのに乳首から舐め始めたりという事は無く、ペニスに一直線。
でも、一生懸命フェラしてくれるので、気持ちいい。
無防備な乳首をせめると、フェラをする可愛い顔が快感にゆがむのが、また興奮させてくれます。
「素股はできるの?」
「はい」
「どんなの?」
「私が上になったりもしますけど、正上位の方が多いです」
「じゃあ、まず上になって」
「はい」。
騎乗位素股で上に乗ったあゆむちゃんを見上げると胸の大きさが強調されますね。
「胸大きいよね。何カップ?」
「はい。Gです」
「スリムなのにすごいね」。
最後は正上位の体位になり、割れ目にペニスを沿わせ、あゆむちゃんの指でコントロール。
大きな胸を揉みながらの正上位素股は興奮度満点。
そのまま一気にお腹の上に発射。

ティッシュで後始末してもらい、しばらく添い寝。
ここであゆむちゃんにお願いをしてみる。
「ねぇ、全然ペニス大きくなってないけど、もう一回口でしてもらっていい」
「はい」。
フニャチンを口に咥えてもらう。
すると、いったばかりなのにペニスに血流が集まり始める。
あゆみちゃんの口の中って、本当に気持ちいいんですよね。
ご奉仕を受けながら、
「男性って普段のSEXでせめることが多いから、実はせめられると弱かったりするんだよね」
「男性の乳首って、女性ほどには感じないけど、ペニスと同時にせめられると興奮が増したりするんだよね」
と、男性のツボを教える。
すると
「こんな感じですか?」
と腕を伸ばしてきて、指先で俺の乳首を弄りだす。
「そう。本当に先端を意識して・・・うっ・・・あと、キミみたいなキレイな子だとキスしながら手コキするのも効果的だよ」
「あっ、それ、『して』って言われたことあります」。
このキスしながらの手コキで射精寸前まで高めてもらい、最後はあゆむちゃんのバストにぶっかけ発射。
「うっ」
「あっ」。
最後、お風呂で体を洗ってもらいながら、時間いっぱいまでイチャイチャしてこの日のプレーは終了。
風俗ずれしていない、可愛い女の子と遊びたいなら、Skawaiiのあゆむちゃん。
激おススメですよ。

Suggoi Kawaii -S-Kawaii-

▲ Return to page top

2013-08-30

S-Kawaii谷9店

BodySize 148cm B:82cm W:55cm H:83cm

メッセージ:?
Date 2013年08月28日(水)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

お盆明けから難航していた仕事がようやく一段落。
「可愛い娘とのイチャイチャ」という自分へのご褒美をあげようと、
スマホでまいど風俗ネットをみてみると、
新規登録店に

「SKAWAII谷9店」

が仲間入りしています。
店名からしてもレベルの高い可愛い娘がいそうな雰囲気。
イベント、新規情報をチェックしていると、
グランドオープン記念で

「85分全込み1万9千円」

のイベントを実施中。
高レベルの娘のお店でこの価格はかなりお得ですね。

早速、谷町九丁目の2番出口から「まいど風俗ネットで見ました」と店に電話。
すると「ありがとうございます。本日は『エスカワイイ』と『バカンス』のどちらでしょうか?」
と電話口のスタッフさん。
そう言えば、新規登録店にそんなお店もありました。
「エスカワイイで」。

お店は駅から徒歩数分。
汗をかく間もなく到着し、エレベーターで5階へ。
すると、
広めのカウンターの左側が「SKAWAII」、右側が「激安バカンス谷9店」
の受付になっています。
近づくと、奥からスタッフさんが出てきて「いらっしゃいませぇ」。
「さっき、まいど風俗ネットを見て電話したものです」
「はい、ありがとうございます。今日は何分でのお遊びをお考えですか?」
「イベントの85分1万9千円で」。
するとスタッフさんは少し怪訝な顔つきになり、
「ええと、それはどのイベントでしょうか?」。
スマホでイベント欄の画面を見せると、
「はい、わかりました。では、女の子をお選びください。
ちなみに今、お早めなのはこの2人です」。
2枚のパネルとも写っている女の子は可愛い。
左の娘は優しそうで性格も良さそう、
右の娘は綺麗なんですが、派手な感じで気が強そうなので気後れしてしまいそう。
ということで左側のパネルの「るみな」ちゃんに決定。
総額1万9千円を支払い、待合室で待っていると、
スタッフさんが1枚の地図を持ってやってくる。
女の子とはホテルで合流するので、
先に一人でチェックインしてから、店に部屋番号を教えて欲しいとのこと。
ホテルは生魂神社近くのホテル街にあります。

1階のフロントで「エスカワイイから来たんですけど」と告げると、
受付のおばさんがにっこり微笑んで、「はいどうぞ」とルームキーを渡してくれる。
部屋はあまり広くはありませんが綺麗です。
ホテルの部屋での待ち合わせって、
結構待たされるんだよなぁ、お風呂にお湯でも張っておくかぁ、と思い、
蛇口をひねったところで、部屋の電話が鳴る。
ドアを開けると「こんにちはぁ」とるみなちゃん登場。

正直に言います。

この子はかなり可愛いです。

「暑いですねぇ。これ飲んでください」
と冷えたカフェオレの缶を差し出す。
「早かったね。もっと待つのかと思ったよ」
「うん、私もスタッフさんから、途中で部屋番号連絡する、って聞いてたのに、
ホテルの前に着いても電話がないから、店に電話したら、あっ、もう着いたの、だって。
早く歩きすぎちゃった」。
缶コーヒーを差し出した仕草も話し方もやけに可愛い。

るみなちゃんが店に入室連絡の電話をしている前で、
歯磨きと手洗いをし、清潔感をアピール。
するとるみなさんが
「なんか、話しやすそうなお兄さんで良かったぁ」。
「いやいや、俺の方こそ、こんな可愛い子が来てきれて、めっちゃラッキーだよ」
「可愛くないですって。それに最近、お腹にお肉付いちゃって」。

このるみなちゃんの言葉はまったく真実ではありません。
だって、
顔はモデルの神戸蘭子と女子野球の片岡安祐美を足して2で割ったような
綺麗さと可愛さを併せ持っているし、小柄でウエストも細~い。

「じゃあ、確認しちゃおうかな」。
そう言って、服をたくし上げると、やっぱりウエストがキュッとくびれています。
「あの、最初に言っとくけど、右手にタトゥあるけど大丈夫ですか?」
「別に平気だけど」。
服をたくし上げたままブラジャーのホックを外すと、
るみなちゃんは「服を脱がせて」とばかりに両手を上にあげる。
上半身を裸にすると、右腕にファッションタトゥー。
全然いかつくないし、怖くありません。

で、乳首に吸い付くと、
「あっ、待って、待って」とるみなちゃん。
もちろん、そんな言葉に耳を貸すことはなく、舌先で両乳首を交互に愛撫。
そして右手をデニムのボタンにかける。
ウエストがキュッと締まっているるみなちゃん、
デニムのウエスト部分に余裕があるので、簡単にボタンが外せます。
そしてそのまま指を滑り込ませて、クリトリスを擦る。
「あっ、あああっ」。
乳首舐めとクリへの指愛撫を続けていると
「ねぇ、お願い、お風呂行こう」。
今度は素直に従い、お風呂へ。

まず丁寧に体を洗ってもらう。るみなちゃんが、ペニスに触れ、
「ねぇ、大きいですよね。よく言われるでしょ」。
「イヤッ、そんなことは…、キミが触ったから大きくなっただけだよ」
「違うもん。ほらっ、私の手首より太~い!」。
でも、るみなちゃんの手首はかなり細いんですけどね。
洗い終わると、一緒にバスタブへ。
まず自分が入り、脚を伸ばすとその上に、同じ向きでるみなちゃんが入ってくる。
ちょうど、後ろからるみなちゃんを抱え込む状態ですね。
なので、話をしながら、左手で乳首を右手でクリトリスを愛撫。
すると
「あっ、ああっ、もう、だめ。お話しできない」
と感じてくれます。さらに続けているとくるりと後ろを向き、
「ねぇ、ベッド行こう」。
もちろん素直に従う。

ところが、お風呂を出て、洗面台の前に出てビックリ。
お風呂からあふれたお湯が結構漏れ出しています。
「あっ、ここ段差低いから溢れちゃったんだ・・・。ゴメンね。すぐに拭くから待ってて」。
このすぐに拭こうとする辺りも、この娘の性格の良さが表れています。
もちろん、自分もタオルを手に取り、お手伝い。
「ありがとう」
とるみなちゃん。
とんだハプニングでしたが、確実に心が近づいた気がします。

何とかぬぐい終わったので、二人で洗面台で手を洗い、ベッドへ。
「キスしていい」
「うん」。
可愛い娘とのキスは最高の前戯ですね。
唇が離れると
「どうしたらいい?」
とるみなちゃん。
「じゃあ、最初、俺に愛撫させて」
「気持ち良くしてくれるの?」
「うん、あんまり自信ないけど」。
乳首を口に含み、クリを指の腹で優しく擦る。
「あっ、ああっ、それ、ああっ」。
優しい愛撫には素直に感じてくれます。
「指入れていい?」
「うん、優しくしてね」。
るみなちゃんのあそこは小さめなので、指を入れるのも少しおっかなびっくり。
「こんな狭いと、俺の入んないね」
「うん、きっと裂けちゃう」。
とはいえ、愛愛液が溢れ出てくるので、ついつい、指の動きが激しくなる。
「あっ、痛っ」
「ゴメン。指強かったね」
「うん。でも大丈夫」
「じゃあ、今度はもっと優しくするね」。
クンニしながら、指を途中まで挿入し、天井を指の腹でなぞるせめに変更。
すると
「ああっ、ああっ、あっ、あっ・・・・いきそう」
とるみなちゃん。
「いいよ、いってくれると嬉しいよ。」
「ああん、いい、いい。いきそう。いくっいくっ・・・」。
ギュッと全身に力が入り、絶頂に達する。
脱力しているるみなちゃんの顔を覗き込み、
「いっちゃった?」
と聞く。
すると
「あっ、恥ずかしい」、
と顔を手で隠し
、「うん、気持ち良かったぁ」。
そのまま脚の間に体を割り入れ、正上位素股の体位に。
「あっ」。
ペニスが割れ目に触れるとるみなちゃんが小さく喘ぐ。
そして、指でペニスを覆う。
そうして作られた筒の中でピストン運動。
「いつもこんな感じの素股なの?」
「うん、でも、リピーターのお客さんでこの人は入れようとしない、って思えたら、
手を離して、覆いかぶさってもらって、お客さんの体と私の体でピタッとペニスを
挟みこんで素股するときもあるよ」
「今日は?」
「お兄さん、大丈夫だと思うからそれでもいいかな」。
経験してみてわかったんですが、
この体位って、亀頭がクリトリスより上にあるので、まず間違いが起こらないんですね。
しかも、密着度があるので気持ちいい。
「あっ、これ気持ちいいね」
「私も」。
竿が常にクリトリスの上を動いているので、るみなちゃんも気持ちいいみたいです。
「あぁ、私も気持ち良くなってきたかも」
「いきそう?」
「うん」
「いってもいいよ」
「だめ。だったら一緒にいって」
「わかった」。
ピッチを上げ、一生懸命腰を振る。
「あぁ、気持ちいい」
「うん、私も」
「あっ、出そう。いくよ」
「うん、きて」
「あぁ、いく」。
二人の体の間で射精。

多分、この体位での素股射精は初めてですが、気持ちいですね。
しかも、精子が飛び散らないので、後始末も割と楽かも。
その後、ベッドに座ってピロートークをしている時に、ふと気づく。

あっ、フェラしてもらってない!

「ねぇ、少しだけ、口でしてもらっていい?」
「うん」。
頷いたるみなちゃんが、こちらの股間に顔を埋める。
最初は頬張るだけだったのが、
次にはサオを舐め、下からいやらしい目をして、こちらを見上げる。
かなりの気持ち良くなり、このままいきたかったので
「口の中でいってもいい?」
と聞いてみる。
「う~ん、あの味が苦手で・・・」
「じゃあ、添い寝してもらってキスしながら手コキして」
「うん」。
美人とのこのプレーは最高に気持ちいい。
「いきそう」
と告げると
「じゃあ、出るとこ見ててあげるからいっぱい出して」
とるみなちゃん。
小悪魔のような表情でその瞬間をしっかり見られながら、2度目の射精。

高レベルの女の子とホテヘルプレーとオナクラプレーの両方を堪能して、大満足。
「どうしよう。俺、るみなちゃんにはまりそう」
「本当、お兄さんなら嬉しい!」。

アカン、本当にはまりそうです。
皆さんも是非一度、るみなちゃんとプレーしてみることをお勧めしますよ。

S-Kawaii谷9店

▲ Return to page top

2013-08-29

ハプニング専門店 枕営業部 OLの◯秘交渉

BodySize T:156. B:83(C). W:58. H:85

メッセージ:来ました~
未経験超スレンダー系OLさんの入店です。
これは なんとしてでも一度はお遊びして頂かなくては・・・清楚溢れるOLさん!!
間違いなく主役となる逸材です。
とにかくこのフォルムに憎らしいぐらいカワイイ性格・・・男心を存分にくすぐり、揺さぶります!
その長身から引き出されるエロスは、お遊びされたお客様しか理解できない領域!!
次回またお遊びしたくなる事間違いなし・・・是非この機会にお遊び下さいね!!!
Date 2013年08月20日(火)

女の子のレベル= ★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

いつものように、スマホでまいど風俗ネットを眺めていると、
新規登録店に

「ハプニング専門店枕営業部OLのマル秘交渉」

という待ち合わせヘルスのお店が加わっていたので、
早速行ってきました。

まず、お店のページを見て、イベント情報や目当ての女の子を確認。
未経験入店の「葉月」ちゃんを指名しようと決め、日本橋の7番出口あたりからお店に電話。
「まいど風俗ネットってサイトで見たんですけど」
「ありがとうございます」
「葉月ちゃんって娘は、大丈夫ですか?」
「はい。お客さんは今どちらですか?」
「日本橋の7番出口あたりです」
「何分のお遊びをお考えですか?」
「イベントの90分1万5千円ので」
「90分だと1万8千円になります。1万5千円ですと75分になります」。

確かこのお店は、バスタイムが終わってからタイマー開始やから75分でええかな。

「じゃあ、75分でいいです」
「では、2時半に文楽劇場の裏手にお越し下さい」。

この時点で午後2時を数分過ぎたところ。
30分弱の待ち時間なので、コンビニで涼を取りながら、
20分過ぎには文楽劇場裏の待ち合わせ場所に到着。
ここで再度お店に電話。
「さっき電話したものですが、文楽劇場裏に着きました」
「女の子はもうすぐ行きますのでお待ちください」。
ところが指定の時間を過ぎ、40分になっても女の子は現れない。
再々度、電話。
「暑い中、待ってんねんけどどうなってるの?」。

結局、この電話のすぐ後に、女の子が着ましたが、
炎天下で待たされたので『店員の接客』の評価は少し辛めにさせてもらいました。
でも、その分、登場した葉月さんは可愛いので大満足。

お風呂でも少しイチャイチャしたの、
タイマーはお風呂から出てから押してたのは、客にとっては嬉しいですね。
ただ、その後、OLスーツを着ることはなく、普通に全裸でプレーがスタート。
女の子が持ってきたローターも電池が切れかけてて、機能を発揮せず。
店のホームページ書いてあるようなハプニング的な要素がなかったのは少し残念だったかな。

ただ、葉月ちゃんは、感度もよく、せめがいがあります。
クリトリスが感じるようで、実際に自分でも「中よりクリが感じる」と話してましたし。
で、ローター早々に諦め、クンニでせめることに。
中は感じないと言いながらも、クリを舐めながら、膣の天井を指の腹でこすると、
ビクンビクン震えながら感じています。
「あっ、ああっ、そこ、そこっ」。
さらに続けるとついには、
「あっ、だめ、いきそう。いくっ、いくっ、いくぅぅ」。
大きく体をよじり絶頂に達する。

少しぐったりしている葉月ちゃんの足を開き正常位素股。
亀頭を割れ目に沿って動かしていく。
「あっ、あっ、あっ」。
まだ、快感が続いているようで、亀頭がクリをこすると喘ぎ声が止まりません。
そして、亀頭にたっぷり葉月ちゃんの愛液をつけてから、仰向けに寝転び「口でして」。
葉月ちゃんはMっ気が強いのか、素直に従い、ペニスを頬張る。
口に含み、亀頭やカリの部分を舌で舐め回してもらうととても気持ちいい。
葉月ちゃんの頭を手で軽く押さえつけながら、言葉責め開始。

「どう、自分の愛液がたっぷり付いたおちんちん美味しい?」
「いやっ、そんなん言わんといて」
「どうして、さっきめっちゃ濡れてたから、
俺のおちんちんに君のあそこの液がたっぷりついているよ」
「いやぁ」。
このシチュエーションは興奮しますね。
あまりフェラではいかないのに、この時はもう我慢できないほど性感が高まっちゃいました。
「あぁ、いきそう。このままいくよ」
「うん」
「あっ、いく」。
葉月ちゃんの口の中に発射。

その後、ベッドの上で、色々話しているうちにタイマーが鳴り、時間終了。

このタイプのお店は、よくお店のホムペなどでシステムを研究して、
自分がどういう風に遊びたいのかをスタッフさんにあらかじめ伝えておくと、
より気持ちよく遊べそうですね。
この日も満足できましたが、
次回はもう少しハプニング感のあるプレーができるよう再挑戦するつもりです。

ハプニング専門店 枕営業部 OLの◯秘交渉

▲ Return to page top

2013-08-26

プレイボール

BodySize 160cm B:94cm W:78cm H:98cm

メッセージ:2013−07−04入団
敏感体質のルーキー
Date 2013年08月12日(月)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

日本橋エリアで時間ができたので、スマホ版まいど風俗ネットで店探し。

初めてのお店ではありませんが、女の子の出勤数も多かったので行ってきました。
場所はわかっていたので、日本橋北詰にあるビルの3階へ。
エレベーターを降り、受付カウンターに近づくと、
奥からスタッフさんが出てきて「こんにちはぁ」と明るく挨拶してくれます。

いつもながら、ここは
「風俗店に行く」
「怖いおい兄さんが出てきたらどうしよう」
といった緊張感を客に感じさせない、良いお店です。

「こんにちは。またまいど風俗ネット見てきちゃいました」
「はい。ありがとうございます。女の子はパネルでお選びですか?」
「はい」
「気になった娘がいれば言っていただければ、待ち時間を調べさせていただきます」。
20枚ほどのパネルを観て、すぐに目が止まったのが「ことね」さん。
可愛い雰囲気のお姉さんで、しかも、まだ入店したばかりの新人。
この人を逃す手は無いですね。
「このことねさんは?」
「30分くらいですね」
「じゃあ、ことねさんで」
「お時間は?」
「100分でお願いします」
「では、総額1万5千円になります」。
無料オプションが2点選べるので、コスチュームの
「マイクロビキニ(赤)」と「ピンクローター」をチョイス。
待合室でファミコンなどをしているうちに案内の時間に。
エレベーターで会ったことねさんは、写真と同じ可愛いおねえさんです。
ホテルに入り、
「お昼食べて、歯を磨いてないから、先に歯を磨くね」と告げる。
「お風呂はためますか?」
「あっ、シャワーでいいよ」
「はい。じゃあ、私も歯を磨きますね」。

歯を磨き、シャワー前に一旦、ベッドに座る。
「どうして歯を磨いたかわかる?」
「ご飯食べたから?」
「本当は、君と早くキスしたかったから」。

言い終わると直ぐに、キス。
そのまま、押し倒し、服の上から胸をまさぐる。
「あん。ちょっと待って」。
もちろん、そんな言葉は無視して、服を脱がし始める。
ブラをずらし、乳首に吸い付く。
「あっ、ああっ」。
腋も舐めてみる。
「あっ、だめ。汗かいたし、汚いよ」
「汚くない。美味しいよ」
「ヤダッ、恥ずかしい」。
ショーツの上からクリトリスを擦ってから、割れ目に侵入。

ニュルリ。

「あれっ、もう濡れてるよ。感じてる?」
「イヤッ、そんなこと言わないで」。

ショーツを脱がし、クンニの体勢になろうとすると、慌てて起き上がり、
「あっ、それはダメ。シャワー浴びてから」。
素直に従い、シャワーへ。

バスルームでも、シャワーを取ろうと後ろを向いたり、
ボディソープを取ろうとうつむいた瞬間に、
背後から愛撫の手を伸ばす。
クリを愛撫すると、立っているのが辛そうなほど感じてくれます。
洗ってもらってからも、愛撫を続けていると、
「ねっ、ベッド行こう」。

ベッドルーム戻ると、ことねさんがマイクロビキニを身につける。
「こんなの、ほとんど隠れてない。恥ずかしい」
「だね。でもセクシーだよ」。
紐のようなブラジャーをずらし乳首に吸い付く。
「あっ、まだ」。
左右の乳首を丹念に舐めた後は、ピンクローターの出番。

プレイボールではピンローは3種類から選べます。

この日は、小さなバイブとローターの2つに分かれているもの。
つまり、ローターでクリを刺激しながら、バイブ部を挿入できるんです。
ローターを紐ショーツの下に挟み込む。
「あっ、ああっ、気持ちいい」。
そして、バイブを挿入し、その上から正常素股のようにペニスで抑え込む。
この体勢で腰を振ると、気持ちいい。
でも、すぐにローターがずれるので、プレーが中断。
そこで、まずはことねさんを気持ちよくさせることに集中。
じっくりローターでせめながら、体を折り曲げ、舌先で乳首を転がす。
「あっ、あっ、あっ。いい、いいっ・・・いきそう」
「ん、だめだよ。いったら罰ゲームだよ」
「そんなの・・・我慢する」。
でも、愛撫を続けると、喘ぎ声が止まらなくなる。
「ほらっ、どうしたの?」
「だって、気持ちいいから」
「いきたい?」。
ことねさんがコクリと頷く。
「じゃあ、いってもいいよ」。
もう一度、ローターが当たる位置を微修正して、せめる。
「あっ、あっ、ああっ、いく、いく、いく、いくぅ」。
全身に力が入り、絶頂へ。
ことねさんが落ち着くのを待ち、せめてもらう。

仰向けに寝ると、
ことねさんが横に添い寝するような体位から乳首に吸い付いてくる。
「ここ感じる?」
「うん」
「ここは?」。
上半身を乳首からわき腹にかけて舐め、さらに内腿へ。
「わぁ、もうこんなになってる」。
いつしかペニスは完全勃起。
もう、我慢汁が垂れています。
「舐めていい?」
「お願い」。
まず睾丸の袋の裏を舐めてもらい、続いて、竿。
早く亀頭を舐めて含んでほしくて、ビクンビクンなっています。
ようやく、亀頭が温かい口の中に含まれる。
「大きい」。
若い娘はフェラと言いながら、手コキが主だったりしますが、
ことねさんのは唇と舌が主役です。
「うっ」。
気持ち良さに思わず、声が漏れる。
「気持ちいい?続けていい」
「うん」。
せめてもらいながら、手を伸ばすと、ことねさんの股間に指先が届く。
クリをまさぐると
「あっ」
と喘ぎ声が漏れ、動きが止まる。
「あれ、どうしたの?今俺がせめてもらってるんだから、ちゃんと気持ち良くしてくれなきゃ」
「だって、あなたの指が・・・」
「何にもしてないよ」。
どうやら、これまで、
ことねさんはあまりせめ好きなお客には出会ってこなかったみたいですね。
せめられると、感じてしまい、どうしたら良いのか戸惑っています。
「いつもどうやってお客さんをいかせてるの?」
「フェラや手コキとか、この間、自分でしてる人もいたし」
「素股は?」
「あまりうまくないけど、お客さんに望まれたら」
「じゃあ、素股しよう。うつ伏せになって」。
ペタンとうつ伏せにし、脚の付け根にペニスを挿入。
「あっ」
「ん?どうしたの」
「あそこが擦れるから」
「でも、大丈夫でしょ」
「はい」
「じゃあ、動くよ」。
「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」。
腰を振ると、ことねさんが喘ぐ。
「あっ、ああっ。あなたは気持ちいいの?これでいける?」
「気持ちいいよ」
「私も擦れてすごい気持ちいい」。
素股だけど、ことねさんが感じてくれるので、
まるでHしてるみたいな錯覚に襲われ、性感が一気に高まる。
「このままいくと危ないから、お尻に出すよ」
「あっ、ああっ、うん」
「ああっ、気持ちいい。いきそう。いくよ、いくよ」
「私も気持ちいい」
「あぁ、いくよ。あぁ」。
いく寸前にペニスを引き抜き、お尻から背中に向けて発射。
「あっ、熱い」
「そのままじっとしててね」。
ティッシュを取り、背中にまで飛び散った精子をぬぐい取る。
「ありがとう。優しいんですね」
「シャワー浴びる?」
「大丈夫です、ありがとう」。
そのまま添い寝していると心地よい疲れで5分ほどでしょうか、寝てしまいました。
ふと起きると、ことねさんが背中から抱きかかえてくれています。
「起きたぁ。気持ち良さそうに寝てたから」
「うん、すごい熟睡できた。ねぇ、もう一度、咥えてもらっていい?」
「いいですよ」。
咥えてもらい、ことねさんの体を触っていると、再び勃起。
「あっ、また大きくなったよ。もう1回いける」
「じゃあ、俺の好きなのしてもらっていい?」
「うん、できることなら」
「添い寝してもらって、キスしながら手コキして」
「わかりました」。
自分の好みの嬢にこれされると直ぐにいっちゃうんですよね。
この日も、ものの数分で2度目の発射に成功。
「2回目なのに、いっぱい出たね」
「うん、気持ち良かったぁ」。

ことねさんは優しいお姉さんていう感じで、素人っぽいのがいいです。
是非、皆さんも一緒に楽しくて気持ちい時間を過ごしてみてくださいね。

プレイボール

▲ Return to page top

2013-08-11

潮吹き奥様

BodySize 161cm B:82cm W:58cm H:83cm

メッセージ:業界完全未経験のスレンダー若奥様!
普段は明るい性格ですが2人になると一遍して緊張してしまう…
この初々しさは今しかお楽しみ出来ません♪
まだ断り方を知らない内がチャンスです!
Date 2013年08月01日(木)

女の子のレベル= ★★★★★
プレイの満足感 = ★★★★★
店員さんの接客 = ★★★★
リピートする確率 = ★★★★★


+++++++++守護神Ⅱさん44歳の体験談+++++++++

8月に入り、何だか仕事もお盆ムード。
アポもないので、スマホでまいど風俗ネットの「新規登録店」をチェック。

日本橋エリアで
「潮吹き奥様」
という人妻ホテルヘルス店を見つけたので早速行ってきました。
日本橋駅の7番出口から「まいどネット見ました」と店に電話。
ホテル街の方に歩いてスグでした。
ビルの3階でエレベーターを降りると、店のドアが開いていてすぐに受付。

最初は料金システムの説明。
「110分がおススメです」とスタッフさん。
110分で遊ぶことを考えていると告げ、嬢選び。
水曜日の午後3時過ぎで、カウンター上に並べられたパネルは10枚ほど。

110分12,000円の超激安店

とは思えないほど、嬢のレベルが高いです。

好みの女性を聞かれたので、
「太目が苦手」「顔が綺麗」「未経験で入った新人さん」
と条件をだす。

「スタイルがいいのはこの4人ですね。顔はお好みですが、特にこの娘は可愛い、っていうか綺麗系ですよ」
とスタッフさん。
「あと、新人さんでいえば、この娘は全くの業界未経験で、しかも出勤したばかりです」。

パネルを見ると、顔も綺麗。
「じゃあ、このかりなさんで」。
110分のプレー代金12,000円を支払い、隣りの待合室へ。
特に会員証は渡されませんでした。

待っている間に、店のオフィシャルページを見ていると、

「AFを含むオールオプション完全無料」

と出ています。
かりなさんのページを見ると「AF」は不可ですが、ローターなど可能なオプションも多くあります。
これって受付で何も聞かれなかったけど、
可能なオプションは嬢が全て持参するってパターンなのかなぁ・・・。

その時、スタッフさんが
「ご案内になります」
って待合室に入ってきたので
「オプションはどうしたらいいの?」
って聞いてみました。
「あっ、どれがご希望ですか?」
「アイマスクとローターを」
「じゃあ、用意させますので、もう一度お待ちください」。
という事は、事前に言わないとオプションは使えないってことなのかな。

皆さん、受付時にオプションの希望を伝えるのを忘れないでくださいね。

数分後、再びスタッフさんが登場し、案内に。

エレベーター前で会ったかりなさんは、可愛い若妻さんです。

「ごめんなさい。私、アトピーで、肌に痕がたくさんあるんですけど大丈夫ですか?」
「うん、大丈夫だよ。顔が好みだし」
「ありがとう」。

ホテル裸を見るとかりなさんの臍辺りから下にはかなりのアトピーの痕があります。
でも、顔や胸、下腹部には無いので、気になりませんよ。
アトピーのこともあるのかもしれませんが、
きれい好きらしく、変な臭いがまったくしないのが、
せめ派の自分には嬉しい。

シャワーを浴びて、体を洗ってもらい、ベッドルームへ。

「アイマスクとローターを持たされたんですけど、これどうやって使うんですか?」
「今まで使ったことないの?」
「はい」。

上半身を起こした状態で、アイマスクを着けさせると

「あっ、真っ暗」

と反応が初々しい。
そのままキスをし、乳首に吸い付く。

「あっ、ああっ」。

感じて、段々力が抜けていくので、背中に手を回し、ベッドに寝かせる。
左右の乳首を交互にせめながら、割れ目に指を這わせる。

「あぅ」。

敏感に感じ、しかもすっかり濡れています。
そこで、ローターを取り出し股間にあてがう。

「あっああっ」。

クリトリスが割れ目に隠れているので、指で露出させ、ローターをあてる。

「あぁ、ああぁ、そこ。あっ」。

初めてのローターは気に入ってもらえたよう。
その反応に、ペニスに血流が流れ込み、一気に勃起。
ローターを割れ目に当てたまま、覆いかぶさるように乳首に吸い付く。
すると勃起したペニスがローターの上から、割れ目に当たる。

「あっ、ああっ」。

喘ぎながら、手を自分の割れ目に伸ばし、挿っていないことを確認するかりなさん。

「ん?大丈夫。挿ってないよ」
「うん」
「気持ちいい?」
「はい」
「じゃあ、このまませめるね」。

下半身を中心にせめると、やがて

「あぁ、だめ。ローターヤバい。いっちゃいそう」
「いいよ、いっても」
「あぁ、いい、いい。いくぅ」。

叫ぶような喘ぎ声をあげて絶頂に達する。
せめ続けようとすると、

「だめ、私いっちゃうと、全身くすぐったくなるんです」

とかりなさん。

「ダメだよ。触っちゃおう」
「いやっ、もう叩くよ」
「じゃあ、ちょっと休憩しようっか」。
しばらくすると、
「もう、大丈夫かも」

とかりなさんからQサインが出たので、プレーを再開。

「気持ち良くして」

と仰向けに寝転ぶと、かりなさんが覆いかぶさってきて、
乳首に吸い付きながら、手コキ。

「今までのお客さんはどうやっていかしてきたの?」
「う~ん、素股か手かな」
「じゃあ、素股しよう」。

体勢を入れ替え、足を開いたかりなさんの脚の間に体を割り入れ、正上位素股。
クリトリスを擦る様にペニスを押し付けると

「あっ、まだ、ちょっとくすぐったいかも」
「大丈夫_」
「うん、我慢する」。

でも、我慢していたはずが、腰を動かし続けていると

「あっ、あっ、あっ」

と喘ぎ声が聞こえてくる。

「ん?感じてるの」
「くすぐったいのと気持ちいのと半分半分かも・・・あっ、ああっ」。

この何とも言えない反応に、なぜかこちらの性感が一気に高まる。

「あっ、いきそう。体にかけてもいい?」
「はい」
「いくよ」。

腰の動きを加速させ、かりなさんのお腹に発射。

結構ゆっくりプレーしたんですが、タイマーを見るとまだ10分以上余ってる。
もう一度、添い寝でイチャイチャしながら、最後は手コキで2度目の射精にも成功。

スッキリしたところで、再会を約束して、ホテルを後にしました。

このお店は格安店なのに、オプションも使えて、コスパ良すぎですね。おススメです。

潮吹き奥様

▲ Return to page top

守護神イメージ画像

守護神Ⅱ
第1回まいどイベント優勝者。
昭和40年頃、大阪生まれ。
名前の由来は、遊びに行った先で風俗未経験の嬢にあたると、悪い客の毒牙から守るべく、病気の見分け方、体を守る方法などプレーそっちのけで教えてしまうところから。

Search